横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
アルゼンチン

アルゼンチン

入国のためのサマリ

ビザ 観光目的の場合は、3ヶ月以内の滞在までビザ不要。
携帯会社SIM Claro、Movistar、Personal
日本からのフライト時間 日本からアルゼンチンまでの直行便はない。北米やヨーロッパ、中東の主要都市で乗り継ぎ約29時間~(いずれも機材やフライトスケジュール、飛行時の風の影響、空港の混雑状況により異なる)
日本との時差 -12時間

お祭り・イベント

有名なお祭りイベントなど 宗教行事
1月 ダカールラリー
コスキン・フォルクローレ・フェスティバル
カルナバル
2月 カルナバル
ぶどう収穫祭(メンドーサ)
パチャママ・フェスティバル
3月 ぶどう収穫祭(メンドーサ)
4月 ブエノスアイレス・インディペンデント映画祭(BAFICI)
5月
6月
7月
8月 ムンディアル・デ・タンゴ(ブエノスアイレス)
9月
10月
11月 サン・アントニオ・デ・アレコ
ブエノスアイレス・ジャズ・フェスティバル
12月 クリスマス

週間天気予報

  • ブエノスアイレス
  • サルタ
  • メンドーサ
  • ウシュアイア
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...

概要

アルゼンチン共和国(通称アルゼンチン)は、南アメリカ大陸の南部に位置し、西にチリ、北にボリビア、パラグアイ、北東にブラジル、ウルグアイと国境を接し、東側から南側にかけては大西洋に面しています。中南米では、ブラジルに次ぐ広大な面積を有しており、南北の長さは3,800kmにも及びます。気候にも地域差があり、亜熱帯、温帯、乾燥、寒冷地域と多様性があります。
アルゼンチンは、16世紀にスペインの探検家によって発見された後、19世紀半ばのアルゼンチン独立までスペイン支配が続きました。スペインをはじめ、イタリアやドイツなどヨーロッパからの移民が多く、建築物や文化などヨーロッパの影響が色濃く残っています。
首都ブエノスアイレスは、「南米のパリ」と称されていて、スペイン統治時代の歴史的な建物が多く残る美しい街並みや花や緑に溢れる公園、近代的な高層ビル群が調和した洗練された大都会です。ブラジルとパラグライの国境には、世界三大瀑布のイグアスの滝があり、チリとの国境に沿って南北に連なるアンデス山脈にはアメリカ大陸最高峰のアコンカグアもそびえています。さらにパタゴニア地方では、40を超える巨大な氷河群など圧倒的なスケールを誇る大自然に触れることが出来ます。その他にも南米のスイスと呼ばれる湖水の町バリローチェ、ワインの産地メンドーサ、ペンギンやクジラなど野生動物の楽園バルデス半島、南極の入口である世界最南端都市ウシュアイアなど広い国土のアルゼンチンには多様な見どころが詰まっています。


アルゼンチンの基本情報
アルゼンチン
首都
ブエノスアイレス
面積
2,780,400 (km2)
人口
4,310万人 2015年
人口密度
15.50 (人/km2) 2015年
言語
スペイン語
公用語
スペイン語
英語の適用度
都市部や観光地の外国人観光客が多く利用するホテルやレストランなどでは通じるが、一般の通用度は低め。
high-season
プエルト・イグアス:12月-2月 
ブエノスアイレス:9月-11月、3月-5月
エル・カラファテ:12月-3月
low-season
プエルト・イグアス:6月-9月
ブエノスアイレス:6月-8月
エル・カラファテ:6月-9月
日本との時差
-12時間
通貨レート
情報取得中...
天気
情報取得中...

空港

国際空港名エセイサ国際空港、イグアスの滝国際空港
主な航空会社リスト
コパ航空
ゴル航空
ラン航空
BQB航空
スカイ航空
TAM航空
デルタ航空
エア・カナダ
イベリア航空
カタール航空
TACA航空
クバーナ航空
アメリカン航空
アリタリア航空
エールフランス
エミレーツ航空
アビアンカ航空
TACAペルー
南アフリカ航空
コンビアサ航空
ユナイテッド航空
ラン・ペルー航空
アルゼンチン航空
アエロメヒコ航空
エア・ヨーロッパ
ボリビアーナ航空
TAMメルコスール
KLMオランダ航空
ラン・エクアドル航空
ルフトハンザドイツ航空
ラン・アルヘンティナ航空
ターキッシュ エアラインズ
ブリティッシュ・エアウェイズ
空港から市内
アクセス方法
(エセイサ国際空港からブエノスアイレス市内)
【シャトルバス】
Tieda Leon社のシャトルバスがブエノスアイレス市内中心のサンマルティン広場のバスターミナルまで24時間運行。
運行間隔:30~60分  所要時間:約50分
参考サイト:http://www.tiendaleon.com/ 

