横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
スロベニア

スロベニア

入国のためのサマリ

ビザ 観光目的の場合は、スロベニアを含むシェンゲン協定国内180日以内に90日の滞在までビザ不要。パスポートはシェンゲン協定国内を出国時に3ヵ月以上の残存有効期間が必要。
携帯会社SIM Telekom Slovenije、Si.mobil、Telemach、T-2
日本からのフライト時間 日本からスロベニアへの直行便は運行されていないのでヨーロッパの都市(パリ、フランクフルト、ウィーン、モスクワなど)で乗り継ぎが必要。乗り継ぎ含め約15時間~
日本との時差 -8時間(サマータイム実施中は-7時間)

お祭り・イベント

有名なお祭りイベントなど
1月
2月 プトゥイのカーニバル
3月
4月
5月
6月 レント・フェスティバル
7月 レント・フェスティバル
リュブリャナ・サマーフェスティバル
8月 リュブリャナ・サマーフェスティバル
9月 リュブリャナ・サマーフェスティバル
10月 オールド・ワイン・フェスティバル
11月
12月 クリスマス

週間天気予報

  • リュブリャナ
天気予取得中...

概要

スロベニアは中央ヨーロッパに位置する国で、西にイタリア、北にオーストリア、東にクロアチア、ハンガリーと国境を接しています。旧ユーゴスラビア国家の中では、民主的体制がいち早く整えられ、2004年にはEUに加盟を果たしました。首都リュブリャナは、歴史的な建造物や街並みなど中世の面影を残しています。また国の半分が石灰岩層のスロベニアでは多くの鍾乳洞があります。北にはアルプス、南はアドリア海と変化に富んだ豊かな自然が広がっており、これらの美しい景観は訪れる人々を魅了しています。


スロベニアの基本情報
スロベニア
首都
リュブリャナ
面積
20,273km2
人口
206万人 2014年
人口密度
101.66(人/km2) 2014年
言語
スロベニア語
公用語
スロベニア語
英語の適用度
比較的通じやすい
high-season
5月-9月
low-season
12月-2月
日本との時差
-8時間(サマータイム実施中は-7時間)
通貨レート
情報取得中...
天気
情報取得中...

空港

国際空港名リュブリャナ空港、マリボル空港
主な航空会社リスト
フィンエアー
アドリア航空
エア・セルビア
イージージェット
Wizz Air
モンテネグロ航空
エールフランス航空
aegean air
ターキッシュ エアラインズ
スイス インターナショナル エアラインズ
空港から市内
アクセス方法
リュブリャナ空港から市内
【メータータクシー】
ターミナル前のタクシー乗り場から乗車。乗車後メーターを作動させたことを確認する。
所要時間:市内中心部まで約30分(行き先、道路状況により異なる)

【エアポートシャトル】
空港からリュブリャナ駅まで1時間に1~2本運行(事前予約可)
所要時間:約25分

【路線バス】
空港からリュブリャナ駅まで運行。
空港ターミナル前の停留所から乗車し運賃は乗車時にドライバーに払う。
5:00~20:00の間に1時間に1本運行(土日祝日は減便)
所要時間:約1時間
空港から料金の目安リュブリャナ空港から市内
【メータタクシー】
リュブリャナ市内まで約40EUR

【エアポートシャトル】
リュブリャナ駅まで9EUR

【路線バス】
リュブリャナ駅まで4.1EUR
日本からのフライト時間日本からスロベニアへの直行便は運行されていないのでヨーロッパの都市(パリ、フランクフルト、ウィーン、モスクワなど)で乗り継ぎが必要。乗り継ぎ含め約15時間~
ビザ観光目的の場合は、スロベニアを含むシェンゲン協定国内180日以内に90日の滞在までビザ不要。パスポートはシェンゲン協定国内を出国時に3ヵ月以上の残存有効期間が必要。

交通

市内交通機関(リュブリャナ)バス、タクシー
交通ガイド(乗り方)(リュブリャナ)
【バス】
バスの路線図はリュブリャナ駅などのインフォメーション・センターで入手可能。
路線バスの運賃は「Urbana」というプリペイド式の交通カードのみでしか支払いが出来ないので事前に購入が必要。
リュブリャナ駅、観光案内所、キオスク、停留所の自動販売機などで購入可。
乗車後、運転席横の読取機で目的地のゾーンを選択してからカードをタッチする。

