横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
リトアニア

リトアニア

入国のためのサマリ

ビザ 観光目的の場合は、リトアニアを含むシェンゲン協定国内180日以内に90日の滞在までビザ不要。また、シェンゲン協定国内を出国時に3ヵ月以上の残存有効期間が必要。
携帯会社SIM Telia、Tele2、Biteなど
日本からのフライト時間 日本からリトアニアまでの定期直行便はなく、ヨーロッパ主要都市で乗り継ぎが必要。乗り継ぎ含め約13.5時間〜
(機材やフライトスケジュール、飛行時の風の影響、空港の混雑状況により異なる)
日本との時差 -7時間(サマータイム実施中は-6時間)

お祭り・イベント

有名なお祭りイベントなど 宗教行事
1月
2月
3月 カジューカス祭
ヴィリニュス国際映画祭
イースター
4月 イースター
5月 カウナス・ハンザ・デー
6月 夏至祭
トラカイ中世祭り
7月 海祭り(クライペダ)
歌と踊りの祭典(4年に1回)
8月 聖母被昇天祭
9月 きのこ祭り
10月
11月
12月 クリスマス・マーケット クリスマス

週間天気予報

  • ヴィリニュス
  • クライペダ
天気予取得中...
天気予取得中...

概要

リトアニアは、バルト三国の最も南に位置し、北にラトビア、東にベラルーシ、南にポーランドとロシアの飛び地カリーニングラード州と国境を接し、西側はバルト海に面しています。13世紀に初代リトアニア大公ミンダウガスが国家が統一し、14世紀にはベラルーシやウクライナ、ポーランドの一部、ロシアの一部を領土とするヨーロッパ最大の国家でした。その後、ポーランドとの合同国家やロシア帝国支配を経て、第1次世界大戦後に独立を果たすものの、第2次世界大戦から1991年に独立回復するまでは、ソ連に併合されていました。
国土の大半が農地と森林で覆われ、多くの湖が点在する「森と湖の国」として知られています。首都ヴィリニュスの旧市街は、ゴシック様式やルネサンス様式、バロック様式など数多くの教会や歴史的建造物が点在し、旧市街全体がヴィリニュス歴史地区としてユネスコの世界遺産に登録されています。また、ヴィリニュス郊外の湖に浮かぶトラカイ城、リトアニアの最大の巡礼地で無数の十字架が立つシャウレイ近郊の十字架の丘、博物館が多く集まるリトアニア第2の都市カウナス、世界遺産クルシュー砂州とその玄関口でバルト海に面した港湾都市クライペダなど国土の小さな国ながら多彩な見どころが点在しています。


リトアニアの基本情報
リトアニア
首都
ヴィリニュス
面積
65,300 (km2)
人口
279万人 2018年
人口密度
42.65 (人/km2) 2018年
言語
リトアニア語
公用語
リトアニア語
英語の適用度
都心部や観光地では通じやすい
high-season
6月-8月
low-season
11月-3月
日本との時差
-7時間(サマータイム実施中は-6時間)
通貨レート
情報取得中...
天気
情報取得中...

空港

国際空港名ヴィリニュス国際空港、カウナス国際空港、パランガ国際空港
主な航空会社リスト
UTエアー
ベラヴィア
フィンエアー
ウィズエアー
ライアンエアー
ブリュッセル航空
ルフトハンザ航空
オーストリア航空
スカンジナビア航空
エア・リトゥアニカ
ウクライナ国際航空
エストニアン・エア
エア・バルティック
LOTポーランド航空
ノルウェー・エアシャトル
ターキッシュ エアラインズ
アエロフロート・ロシア航空
Polet Airlines
空港から市内
アクセス方法
(ヴィリニュス国際空港からヴィリニュス市内)
【路線バス】
空港前のバス停から市内中心部まで運行。
・旧市街方面(夜明けの門)経由ヨーロッパ広場(Europos aikštė)行き 88番(夜間は88N番)
・中央駅行き 1番、2番
・市内中心部経由Fabijoniškės行き 3G番