【空港タクシー】
料金前払いのタクシー。空港のカウンターで申込み後、乗車。
所要時間:約30~40分

【ミニバス】
空港から市内中心部の各社バスターミナルを結ぶ。平日(8:00-18:00頃)のみの運行。
運行間隔:30分毎  所要時間:約30~40分
参考サイト:
Minibus Ezeiza(http://minibusezeiza.com/
Aerobus(http://www.aerobusezeiza.com.ar/

【路線バス(コレクティーボ)】
国際線の建物を左に道なりに進み、ガソリンスタンド(ペトロブラス)前のバス停から8番バスに乗車。
行き先は国会議事堂広場、5月通り、旧市街、コロン公園など。
所要時間:約2時間
空港から料金の目安(エセイサ国際空港からブエノスアイレス市内)
【シャトルバス】
175ARS

【空港タクシー】
(定額制)
市内中心部まで530ARS

【ミニバス】
110~120ARS(荷物代込)

【路線バス】
8ARS前後
※支払いはチャージ式のICカード『SUBE』のみ。乗車前に購入が必要。

(2016年5月現在)
日本からのフライト時間日本からアルゼンチンまでの直行便はない。北米やヨーロッパ、中東の主要都市で乗り継ぎ約29時間~(いずれも機材やフライトスケジュール、飛行時の風の影響、空港の混雑状況により異なる)
ビザ観光目的の場合は、3ヶ月以内の滞在までビザ不要。

交通

市内交通機関(ブエノスアイレス)スブテ(地下鉄)、鉄道、バス(コレクティーボ)、タクシー
交通ガイド(乗り方)(ブエノスアイレス)
【スブテ(地下鉄)】
※乗車時には、チャージ式のICカード『SUBE』が必要
1、自動改札に『SUBE』カードをかざして通る。
2、電車に乗り、目的地の駅で下車。

【鉄道】
※乗車時には、チャージ式のICカード『SUBE』が必要
1、改札に『SUBE』カードをかざして通過。
2、電車に乗り、目的地の駅で下車。

【バス(コレクティーボ)】
※乗車時には、チャージ式のICカード『SUBE』が必要
1、バス停留所から乗りたいバスが来たら手を上げて乗車。
2、目的地をドライバーに告げてから、カード読取機に『SUBE』カードをかざし料金を支払う。
3、目的地に近づいたらブザーを押して、降りる。※アナウンスはないので外の景色や地図を見て判断

【タクシー】
ブエノスアイレスのタクシーは黄色と黒のツートンカラー。
ラジオタクシーと個人タクシーがあるが、個人タクシーは外国人観光客の場合トラブルになる場合もあるので、ホテルやレストランから電話で呼んでもらうと安心。流しのタクシーを拾う場合もラジオタクシー(車体の上やドアに認可番号とタクシー会社の電話番号が書かれているもの)かどうか確認してから乗車したほうが安全。フロントガラスに「libre」のサインが出ているものが空車。
1、行き先を告げて乗車し、メーターを作動させたことを確認する。
2、目的地に着いたら、メーターに表示された金額を支払い降りる。
※まれに紙幣をすり替えたり偽造紙幣などをお釣りで渡してくる悪質なドライバーもいるので、料金支払時は注意。
料金の目安(ブエノスアイレス)
【スブテ(地下鉄)】
1回乗車:4.50ARS

【鉄道】
路線や乗車距離により異なる
初乗り:2ARS~

【バス(コレクティーボ)】
バスの種類、距離により料金は異なる
初乗り:6ARS~

【タクシー】
初乗り:20ARS 200m毎に2ARS加算
※深夜は割増料金

<『SUBE』カード>
ブエノスアイレスの地下鉄、バス、鉄道はチャージ式のICカード『SUBE』が必要。
購入場所:郵便局、KIOSCO(キオスコ)
チャージ場所:KIOSCO(キオスコ)、ロト売り場、地下鉄の駅
初回カード料金:25ARS

(2016年6月現在)

金融

通貨名アルゼンチン・ペソ 補助通貨はセンターボ ※本サイトではARSと表示
現地通貨アルゼンチン・ペソ 補助通貨はセンターボ
流通貨幣1ARS=100センターボ
【紙幣】
2ARS、5ARS、10ARS、20ARS、50ARS、100ARSの6種類
【硬貨】
5センターボ、10センターボ、25センターボ、50センターボ、1ARS、2ARSの6種類
両替方法・場所空港、街中の両替所、銀行などで両替可能。日本円の両替可能場所は限られており、レートも悪いのでUSドルを持っていくのがおすすめ。
クレジットカードデパート、ホテル、レストランなどほとんどの場所で使用可能。
対応ATM国際キャッシュカード、クレジットカードは、ATMから現地通貨の引き出しが可能。
カードの裏のPLUSマークやCirrusマークを確認し、そのマークの表示があるATMで引き出しが可能。
チップの有無【ホテル】
ポーターやルームサービスは1回10~20ARS程度。
【レストラン】
サービス料が含まれていない場合は、合計金額の10~15%が目安。カフェなどはお釣りの小銭程度。
【タクシー】
基本的に不要。
【ガイド】
ツアー料金の10%程度。
消費税21%(一部公共サービスなどを除く)