【タクシー】
流しのタクシーは、少ないのでホテルや駅のタクシー乗り場から乗車。 
料金の目安(リュブリャナ)
【バス】
ゾーン制
ゾーン1:1.2EUR、ゾーン2:1.6EUR、ゾーン3:2.5EUR
※90分以内は乗り換えしても同一料金

「Urbana」カードは2EUR
※観光案内所で購入したカードのみレシートとカード持参で2EUR払い戻し可能。チャージ金額は払い戻し不可なので注意。

【タクシー】
初乗り:1~1.5EUR程度
以降1km毎に1EUR前後(タクシー会社により異なる)

金融

通貨名ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
現地通貨ユーロ 補助通貨はセント
流通貨幣1ユーロ=100セント
【紙幣】
5EUR、10EUR、20EUR、50EUR、100EUR、200EUR、500EURの7種類
【硬貨】
1セント、2セント、5セント、10セント、20セント、50セント、1EUR、2EURの8種類
両替方法・場所空港、街中の両替所、銀行、ホテル等で両替可能。
クレジットカードデパート、ホテル、中級以上のレストラン等、小さな商店や食堂を除き多くの場所で使用可能。
対応ATM国際キャッシュカード、クレジットカードは、ATMから現地通貨の引き出しが可能。
カードの裏のPLUSマークやCirrusマークを確認し、そのマークの表示があるATMで引き出しが可能。
チップの有無ほとんどの場合サービス料が含まれているので必要ないが特別なサービスを受けた時などには渡す。
【ホテル】
ポーターやルームサービスは1回1EUR
【タクシー】
荷物が多い時などは料金の端数を切り上げるか、お釣りの小銭程度
【レストラン】
サービス料が含まれている場合は、お釣りの小銭程度
サービス料が含まれていない場合は合計金額の10%程度が目安
消費税22%

生活

インターネット普及率71.59(%) 2014年
治安近隣の中・東欧の中では最も治安のよい国の一つと言われているが、繁華街など人の多い場所でのスリ・置き引きに注意。人気のない通りや夜間の一人歩きなどは避け、見知らぬ人の誘いにはついて行かないなど一般的な注意を払う必要がある。
犯罪率更新をお待ち下さい。
ツーリストポリスなし。警察:113
病院情報医療水準は、先進国並みの高いレベルにある。医療施設は、公立と私立があり、公立は国民健康保険でカバーされているので常に混み合っている。私立病院は環境が整っており、待ち時間も少なくてすむが、医療費は高額となる。英語もよく通じる。

(リュブリャナ)
・Barsos Medical Center(バルソス)(http://www.barsos.net/
外国人がよく利用する私立病院。必要に応じて専門医の紹介を行っている。

・リュブリャナ大学病院(http://www.kclj.si/
緊急時は救急センターで24時間受付可能。
都市部では水道水を飲むことはできるが、一部農村地域では汚染が指摘されている。また他のヨーロッパ諸国と同様石灰分の多い硬水なので慣れない場合は市販のミネラルウォーターを飲用するのがおすすめ。炭酸入りと炭酸なしの2種類あり
電圧とコンセント220V 50Hz C型が一般的
国際電話番号386
携帯会社SIMTelekom Slovenije、Si.mobil、Telemach、T-2
携帯電話契約数2,326.39 (千台) 2014年
SIM入手性・価格街中の通信会社ショップなどで入手可能。データ容量などのプランにより料金は異なる。
生活時間帯【オフィス・アワー】月~金9:00~17:00(土日祝日休み)
【銀行】月~金9:00~12:00、14:00~17:00、土9:00~12:00(日祝休み)
【ショップ】月~金8:00~19:00頃、土~13:00頃まで(日曜・祝日休み)
ローカルフードバカルツァ、ボグラチ、ヨタ、ミネシュトラ、ポリシャ・オバラ、プレジガンカ、シャラ、クランスカ・クロバサ
イドリイスキ・ジュリクロフィ、アイドヴィ・ジュガンツィなど
地元民スロベニア人(90%以上)、セルビア人、イタリア人、クロアチア人、ハンガリー人など
生活様式挨拶は、握手をするのが一般的で、通常の西洋式エチケットが当てはまる。
平均寿命80.28 (歳) 2013年
出生率1.58 (人) 2013年
就業者数93万人 2014年
失業率9.79 (%) 2014年
文化的背景ヨーロッパの中では小さな民族であるが、スロベニア人は自国の文化やアイデンティティーに非常に誇りを持っている。歴史的に近隣の国々の支配や影響にさらされて発展してきた国で、ほとんどの人々がドイツ語、イタリア語、ハンガリー語などを話すことができ、英語も第二言語として一般的に話されている。旧ユーゴスラビア構成国の中では、西ヨーロッパに最も近く、交流が盛んで経済も高い水準を維持している。
宗教カトリック教、イスラム教、セルビア正教、プロテスタント他
タブー【食事のマナー】
スープを飲む時や麺を食べる時に音を立てて食べない、皿を持ちあげないなどの基本的な西洋式のテーブルマナーを守っていれば問題はない。
【喫煙について】
公共機関、映画館、公共交通機関などはほとんど禁煙となっている。
【会話のマナー】
一般的なルールとして宗教や紛争、プライドに触れるような話題には気をつける。
好まれるおみやげお菓子、和柄の小物、折り紙、文房具など
在住日本人人口148人(2015年10月)
大使館在スロベニア日本国大使館
住所: Trg republike 3/XI, 1000 Ljubljana, Slovenia
TEL:+386-1-200 8281 又は 8282 FAX:+386-1-251 1822  閉館日:土日祝
http://www.si.emb-japan.go.jp/website_jp/index_j.html 