所要時間:(市内中心部)20分前後

参考サイト:(ルート、時刻表)http://stops.lt/vilnius/#vilnius/en

【空港バス(Airport Express)】
空港から中央駅までの直通バス
所要時間:約10分

【電車】
空港駅から中央駅まで運行
所要時間:8分

【タクシー】
空港のタクシースタンドから乗車。
所要時間:(市内中心部)約10~15分
空港から料金の目安(ヴィリニュス国際空港からヴィリニュス市内)
【路線バス】
1EUR
※チケットは乗車後ドライバーから購入し、車内にある刻印機で有効化させる。(釣り銭がない場合があるので小銭を用意)
※繰り返し使えるチャージ式のICカード「ヴィリニュス・カード(Vilniečio kortelės)」を利用する場合は、車内のカードリーダーにカードをかざし、30分チケットもしくは60分チケットを選択する。ヴィリニュス・カードは、空港内のコンビニ(Narvesen)で購入可能(カード代1.50EUR+チャージ金額)。

【空港バス(Airport Express)】
2EUR

【電車】
0.70EUR

【タクシー】
タクシー会社により料金は異なる
目安料金:(中央駅)7EUR、(旧市街)10EUR

(2019年9月現在)
日本からのフライト時間日本からリトアニアまでの定期直行便はなく、ヨーロッパ主要都市で乗り継ぎが必要。乗り継ぎ含め約13.5時間〜
(機材やフライトスケジュール、飛行時の風の影響、空港の混雑状況により異なる)
ビザ観光目的の場合は、リトアニアを含むシェンゲン協定国内180日以内に90日の滞在までビザ不要。また、シェンゲン協定国内を出国時に3ヵ月以上の残存有効期間が必要。

交通

市内交通機関(ヴィリニュス)バス、トロリーバス、タクシー
交通ガイド(乗り方)(ヴィリニュス)
【バス、トロリーバス】
1、ドライバーからチケットを購入し、刻印機で有効化させる。
※ICカード「ヴィリニュス・カード(Vilniečio kortelės)」を利用する場合は、乗車したら車内にあるカードリーダーにカードをかざして、30分チケットもしくは60分チケットを選択し、有効化させる(音が鳴れば完了)。
※チケットの有効化忘れや紛失は検札があった際に罰金対象となるので注意。
2、降りたい停留所の前でブザーを押して知らせてから下車。

参考サイト:http://www.vilniustransport.lt/en/

【タクシー】
1、電話で呼び出すかホテルや駅のタクシースタンドから乗車。
※流しのタクシーも利用できるが料金交渉などトラブルになることがあるため注意
2、目的地を告げてから、メーターを作動させたことを確認。
3、目的地に着いたら、メーターに表示された料金を支払い下車。

※スマートフォンの通信環境があれば配車アプリ「Bolt(https://bolt.eu/)」や「eTAKSI(https://www.etaksi.lt/en/taxi-directory/vilnius)」なども利用可。
料金の目安(ヴィリニュス)
【バス、トロリーバス】
料金は共通。
1回券:1EUR

※チャージ式のICカード「ヴィリニュス・カード(Vilniečio kortelės)」、モバイルチケット(m.Ticket)の場合は、以下のチケットを選択(有効時間内であれば乗り継ぎ可)。
30分チケット:0.65EUR、60分チケット:0.90EUR
上記以外にも1日券:5EUR、3日券:8EUR、5日券:12EUR、10日券:15EURなどもあり(要事前購入)。

「ヴィリニュス・カード(Vilniečio kortelės)」は、コンビニ(Narvesen)、キオスク、駅のサービスセンターなどで購入可能。

参考サイト:http://www.vilniustransport.lt/en/pages/prices

【タクシー】
メータ制。料金はタクシー会社によって異なる。
(目安)
初乗り:1EUR前後〜
以降0.5〜0.8EUR/1km

(2019年9月現在)