生活

インターネット普及率64.70(%) 2014年
治安都心を中心に置き引き、スリ、ひったくり、マスタード強盗(マスタード等の液体を被害者の服にかけ、拭き取る間にスリや置き引きを行う手口)が頻発しているので、人混みや駅など人が多数集まる場所は手荷物に注意が必要。見知らぬ人に声をかけられた場合は、警戒し隙を作らないように気を付ける。中には銃器を所持している犯罪者もいるので、万が一身の危険を感じた場合は、危害を加えられないためにも抵抗せずに指示に従う。治安の悪い地域もあるので人気のない通り、夜間の一人歩きは避け、事前に行く場所の状況を確認しておく。
【外務省 海外安全ホームページ】
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=241#ad-image-0
犯罪率更新をお待ち下さい。
ツーリストポリスなし。警察:(ブエノスアイレス州、サンタフェ州、サンルイス州)911、101(メンドーサ州、サルタ州、サンファン州)911(その他の州)101
病院情報ブエノスアイレスには、欧米先進国と遜色のない設備の整った私立病院があり、安心して治療を受けることが出来る。公立病院や地方病院は設備が不十分で、十分な医療が期待できない場合がある。私立病院を受診する場合、医療費が高額となるため、万が一に備えて渡航の際は海外旅行保険に加入するのが望ましい。

(ブエノスアイレス)
・Centro Medico Mutual Nikkai(http://www.mutualnikkai.com/
日本人医師が常駐しており、日本語での受診が可能。

・Hospital Alemán(http://www.hospitalaleman.org.ar/
全科対応の総合病院。救急外来は24時間受付。

・Sanatorio de la Trinidad Palermo(http://www.trinidadpalermo.com.ar/
設備の整った総合病院。緊急時は24時間対応。
水道水は飲料可とはなっているが、濁っている場合もあるので、飲料水は市販のミネラルウォーターを購入するのが望ましい。
炭酸入りと炭酸なしがある。
電圧とコンセント220-240V, 50Hz / BFタイプ、Cタイプ、Oタイプ、SEタイプ
国際電話番号54
携帯会社SIMClaro、Movistar、Personal
携帯電話契約数66,356.51 (千台) 2014年
SIM入手性・価格空港や街中の通信会社ショップ、KIOSCOなどで入手可能。データ容量などのプランにより料金は異なる。
生活時間帯【オフィス・アワー】 月~金9:30~19:00 ※12:30~14:30頃まで昼休みを取る企業もある 
【銀行】 月~金10:00~15:00 ※土日祝休み
【商店】 月~金10:00~19:00 ※12:30~15:00頃まで休憩。日祝日は休み
【デパート・ショッピングセンター】 10:00~22:00頃
ローカルフードアサド、パリジャーダ 、エンパナーダ、チョリパン、ピザ、ミラネサ、ウミタ、ロクロ、プチェーロ、アルファホール
地元民欧州系(スペイン、イタリア)、先住民系
生活様式【シエスタ】
スペインの植民地であったアルゼンチンでは、シエスタの習慣が今でも地方都市や田舎には残っていて、13時~16時頃までは商店や企業など休憩となる場合が多い。ブエノスアイレスでは生活習慣の変化に伴い、ほとんど行われていない。
【トイレの使用】
公共のトイレでは、備え付けのトイレットペーパーがないことが多いので、ポケットティッシュを持参すると安心。ない場合は、トイレに入る前に手洗いの場所にあるペーパーを取るか管理人がいる場合は、チップを払ってペーパーをもらう。またトイレットペーパーを流すと排水管が詰まってしまうため、使用後は流さずに備え付けのゴミ箱へ捨てる。
平均寿命76.19 (歳) 2013年
出生率2.18 (人) 2013年
就業者数17.753 (100万人) 2014年
失業率6.47 (%) 2015年
文化的背景アルゼンチンは移民国家で、スペインやイタリア、フランスの影響が強く残っており、ラテンアメリカの中では最もヨーロッパ的な文化を有している。特にブエノスアイレスは、ヨーロッパの家系をルーツとする人々やヨーロッパの様式を取り入れた建築物が多く「南米のパリ」と言われている。一方、先住民族の文化が色濃く残る地域もある。パンパ(草原地帯)で牧畜に従事していたガウチョと呼ばれる民族や北西部のアンデスの伝統を受け継ぐ民族など地域により文化体系も異なる。
音楽が盛んな国でもあり、フォルクローレ、タンゴ、クラシックと分野も多岐に渡っている。各地域でフォルクローレの祭りが行われていたり、街のあちこちでタンゴを目にすることが出来る。クラシック分野では、ブエノスアイレスに世界三大劇場の一つであるコロン劇場があり、ヨーロッパとシーズンが反対になるため欧米のオフシーズンに世界的に有名なオーケストラやオペラ、バレエなどが来演している。スポーツでは、サッカーが非常に盛んでサッカー史上に残る名選手を数多く輩出し、強豪国として知られている。
宗教カトリック教徒ほか
タブー【喫煙】
ブエノスアイレスでは、公共施設での喫煙は禁止。また観光地でも喫煙箇所が制限されている。
【飲酒】
アルゼンチンでは、酔っ払った状態で公共の場を歩くのは処罰対象となるので、飲酒する場合は注意。
【写真撮影】
軍事関係施設は撮影禁止。教会などの施設も撮影が制限されている場合があるので事前に確認を。
好まれるおみやげ和風の小物、100円ショップなどの便利グッズ
在住日本人人口11,675人(2014年)
大使館在アルゼンチン日本大使館
Bouchard 547, Piso 17, C1106ABG - Buenos Aires, Rep. Argentina
TEL:+54-11-4318-8200  FAX:+54-11-4318-8210  閉館日:土日祝
http://www.ar.emb-japan.go.jp/index_j.htm 

