横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
アルジェリア

アルジェリア

入国のためのサマリ

ビザ ビザが必要。事前に在日アルジェリア大使館で取得。取得日数は2営業日。
必要書類:申請書2部(写真貼付)、パスポート(残存有効期間6ヶ月以上必要)、宿泊証明(ホテル、旅行代理店の控えなど)、往復航空券コピー2部、旅行日程表2部(英語またはフランス語)、申請料シングル3,600円/マルチプル5,400円 
詳細はアルジェリア大使館HP参照:http://www.algerianembassy-japan.jp/
携帯会社SIM Djezzy、Mobilis、Ooredoo
日本からのフライト時間 日本からアルジェリアへの直行便はない。ドバイ、イスタンブールなどの中東の都市、ヨーロッパ主要都市で乗り継いで18時間~(機材やフライトスケジュール、飛行時の風の影響、空港の混雑状況により異なる)
日本との時差 -8時間

お祭り・イベント

有名なお祭りイベントなど 宗教行事 ※ヒジュラ暦のため西暦では毎年異なる
1月 サベイバ祭り
2月
3月
4月
5月
6月
7月 独立記念日
8月
9月
10月
11月 革命記念日
12月 犠牲祭

週間天気予報

  • アルジェ
  • オラン
  • ガルダイア
  • ジャーネット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...

概要

アルジェリア民主人民共和国(通称:アルジェリア)は、アフリカ大陸の北部に位置する国家です。西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国、南にモーリタニア、マリ、ナイジェリア、東にリビア、チュニジアと国境を接しており、北側は地中海に面しています。世界で10番目の広大な国土を持つアルジェリアですが、そのほとんどのエリアは砂漠が占めています。古くからイスラム支配が始まり、現在でもイスラム国家ですが、スペインやフランス領時代に持ち込まれたヨーロッパの文化も各所に見られます。古代の都市遺跡や砂漠のオアシス都市、植民地時代の面影が残る街並み、先史時代の岩壁画、奇岩や荒涼とした大地が広がるホガール山地など世界遺産にも登録されている貴重な見どころが多数点在しており、また人懐っこい地元の人々の笑顔など素朴な魅力に溢れています。しかし、依然として国境付近を中心に紛争やテロの危険性が高く情勢が不安定なため、個人旅行での観光に関しては難易度が高く、現地の状況をよく知るガイドの同伴など十分な対策が必要となります。


アルジェリアの基本情報
アルジェリア
首都
アルジェ
面積
2,381,741 (km2)
人口
3,996万人 2015年
人口密度
16.78 (人/km2) 2015年
言語
アラビア語、ベルベル語、フランス語
公用語
アラビア語
英語の適用度
都市部のホテルや観光地などを除いて通じにくい
high-season
5-9月(地中海沿岸)
low-season
-
日本との時差
-8時間
通貨レート
情報取得中...
天気
情報取得中...

空港

国際空港名ウアリ・ブーメディアン空港
主な航空会社リスト
リビア航空
カタール航空
チュニスエア
イベリア航空
エジプト航空
アリタリア航空
エールフランス
アルジェリア航空
Nouvelair
シリア・アラブ航空
サウジアラビア航空
Aigle Azur
Algeria Air
ルフトハンザドイツ航空
ロイヤル・エア・モロッコ
ターキッシュ エアラインズ
ブリティッシュ・エアウェイズ
Air Méditerranée
Tassili Airlines
空港から市内
アクセス方法
(ウアリ・ブーメディアン空港からアルジェ)
【バス】
空港と市内中心部を結ぶバスが30~1時間置きに運行
所要時間:30~60分

