横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ニュージーランド

ニュージーランド

入国のためのサマリ

ビザ 3ヶ月以内の滞在はビザ不要。
携帯会社SIM Vodafone、Spark、2degrees
日本からのフライト時間 成田からオークランドまで直行便で約11時間。
(機材やフライトスケジュール、飛行時の風の影響、空港の混雑状況により異なる)
日本との時差 +3時間(サマータイム実施中+4時間)

お祭り・イベント

有名なお祭りイベントなど 宗教行事
1月
2月 マールボロ・フード&ワイン・フェスティバル
3月 バルーンズ・オーバー・ワイカト イースター
4月 イースター
5月
6月
7月 ダニーデン・キャドバリー・チョコレート・カーニバル
8月
9月 フィティアンガ・スカロップ・フェスティバル
ブランコット・エステート ワールド・オブ・ウェアラブルアート
10月 ブランコット・エステート ワールド・オブ・ウェアラブルアート
羊飼い祭り
11月 羊飼い祭り
ネルマック・ガーデン・マールボロ
ニュージーランド・カップ・アンド・ショー・ウィーク
カンタベリーA&Pショー
12月 クリスマス

週間天気予報

  • ウェリントン
  • オークランド
  • クライストチャーチ
  • ダニーデン
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...

概要

ニュージーランドは、南太平洋のオセアニアに位置する島国で2つの主要な島と多数の小さな島々から構成されています。海洋を挟んで北西にはオーストラリア大陸、北にトンガ、ニューカレドニア、フィジー、南に南極大陸があります。世界各国からの移民で構成される多民族国家で、先住民のマオリ文化に加え多様な文化が融合して独自の文化を築いています。南島には、英国風な街並みや断崖絶壁に囲まれたミルフォード・サウンド、3,000m級の山々が広がり、北島には、首都ウェリントンや商業の中心都市オークランド、先住民族マオリの文化や火山、温泉などの見どころが点在しています。またニュージランドは国を挙げて自然保護に取り組んでおり、変化に富んだダイナミックな自然景観を存分に味わうことが出来ます。


ニュージーランドの基本情報
ニュージーランド
首都
ウェリントン
面積
267,710 (km2)
人口
456万人 2014年
人口密度
17.01 (人/km2) 2014年
言語
英語、マオリ語
公用語
英語、マオリ語
英語の適用度
通じる
high-season
12月-3月
low-season
6月-8月
日本との時差
+3時間(サマータイム実施中+4時間)
通貨レート
情報取得中...
天気
情報取得中...

空港

国際空港名オークランド国際空港、クライストチャーチ国際空港
主な航空会社リスト
ラン航空
大韓航空
中国国際航空
カンタス航空
タイ国際航空
ハワイアン航空
エミレーツ航空
エア・チャタム
エア・ネルソン
ジェットスター
シンガポール航空
エア・タヒチヌイ
マウンテンエアー
マウントクック航空
チャイナエアライン
グレートバリアー航空
パシフィック・ブルー
ニュージーランド航空
フィジー・エアウェイズ
イーグル・エアウェイズ
キャセイパシフィック航空
ヴァージン・オーストラリア
空港から市内
アクセス方法
オークランド国際空港からオークランド市内
【バス】
スカイバス(SkyBus)が空港から市内まで運行。
マウント・イーデン・ロード(Mt Eden Road)経由とドミニオンロード(Dominion Road)の2路線あり。
到着ロビーのスカイバス乗り場(Door8を出てすぐ)から乗車。
運行間隔:平日10~20分間隔、週末15~30分間隔
所要時間:市内中心部まで45分~1時間

【シャトル】
空港から指定ホテルまでのバンタイプの乗り合いバス
所要時間:市内中心部まで約1時間(乗り合いのため、乗客の行き先やルートにより所要時間に幅がある)
※オンラインで予約可能:https://www.supershuttle.co.nz/

【タクシー】
到着ロビーのタクシー乗り場から行き先を告げて乗車。
所要時間:市内中心部まで約30分(行き先、道路状況により異なる)
空港から料金の目安オークランド国際空港からオークランド市内
【バス】
スカイバス(SkyBus):片道16NZD、往復28NZD

【シャトル】
35NZD(同行者2人目からは1人あたり8NZD追加)