経済

物価水(500ml)8ARS~(約62円~)
コカ・コーラ(350ml) 15ARS(約117円)
ローカルビール(500ml) 23ARS~(約179円~)
ワイン1本(中級) 65ARS~(約507円~)
カフェのコーヒー 20ARS~(156円~)
マクドナルドのセットミール 90ARS(約702円)
ローカル食堂で1食 140ARS~(約1,092円~)
中級レストランディナー(一人あたり) 260ARS~(約2,028円~)
通信費(携帯代/月) 300ARS~(約2,340円~)
タクシー初乗り(ブエノスアイレス) 20ARS(約156円)
地下鉄1回乗車(ブエノスアイレス) 4.5ARS(約35円)
バス1回乗車(ブエノスアイレス) 6ARS~(約47円)
タバコ1箱 31ARS(約242円)
映画館 120ARS(約936円)

1ARS=約7.8円(2016年6月)
ビッグマック指数2.39(USドル)/-51.53(%) 2016年
所得145,488ARS 2014年
収入源(主要産業)食品加工、自動車、耐久消費財、繊維、化学、石油化学
GDP:10億USドル585.62 (10億USドル) 2015年
購買力平価GDP971.97 (10億USドル) 2015年
一人当たりの名目GDP13,588.85 (USドル) 2015年
一人当たりの購買力平価GDP22,553.58 (USドル) 2015年
経済成長率1.20 (%) 2015年
インフレ率(年平均)10.62 (%) 2013年
インフレ率(期末月)更新をお待ち下さい。
経常収支:10億USドル-16.11 (10億USドル) 2015年
経常収支(対GDP比)%-2.75 (%) 2015年
貿易収支:10億USドル9.48 (10億USドル) 2014年
貿易輸出額71.98 (10億USドル) 2014年
貿易輸入額:10億USドル65.32 (10億USドル) 2014年
石油輸出額:10億USドル2.59 (10億USドル) 2014年
石油輸入額4.45 (10億USドル) 2014年
歳入(対GDP比)36.57 (%) 2015年
歳出(対GDP比)43.95 (%) 2015年
財政収支(対GDP比)-7.37 (%) 2015年
基礎的財政収支(対GDP比)-6.07 (%) 2015年
政府総債務残高(対GDP比)56.51 (%) 2015年
政府純債務残高(対GDP比)更新をお待ち下さい。
外貨準備高31.41 (10億USドル) 2014年
法人税(法定実効税率)35%
国税(%)更新をお待ち下さい。
地方税(%)更新をお待ち下さい。
国際競争力(WEF)106位 2015年
国際競争力(IMD)59位 2015年
観光競争力3.90(指数)/57位 2015年
報道の自由度25.09 (指数)/54位 2016年
世界平和度指数1.87 (指数)/60位 2015年
男女平等度0.73 (指数)/35位 2015年
人的資本71.01 (指数)/48位 2015年

環境

森林率10.12 (%) 2013年
耕地率14.51 (%) 2013年
永年作物地率0.4% 2012年
CO2排出量182.28 (100万トン) 2013年
一人当たりのCO2排出量4.39(トン) 2013年
災害が起きた場所の記録更新をお待ち下さい。