金融

通貨名ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
現地通貨ユーロ 補助通貨はセント
流通貨幣【紙幣】
5EUR、10EUR、20EUR、50EUR、100EUR、200EUR、500EURの7種類
【硬貨】
1セント、2セント、5セント、10セント、20セント、50セント、1EUR、2EURの8種類
両替方法・場所空港、銀行、街中の両替所などで両替可能。
クレジットカードレストランやカフェ、ショップ、キオスク、タクシーなどほとんどの場所でクレジットカードは利用可能。(VISAかMasrter Cardが主流)
対応ATM国際キャッシュカード、クレジットカードは、ATMから現地通貨の引き出しが可能。
カードの裏のPLUSマークやCirrusマークを確認し、そのマークの表示があるATMで引き出しが可能。
チップの有無もともとチップの習慣はないのであまり気にする必要はない。ただし、近年観光化が進み、期待されるようになってきた。
タクシーやレストラン、カフェではお釣りの端数程度、気持ちのよいサービスを受けた場合は心付けとして渡すとよい。
消費税21%

生活

インターネット普及率77.62 (%) 2017年
治安リトアニアは比較的治安がよく、町を歩いていても危険を感じることはほとんどないが基本的な注意は必要。駅やバスターミナル、観光地、公共交通機関など人が多く集まる場所ではスリやひったくり、置き引きに注意。
犯罪率更新をお待ち下さい。
ツーリストポリスなし。(警察・救急・消防)112
病院情報リトアニアの公立の医療施設は、施設自体が古く医療設備も未整備なことが多い。リトアニア語が堪能でない場合は、スムーズに受診することが難しい。外国人の場合は、医療設備が整い、英語が通じやすい私立のクリニックを受診するのが好ましい。短期旅行者の場合は、自力で病院を見つけるのは難しいので、ホテルのレセプションで病院を紹介してもらうとよい。治療内容によっては医療費が高額となるため海外旅行保険の加入が望ましい。海外旅行保険に加入している場合、保険会社に連絡し、指定された病院に行く。
水道水は、カルシウム分の多い硬水。水質自体は特に問題ないが、水道管に問題がある場合があるので煮沸して飲むか、飲料水を購入するのが一般的。市販のミネラルウォーターはガス入りとガス無しがある。
電圧とコンセント220V 50Hz / Cタイプ、Fタイプ
国際電話番号370
携帯会社SIMTelia、Tele2、Biteなど
携帯電話契約数4,361.33 (千台) 2017年
SIM入手性・価格空港や駅、街中の通信会社ショップ、キオスク、スーパーなどで入手可能。データ容量や日数などのプランにより料金は異なる。
生活時間帯【オフィス・アワー】月~金9:00~17:00(土日祝日休み)
【銀行】月~金9:00~18:00 (土日祝日休み)
【ショップ】月~金9:00~20:00、土曜9:00~18:00 日曜休み (都市部や観光地は日曜営業の店もあり)
※いずれも会社、店舗により異なる
ローカルフードツェペリナイ、シャルティバルシチャイ、ボルシチ、キビナイ、チェブレカイ、シャシリク、
コルドゥナイ、ブルビネイ・ブリナイ、クゲリス、シャルティエナ、ヴェダライ、ライ麦の黒パン、ケシの実ケーキ
地元民リトアニア人(約84%)、その他ポーランド人、ロシア人、ベラルーシ人など
生活様式【トイレ事情】
公衆トイレは基本的に有料。トイレットペーパーを流すと詰まりの原因となるため、備え付けのゴミ箱がある場合は、使用済のトイレットペーパーはゴミ箱へ捨てる。公衆トイレにはトイレットペーパーがない場合もあるので、ポケットティッシュを持ち歩くと安心。

【アルコール販売】
小売店でのアルコールの販売時間は(月曜-土曜)10:00-20:00(日曜)10:00-15:00。それ以外の時間帯は購入できないので注意(バーやレストランは除く)。
平均寿命74.32 (歳) 2016年
出生率1.70 (人) 2016年
就業者数1.37 (100万人) 2018年
失業率6.30 (%) 2018年
文化的背景リトアニアは、かつてはヨーロッパ最大のリトアニア大公国として繁栄し、東西ヨーロッパの中間に位置していたことから様々な文化や宗教が融合している。現在も民族音楽や民族舞踊、民族衣装、手工芸品などの伝統が受け継がれており、4年に1度開催される歌と踊りの祭典は、多くの国民が民族衣装を着て参加し、リトアニア最大の祭りとなっている。この「歌と踊りの祭典」とリトアニアの伝統的な民族多声合唱「スタルティネ」はユネスコの無形文化遺産にも登録されている。
宗教カトリックが大多数、その他正教会、ルター派など
タブー【服装のTPO】
教会を見学する際は露出の高い服装は避ける。教会内部は帽子やサングラスは外す。