【タクシー】
目安料金:75~90NZD
日本からのフライト時間成田からオークランドまで直行便で約11時間。
(機材やフライトスケジュール、飛行時の風の影響、空港の混雑状況により異なる)
ビザ3ヶ月以内の滞在はビザ不要。

交通

市内交通機関(オークランド)バス、電車、フェリー、タクシー
交通ガイド(乗り方)(オークランド)
【バス】
オークランドの主要な公共交通はバスで、市内中心部から各方面へくまなく路線が設定されている。
●オークランド中心部を巡回するリンク(Link)
・市内中心部を巡回しているシティリンク(赤色のバス)
・ニューマーケット(New Market)やパーネル(Parnel)、ポンソンビー(Ponsonby)エリアなどを巡回するインナーリンク(緑色のバス)
・ニューマーケット(New Market)、マウントイーデン(Mt.Eden)、マウントアルバート(Mt.Albert)など
幅広いエリアを巡回するアウターリンク(オレンジ色のバス)
●メトロリンク(Metrolink)、ノーススター(North Star)、ゴーウェスト(Go West)など各方面別に数社のバスが運行

1、バス停で乗りたいバスが来たら手を挙げて合図する。
2、前方のドアから乗車し、現金で支払う場合はドライバーに行き先を告げて料金を支払いレシートを受け取る。
プリペイド式の「AT HOPカード」利用の場合は、乗車時にカードリーダーにカードをかざす。
3、目的地が近づいてきたら降車ボタンで知らせて下車。
※「AT HOPカード」利用の場合は、降車時にもカードリーダーにカードをかざす。
※車内アナウンスなどはないので、周りの景色を見て判断する。

【フェリー】
1、チケット売り場で目的地を告げてチケットを購入。
「AT HOPカード」利用可能。利用の際は、カードリーダーにカードをかざす。
2、乗りたいフェリーの桟橋を確認して乗船。
3、目的地に着いたら下船。
※「AT HOPカード」利用の際は、下船時にもカードリーダーにカードをかざす。

【電車】
1、自動券売機でチケットを購入。(AT HOPカードも利用可能。)
2、紙のチケットの場合は駅員がいる改札から、AT HOPカードの場合は自動改札を通り、ホームへ向かい電車に乗車。
3、目的地の駅で下車。AT HOPカードを改札でかざして出る。紙のチケットは駅員へ渡す、駅員がいない場合は破棄してOK。
※AT HOPカードを利用する場合、下車時に無人駅の場合もカードリーダーにカードをかざすのを忘れないよう注意。

【タクシー】
1、ホテル前や大通りにあるタクシー乗り場から乗車もしくは電話で呼び出す(流しのタクシーは少ない)。
2、自分でドアを開けて乗車し、行き先を告げてメーターを作動させたことを確認。
3、目的地に着いたら、メーターに表示された金額を支払い下車。
料金の目安(オークランド)
オークランドの公共交通(バス、電車、フェリー)は「AT HOPカード」と呼ばれるプリペイド式カードを利用すると割引料金が適用され、
毎回小銭を用意する手間も省けるので、交通機関の使用頻度が高い場合は「AT HOPカード」があると便利。

【バス】
バスの料金はゾーン、ステージ制。
・シティリンク(赤色のバス)
現金:1.00NZD AT HOPカード:0.50NZD
・インナーリンク(緑色のバス)
現金:2.00~2.50NZD AT HOPカード:1.20~1.70NZD
・アウターリンク(オレンジ色のバス)
現金:2.50~4.50NZD AT HOPカード:1.70~3.00NZD
・路線バス
現金:2.50NZD~ AT HOPカード:1.70NZD~

【フェリー】
行き先により異なる
現金:6.10NZD~ AT HOPカード:4.40NZD~

【電車】
ステージ制。
現金:2.50NZD~ AT HOPカード:1.70NZD~

【タクシー】
料金はタクシー会社により異なる。
(目安料金)
初乗り:3.00NZD
1kmにつき2.6NZD程度加算。
※その他夜間、待ち時間などの加算料金あり。