【タクシー】
所要時間:25~50分

※いずれも道路状況により異なる
空港から料金の目安(ウアリ・ブーメディアン空港からアルジェ)
【バス】
50DZD

【タクシー】
目安料金:600~1000DZD
日本からのフライト時間日本からアルジェリアへの直行便はない。ドバイ、イスタンブールなどの中東の都市、ヨーロッパ主要都市で乗り継いで18時間~(機材やフライトスケジュール、飛行時の風の影響、空港の混雑状況により異なる)
ビザビザが必要。事前に在日アルジェリア大使館で取得。取得日数は2営業日。
必要書類:申請書2部(写真貼付)、パスポート(残存有効期間6ヶ月以上必要)、宿泊証明(ホテル、旅行代理店の控えなど)、往復航空券コピー2部、旅行日程表2部(英語またはフランス語)、申請料シングル3,600円/マルチプル5,400円 
詳細はアルジェリア大使館HP参照:http://www.algerianembassy-japan.jp/

交通

市内交通機関(アルジェ)バス、地下鉄、トラム、タクシー
交通ガイド(乗り方)(アルジェ)
【バス】
1、バスが来たら手を上げてバスを停め、行き先を確認してから乗車する。
2、乗車後、乗務員に料金を支払う。
3、目的地に着いたら、ドライバーもしくは乗務員に合図して降りる。

【地下鉄】
1、窓口もしくは券売機でチケットを購入し、自動改札を通り目的地へ向かう電車のホームへ行く。
2、電車に乗り、目的地に着いたら下車。

【トラム】
1、トラム駅の近くのチケットブースでチケットを購入。
2、乗車前もくしは乗車後車内の刻印機でチケットを打刻し有効化させる。
3、トラムに乗車後、目的地に着いたら下車。

【タクシー】
タクシーは交渉制。
1、タクシースタンドやホテルなどで呼んでもらい、金額を確認してから乗車。
※旅行者は安全のためにホテルで呼んでもらうのが安心
2、目的地についたら料金を支払い下車。
料金の目安(アルジェ)
【バス】
1回券:20DZD

【地下鉄】
1回券:50DZD

【トラム】
1回券:40DZD~

【タクシー】
交渉制

金融

通貨名アルジェリア・ディナール ※本サイトではDZDと表示
現地通貨アルジェリア・ディナール
流通貨幣【紙幣】
200DZD、500DZD、1,000DZDの3種類
【硬貨】
5DZD、10DZD、20DZD、50DZD、100DZDの5種類
両替方法・場所空港、銀行、主要ホテル等で両替可能(都市部を除き日本円での両替は出来ない場合があるのでユーロやUSドルの用意を)
DZDの持込み、持出しは禁止されているので、両替しすぎないよう注意。
クレジットカード都市部のデパート、ホテル、レストランなどでは利用できるが、地方では使用出来ないことが多い。
対応ATM国際キャッシュカード、クレジットカードは、ATMから現地通貨の引き出しが可能。
カードの裏のPLUSマークやCirrusマークを確認し、そのマークの表示があるATMで引き出しが可能。
チップの有無【ホテル】ポーターやメイドに50~100DZD程度 
【レストラン】5~10%程度 
【ツアーガイド・ドライバー】1,000DZD前後
※チップとは別に「バクシーン(喜捨のようなもの)」の意味合いで渡すこともあり
消費税17 (%)

生活

インターネット普及率38.20 (%) 2015年
治安北アフリカ全体を通して治安情勢が不安定で、アルジェリアも東部及び南部の国境付近をはじめとしたエリアで武装集団によるテロの脅威が依然として高く、渡航を検討する際には、最新の安全情報の入手と対策が必要。現地では、信頼のおける現地の状況に詳しいガイドやスタッフを同伴して単独行動は出来る限り控える。夜間の外出や知らない場所への立ち入りは避け、不特定多数の人が集まる場所や軍や警察関連施設には不用意に近づかない。街歩きの際は、カバン等は体から離さないようにし、多額の現金や貴重品は持ち歩かない、目立つ服装は避けるよう心がける。国内長距離移動は出来る限り空路を利用し、陸路を利用する際は幹線道路から外れない、夜間の移動は避けるなどの対策が必要。