【喫煙】
レストランやカフェ、公共の建物の屋内では基本的に禁煙。喫煙する際は、喫煙所か屋外の灰皿のある場所へ。
好まれるおみやげ更新をお待ち下さい。
在住日本人人口82人(2017年4月)
大使館在リトアニア日本国大使館
M.K.Ciurlionio st. 82b, LT-03100 Vilnius, Lithuania
Tel: +370 5 231 0462(リトアニア国外、携帯電話)/8 5 231 0462(リトアニア国内固定電話) Fax: +370 5 231 0461 閉館日:土日祝
https://www.lt.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

経済

物価水(1.5L) 0.6EUR~ (約71円~)
コーラ(1.5L) 1EUR~(約118円~)
ビール(500ml) 1EUR~(約118円~)
カフェのコーヒー 1.5EUR~(約115円~)
ファストフードのコンボセット 5EUR~(約590円~)
ローカルレストランでランチ 4EUR~(約472円~)
中級レストランでディナー(一人あたり) 15EUR~(約1,770円~)
通信費(携帯代/月) 10EUR~(約1,180円~)
タクシー初乗り 1EUR~(約118円~)
バス(ヴィリニュス)1回乗車券 1EUR(約118円)
映画館 7EUR~(約826円~)
タバコ1箱 3.75EUR(約443円)

1EUR=約118円(2019年9月現在)
ビッグマック指数更新をお待ち下さい。
所得15,468EUR (平均年収)2019年
収入源(主要産業)金属切削工作機械、電気モーター、テレビ、冷蔵庫、石油精製
GDP:10億USドル53.32 (10億USドル) 2018年
購買力平価GDP97.01 (10億USドル) 2018年
一人当たりの名目GDP19,143.42 (USドル) 2018年
一人当たりの購買力平価GDP34,825.79 (USドル) 2018年
経済成長率3.45 (%) 2018年
インフレ率(年平均)2.53 (%) 2018年
インフレ率(期末月)更新をお待ち下さい。
経常収支:10億USドル0.72 (10億USドル) 2018年
経常収支(対GDP比)%1.35 (%) 2018年
貿易収支:10億USドル-2.36 (10億USドル) 2017年
貿易輸出額29.90 (10億USドル) 2017年
貿易輸入額:10億USドル32.26 (10億USドル) 2017年
石油輸出額:10億USドル0.024(10億USドル) 2018年
石油輸入額5.148 (10億USドル) 2018年
歳入(対GDP比)34.06 (%) 2018年
歳出(対GDP比)33.12 (%) 2018年
財政収支(対GDP比)0.94 (%) 2018年
基礎的財政収支(対GDP比)1.81 (%) 2018年
政府総債務残高(対GDP比)35.91 (%) 2018年
政府純債務残高(対GDP比)29.33 (%) 2018年
外貨準備高4.45 (10億USドル) 2017年
法人税(法定実効税率)15% 2019年
国税(%)15%
地方税(%)0%
国際競争力(WEF)40位 2018年
国際競争力(IMD)32位 2018年
観光競争力3.98 (指数)/59位 2019年
報道の自由度22.06 (指数)/30位 2019年
世界平和度指数1.73 (指数)/38位 2019年
男女平等度0.75 (指数)/24位 2018年
人的資本70.81 (指数)/25位 2017年

環境

森林率34.87 (%) 2017年
耕地率34.15 (%) 2017年
永年作物地率更新をお待ち下さい。
CO2排出量11.97 (100万トン) 2018年
一人当たりのCO2排出量更新をお待ち下さい。
災害が起きた場所の記録更新をお待ち下さい。