金融

通貨名ニュージーランドドル 補助通貨はセント ※本サイトではNZDと表示
現地通貨ニュージーランドドル 補助通貨はセント
流通貨幣1NZD=100セント
【紙幣】
5NZD、10NZD、20NZD、50NZD、100NZDの5種類
【硬貨】
10セント、20セント、50セント、1NZD、2NZDの5種類
両替方法・場所空港、街中の両替所、銀行、ホテルで両替可能。
クレジットカードクレジットカードは広く普及しており、ほとんどのお店やレストランなどで使用可能。
対応ATM国際キャッシュカード、クレジットカードは、ATMから現地通貨の引き出しが可能。
カードの裏のPLUSマークやCirrusマークを確認し、そのマークの表示があるATMで引き出しが可能。
チップの有無チップの習慣はなく原則不要。ただし特別なサービスを受けた場合などは、個人の判断で渡す。
消費税15%

生活

インターネット普及率85.50(%) 2014年
治安比較的治安の良い国とされているが、スリやひったくり、置き引きなどの被害が報告されており、人の集まる場所では身の回りのものや貴重品には注意。また人気のない通りや夜間の一人歩きなどは避け、見知らぬ人の誘いにはついて行かない、バーなどで初対面の人に勧められる飲み物は飲まないなど危機管理意識を常に持つように心がけが必要。
犯罪率更新をお待ち下さい。
ツーリストポリスなし。緊急電話(警察、消防、救急車)111
病院情報ニュージーランドの医療水準は高く、医療設備も整っているので安心して診察や治療が受けられる。ニュージーランドではまずGPと呼ばれる一般開業医の診察を受け、医師が専門的な医療が必要と判断した場合、専門医や病院を紹介してくれる。また病院に行く際は、緊急時を除いて、原則予約が必要。病院は公立と私立があり、救急の場合は受診が可能だが、重症度に応じて長時間待たされる場合もある。治療費は公立病院であっても高額となるので、万が一に備えて海外旅行保険に加入しておくのが望ましい。

【緊急外来のある病院】
(オークランド)
・オークランド市民病院(http://www.adhb.govt.nz/

・ホワイト・クロス(http://www.whitecross.co.nz/
オークランド市内に9ヶ所ある私立の救急外来がある病院

・EASTMED DOCTORS(http://www.eastmed.co.nz/
日本人医師が所属
水道水は飲用水として飲める。自治体によってフッ素が入れられている地域もあるので気になる場合は市販の飲用水を購入して飲む。
電圧とコンセント230/240V 50Hz Oタイプ
国際電話番号64
携帯会社SIMVodafone、Spark、2degrees
携帯電話契約数5,100.00 (千台) 2014年
SIM入手性・価格空港や街中の通信会社ショップのなどで入手可能。データ容量などのプランにより料金は異なる。
生活時間帯【オフィス・アワー】月~金9:00~17:00が一般的
【銀行】月~木9:30~16:30(土日祝休み、店舗により異なる)
【ショップ】月~金9:00~17:00、土10:00~16:00、日11:00~15:00 
※都市部の観光地などでは22:00頃まで営業している店舗もある。
ローカルフードフィッシュ・アンド・チップス、ラムチョップ、ローストラム、ラムシャンク、ハンギ、パイ
パブロワ、ファッジ、シーフード(オイスター、マッスル、サーモンなど)
地元民欧州系、マオリ系、ポリネシア系、その他
生活様式マオリ系、欧州系、ポリネシア系、アジア系など様々な民族が暮らすニュージーランドでは、
多様な文化が混在しており各民族によって生活様式も異なる。
【キウイスタイル】
ニュージーランドの固有の鳥で国鳥であるキウイは、ニュージーランド人を指す愛称としても親しまれている。キウイスタイルとはオンとオフのめりはりをつけ、家族や友人との時間を大切にし、食事やスポーツを自然の中で楽しむニュージーランドの人々の国民性や習慣を表している。
【病院】
ニュージーランドでは救急の場合を除いて、一般開業医と呼ばれる医者にまず診察をしてもらい、専門医が必要な場合は大きな病院や専門医を紹介される仕組みとなっている。また救急車は有料となり有効な保険に加入していない場合は、自己負担。
平均寿命81.41(歳) 2013年
出生率1.95 (人) 2013年
就業者数2.31(100万人) 2014年
失業率5.73 (%) 2014年
文化的背景ニュージーランドは、10世紀頃に移住してきたマオリ族から歴史が始まり独自の文化を築いてきた。17世紀に入るとヨーロッパからニュージーランドに渡ってくる人が増え、19世紀にはイギリスの植民地となったが、1947年に独立を果たしている。古くからあるマオリの風習とイギリスからもたらされた文化が融合し、ニュージーランド独自の文化を築いている。イギリス統治時代にもたらされたラグビーやクリケットなどは現在も国民的人気のスポーツでニュージーランドは強豪国の一つとして知られている。
宗教キリスト教、無宗教、その他
タブー【食事のマナー】
スープを飲む時や麺を食べる時に音を立てて食べない。
茶碗などの食器を手に持って食べない。
【喫煙】
ニュージーランドでは、法律で屋内の公共施設では全面禁煙となっており、喫煙は決められた喫煙所のみ可能。
【服装】
基本的にはカジュアルな服装で問題ないが、高級レストランなどは西欧諸国と同じくドレスコードがある場合が多いので事前に確認。
好まれるおみやげお菓子、和柄の小物、文房具、キャラクターグッズなど
在住日本人人口16,705人(2014年10月)
大使館在ニュージーランド日本国大使館
Level 18, The Majestic Centre 100 Willis Street Wellington 6011
TEL: +64 (4) 473-1540  FAX:+64 (4) 471-2951  閉館日:土日祝
http://www.nz.emb-japan.go.jp/index_j.htm