【外務省 海外安全ホームページ】
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_091.html#ad-image-0 
犯罪率更新をお待ち下さい。
ツーリストポリスなし 警察:17
病院情報アルジェリアの医療水準は、アルジェ市内と地方では大きく異る。アルジェ市内には、公立病院の他、私立の総合病院なども多数あるが、地方では十分な診療は期待出来ない。病院の受診が必要な際は、可能な限り外国人がよく利用する私立の医療機関を利用し、英語が通じない場合もあるのでアラビア語かフランス語の通訳を同伴した方がよい。また万が一に備えて渡航の際は海外旅行保険に加入しておくことが望ましい。
(アルジェ)
・AL AZHAR CLINIQUE(https://www.cliniquealazhar.com/
外国人の利用が多い私立の総合病院。

・Clinique CHAHRAZED
所在地:4 LOTISSEMENT ALLIOUA FODIL, CHERAGA, Alger TEL:021.36.28.28
私立の総合病院。緊急時は24時間受信可能。
アルジェ市内の水道水は基本的には飲用可能だが配管が古い場合もあるので、市販のミネラルウォーターを購入するのが無難。地方の水道は飲用に適していないことが多いのでミネラルウォーターを購入して飲む。
電圧とコンセント220-240V 50Hz A、BF、Cタイプ
国際電話番号213
携帯会社SIMDjezzy、Mobilis、Ooredoo
携帯電話契約数45,928.45 (千台) 2015年
SIM入手性・価格空港や街中の通信会社ショップなどで入手可能。データ容量などのプランにより料金は異なる。
生活時間帯【オフィス・アワー】土~水8:00~12:00、13:00~16:00 
【銀行】日~木9:00~15:30 
【ショップ】土~木9:00~12:00、14:00~19:00頃(一部の店舗を除き基本的には金曜休み) 
※ラマダン期間中は一般企業やショップ、レストランの営業時間に変動あり
ローカルフードクスクス、ブリック、メショウイ、メルゲス・ショルバ、チュクチェカ、ドルマ、パエリヤ、マクロード、チャカブ
地元民アラブ人、ベルベル人ほか
生活様式アルジェリアでは西暦とイスラム暦(ヒジュラ暦)が生活で使用されている。イスラム暦は、1年が354日で1年に11日西暦とずれるため、イスラム暦で行われる行事や祝祭日は毎年異なる。
【金曜が休日】
イスラムの習慣により一週間は土曜から始まり金曜が休日となる。
【ラマダン】
イスラム教の行事で、ラマダンの期間は日の出から日没まで断食をする。ラマダン期間中は生活時間帯がずれ、労働時間の短縮やレストランなどの営業時間も変動する。
平均寿命74.81 (歳) 2014年
出生率2.86 (人) 2014年
就業者数1,108.9万人 2015年
失業率11.19 (%) 2015年
文化的背景サハラには先史時代から人が住み始め、南部のタッシリ・ナジェールで紀元前8000年頃から紀元前2000年頃に描かれた壁画が発見されている。アルジェリアの歴史は古く土着のベルベル人の王国に始まり、ローマ帝国の属州、イスラムの各王朝時代、オスマン帝国の属州、フランス領を経て1963年に独立した。そのため、各地に時代毎の異なる遺跡や建築物が残されている。イスラム国家でありながらアルジェやオランなどの都市ではフランス領時代に建てられた建築物が建ち並び、ヨーロッパのような街並みが見られるのも特徴。アルジェリアの景観や建築物は多くの芸術家や建築家にも影響を与えている。
宗教イスラム教(スンニ派)
タブー【服装】
アルジェリアはイスラム国家のため、夏でも肌の露出の多い服装は避ける。特にモスクなど宗教施設を訪れる際は、注意が必要。薄手の羽織ものやスカーフなどを持っておくと重宝する。