経済

物価水(500ml)0.4EUR~(約54円)
缶ビール 0.6EUR~(約81円~)
カフェのコーヒー 1.3EUR~(約176円~)
ファストフード(一人分) 3EUR~(約405円~)
ローカルレストランで1食 7.5EUR~(約1013円~)
中級レストランで夕食(一人あたり)30EUR~(約4,050円~)
通信費(携帯代/月) 20EUR~(約2,700円~)
タクシー初乗り(リュブリャナ)1~1.5EUR(約135円~203円)
バス1回乗車(リュブリャナ) 1.2EUR~(約162円~)

1EUR=約135円(2015年10月)
ビッグマック指数更新をお待ち下さい。
所得18,288EUR (平均年収) 2015年
収入源(主要産業)非鉄金属、アルミ製品、鉛製錬、エレクトロニクス
GDP:10億USドル49.51 (10億USドル) 2014年
購買力平価GDP61.13 (10億USドル) 2014年
一人当たりの名目GDP24,019.25 (USドル) 2014年
一人当たりの購買力平価GDP29,657.78 (USドル) 2014年
経済成長率2.64 (%) 2014年
インフレ率(年平均)0.21 (%) 2014年
インフレ率(期末月)更新をお待ち下さい。
経常収支:10億USドル2.86 (10億USドル) 2014年
経常収支(対GDP比)%5.77 (%) 2014年
貿易収支:10億USドル2,040 (10億USドル) 2014年
貿易輸出額34.12 (10億USドル) 2013年
貿易輸入額:10億USドル33.48 (10億USドル) 2013年
石油輸出額:10億USドル1.19 (10億USドル) 2013年
石油輸入額3.36 (10億USドル) 2013年
歳入(対GDP比)41.59 (%) 2014年
歳出(対GDP比)47.40 (%) 2014年
財政収支(対GDP比)-5.81 (%) 2014年
基礎的財政収支(対GDP比)-2.82 (%) 2014年
政府総債務残高(対GDP比)82.87 (%) 2014年
政府純債務残高(対GDP比)更新をお待ち下さい。
外貨準備高1.02 (10億USドル) 2014年
法人税(法定実効税率)更新をお待ち下さい。
国税(%)更新をお待ち下さい。
地方税(%)更新をお待ち下さい。
国際競争力(WEF)70位 2014年
国際競争力(IMD)55位 2014年
観光競争力4.17(指数)/39位 2015年
報道の自由度20.55 (指数)/35位 2015年
世界平和度指数1.38 (指数)/15位 2015年
男女平等度0.74 (指数)/23位 2014年
人的資本79.95 (指数)/15位 2015年

環境

森林率62.41 (%) 2012年
耕地率8.53 (%) 2012年
永年作物地率1.5% 2011年
CO2排出量15.41 (100万トン) 2011年
一人当たりのCO2排出量更新をお待ち下さい。
災害が起きた場所の記録2014年2月 大寒波
2010年9月 洪水被害