経済

物価水(1.5L)2.33NZD~(約191円~)
レストランでビール1杯 8NZD~(約656円~)
カフェのコーヒー 4.42NZD~(約362円~)
マクドナルドのセットミール 10NZD(約820円)
ローカルビール(500ml) 5NZD~(約410円~)
牛乳(1L) 2.59NZD(約212円)
ローカル食堂で1食 18NZD~(約1,476円~)
中級レストランディナー(一人あたり)42NZD~(約3,444円~)
通信費(携帯代/月) 20NZD~(約1,640円~)
タクシー初乗り(オークランド) 3NZD(約246円)
電車1回乗車(オークランド) 2.50NZD(約205円)
バス1回乗車(オークランド) 2.00NZD(約164円)
映画館 16NZD(約1,312円)

1NZD=約82円(2015年12月)
ビッグマック指数3.91(USドル)/-18.38(%) 2015年
所得38,756NZD 2015年
収入源(主要産業)食品加工、木材、繊維製品、機械、輸送機器、金融、保険
GDP:10億USドル197.50 (10億USドル) 2014年
購買力平価GDP160.80 (10億USドル) 2014年
一人当たりの名目GDP43,363.23 (USドル) 2014年
一人当たりの購買力平価GDP35,305.27 (USドル) 2014年
経済成長率3.31 (%) 2014年
インフレ率(年平均)1.23 (%) 2014年
インフレ率(期末月)更新をお待ち下さい。
経常収支:10億USドル-6.46 (10億USドル) 2014年
経常収支(対GDP比)%-3.27 (%) 2014年
貿易収支:10億USドル2.20 (10億USドル) 2013年
貿易輸出額41.62 (10億USドル) 2014年
貿易輸入額:10億USドル42.52 (10億USドル) 2014年
石油輸出額:10億USドル1.27 (10億USドル) 2014年
石油輸入額6.36 (10億USドル) 2014年
歳入(対GDP比)34.07 (%) 2014年
歳出(対GDP比)34.82 (%) 2014年
財政収支(対GDP比)-0.75 (%) 2014年
基礎的財政収支(対GDP比)-0.22 (%) 2014年
政府総債務残高(対GDP比)30.43 (%) 2014年
政府純債務残高(対GDP比)8.20 (%) 2014年
外貨準備高15.86 (10億USドル) 2014年
法人税(法定実効税率)28% 2015年
国税(%)更新をお待ち下さい。
地方税(%)更新をお待ち下さい。
国際競争力(WEF)16位 2015年
国際競争力(IMD)17位 2015年
観光競争力4.64(指数)/16位 2015年
報道の自由度10.06(指数)/6位 2015年
世界平和度指数1.22 (指数)/4位 2015年
男女平等度0.78 (指数)/10位 2015年
人的資本81.84 (指数)/9位 2015年

環境

森林率38.55 (%) 2013年
耕地率2.08 (%) 2013年
永年作物地率0.3% 2012年
CO2排出量31.23 (100万トン) 2011年
一人当たりのCO2排出量更新をお待ち下さい。
災害が起きた場所の記録2011年2月 カンタベリー地震
2010年9月 カンタベリー地震