【飲酒】
イスラム教では原則飲酒は禁止されており、飲酒をしない人が多いため、人の多い場所での飲酒は控え、酔ったまま出歩かないようにする。

【写真撮影】
アルジェリアでは軍事施設、宗教施設などの公共施設の撮影は禁止されている。またムサブの谷では人物撮影は禁止されている。その他の場所でもイスラム教の女性や民族衣装を着た女性に安易にカメラを向けないよう注意。
好まれるおみやげ更新をお待ち下さい。
在住日本人人口217名(2015年10月)
大使館在アルジェリア日本国大使館
住所:1,Chemin El Bakri,Ben Aknoun,16028,Alger(B.P.80 El Biar),Algérie
TEL:+213 (0)21 91 20 04~06 FAX:+213 (0)21 91 20 46 閉館日:金土祝
http://www.dz.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html 

経済

物価水(1.5L)30DZD~(約31円~)
コカ・コーラ 50DZD~(約52円~)
ビール(500ml) 130DZD~(約135円~) 
カフェのコーヒー 50DZD~(約52円~)
ファストフードのセットメニュー 400DZD~(約416円~)
ローカルレストラン1食 300DZD~(約312円~)
中級レストランで食事(一人あたり) 900DZD~(約936円~)
通信費(携帯代/月) 1,000DZD~(約1,040円~)
タクシー初乗り 50DZD~(約52円~)
バス1回乗車 20DZD~(約21円)
地下鉄(アルジェ)1回乗車 50DZD(約52円)
映画館 425DZD(約442円)
タバコ1箱 220DZD(約229円)

1DZD=約1.04円(2017年1月)
ビッグマック指数更新をお待ち下さい。
所得更新をお待ち下さい。
収入源(主要産業)石油、天然ガス、軽工業、鉱業、電気、石油化学
GDP:10億USドル166.84 (10億USドル) 2015年
購買力平価GDP580.74 (10億USドル) 2015年
一人当たりの名目GDP4,174.82 (USドル) 2015年
一人当たりの購買力平価GDP14,531.92 (USドル) 2015年
経済成長率3.90 (%) 2015年
インフレ率(年平均)4.78 (%) 2015年
インフレ率(期末月)更新をお待ち下さい。
経常収支:10億USドル-27.45 (10億USドル) 2015年
経常収支(対GDP比)%-16.45 (%) 2015年
貿易収支:10億USドル0.231 (10億USドル) 2014年
貿易輸出額37.79 (10億USドル) 2015年
貿易輸入額:10億USドル51.50 (10億USドル) 2015年
石油輸出額:10億USドル19.47 (10億USドル) 2015年
石油輸入額2.89 (10億USドル) 2015年
歳入(対GDP比)29.96 (%) 2015年
歳出(対GDP比)46.11 (%) 2015年
財政収支(対GDP比)-16.15 (%) 2015年
基礎的財政収支(対GDP比)-16.72 (%) 2015年
政府総債務残高(対GDP比)9.06 (%) 2015年
政府純債務残高(対GDP比)-3.29 (%) 2015年
外貨準備高150.60 (10億USドル) 2015年
法人税(法定実効税率)26 (%) 2016年
国税(%)更新をお待ち下さい。
地方税(%)更新をお待ち下さい。
国際競争力(WEF)87位 2016年
国際競争力(IMD)更新をお待ち下さい。
観光競争力2.93 (指数)/123位 2015年
報道の自由度41.69 (指数)/129位 2016年
世界平和度指数2.21 (指数)/108位 2016年
男女平等度0.64 (指数)/120位 2016年
人的資本53.22 (指数)/117位 2016年

環境

森林率0.82 (%) 2015年
耕地率3.2 (%) 2012年
永年作物地率0.4 (%) 2012年
CO2排出量122.93 (100万トン) 2014年
一人当たりのCO2排出量3.16 (トン) 2014年
災害が起きた場所の記録2013年1月 アルジェリア人質事件
2003年5月 アルジェリア北部地震
1980年10月 エルアスナム地震