横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
シンガポール

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク

(Adventure Cove Waterpark)

概要

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークは、セントーサ島にある超大型リゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ」内にある水のテーマパークです。6種類のウォータースライダーをはじめ、東南アジア最長の全長620mの流れるプール、波の出るプール、熱帯魚と泳げる海水プール、キッズ用プールなどのアトラクションが充実しています。小さな子供から大人まで常夏のシンガポールで水に囲まれて一日中遊べる人気のスポットです。


営業時間:10:00-18:00
料金:(大人)38SGD(4-12/60歳以上)30SGD


参考サイト:rwsentosa.com


見所ポイント

スリル満点のウォータースライダーに乗ってみよう
スライダーやウォーターアトラクションが充実した園内

2012年にリゾート・ワールド・セントーサ内に、海をコンセプトとしたマリンライフ・パークがオープンしました。マリンライフ・パークは、海洋水族館と遊園地の2つのエリアから構成されていて、遊園地エリアが、このアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークです。一年中常夏のシンガポールだからこそ、いつでも水遊びが楽しめるのも魅力の一つ。
園内に着いたら、まず楽しみたいのが、猛スピードで急降下しながら、最後に豪快な水しぶきを上げプールに飛び込むウォータースライダー。アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークには6種類のウォータースライダーがあり、中でも一番人気なのが、東南アジア初のハイドロマグネティック・コースター「リップタイド・ロケット」です。通常ウォータースライダーは、上から下に滑り降りるのが一般的ですが、リップタイド・ロケットは磁石の力を利用してアップダウンし、まるでジェットコースターのような感覚を味わうことが出来るウォータースライダーなのです。また、暗闇の中を竜巻のように高速回転しながら一気に下のプールまで滑り降りる「パイプライン・プラング」や回転したり蛇行したりする予測不可能な急カーブのあるトンネルを一気に滑り降りていく「ティダル・ツイスター」、巨大な振動するチューブに回転しながら吸い込まれて高速で滑り降りる「スパイラル・ウォッシュアウト」、グルグルと力強いひねりや回転しながら落下する「ワールプール・ウォッシュアウト」もドキドキが止まらないスリル満点なウォータースライダーです。「デュエリング・レーサー」は、レーサー・マットにうつ伏せになり、ボディーボードのように急な滑り台を一直線に滑り降りるスライダー。2人並んで滑ることが出来るので、一緒に滑る人とスピード競争をしてみるのも楽しい体験です。

川下り体験やシュノーケリング・・・楽しいアクティビティはまだまだ続く
流れるプール「アドベンチャー・リバー」

アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークの楽しみは、スリル満点のウォータースライダーだけではありません。高速スピードのスライダーで興奮を味わった後は、「アドベンチャー・リバー」で浮き輪につかまってプカプカと浮かびながら、のんびりと川下り体験を楽しみましょう。アドベンチャー・リバーは、東南アジア最長の全長620mもある流れるプールで、途中には青々としたジャングルや滝、神秘的な洞窟、魚たちが泳ぐ姿が見られる水中トンネル、エイが泳ぐプールなど14の異なる景観が次々と現れ冒険気分を味わえます。「レインボー・リーフ」は、20,000 匹以上の熱帯魚と泳げる海水プール。入口でシュノーケルやライフジャケットも用意されています。サンゴ礁の間を泳ぎ回るカラフルな魚たちを眺めていると、海の中で泳いでいるような気分になれます。南国のビーチリゾートのような雰囲気の「ブルーウォーター・ベイ」は、定期的に波が発生するプール。プールの奥に行くほど大きな波を体験できます。手前の方は、ビーチの波打ち際のようなさざ波なので、小さな子供も楽しめます。また園内には、至るところに無料で利用できるライフジャケットと浮き輪が用意されているので、泳ぎに自信がない場合や小さな子供も安心して遊べます。上級者向けのアトラクションプール「スプラッシュワークス」は、水深4mのプールの上に設置された平均台やロープを渡ったり、ネットをよじ登ったり、バランス感覚が試されるアスレチック要素がたっぷり。極めつけには壁面の崖から飛び込みだって出来ます。勇気のある人は、ぜひお試しを。

小さな子供から大人まで楽しめる施設
海側から見たアドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク

エキサイティングなアトラクションが目白押しのアドベンチャー・コーブ・ウォーターパークですが、もちろん小さな子供が遊べるスポットも用意されています。「ビッグ・バケット・ツリーハウス」は、子供用のスライダーや噴水がある水深わずか数十cmのアスレチックプール。定期的に大きなバケツから水が勢いよく落ちてきたり、噴水から水が噴き出したり、子供たちに大人気のスポットです。「シーホース・ハイダウェイ」も同じく水深の浅いプールです。プールを囲うタツノオトシゴのモニュメントが付いたポールは噴水となっていて、タツノオトシゴの口から水が噴き出します。
アドベンチャー・コーブ・ウォーターパークでは、園内に置かれたデッキチェアは無料で利用することができます。ただし、早い者勝ちなので週末やスクールホリデーなどは、かなり混み合い満席になってしまうことも。そんな時に利用したいのがカバナと呼ばれる東屋のような個室です。カバナは、ブルーウォーター・ベイとシーホース・ハイダウェイ、アドベンチャーリバー・ガーデン横の3ヶ所にあります。カバナの利用は有料で68SGD~(場所や曜日により異なる)と安くはありませんが、プライバシーが保たれるカーテンがあり、イスやテーブルの他、セーフティーボックスやタオル、ペットボトルの水、園内で使えるミールクーポンなどがセットになっています。周りを気にすることなく、のんびりと休憩したり、着替えも出来るので、小さな子供連れの場合や落ち着ける休憩場所を確保したいという場合は利用価値が高い施設です。カバナは満室の場合も多いので、入園チケットと一緒に前もってオンライン予約をしておくのがオススメです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
イルカと遊べる素敵なふれあい体験 夢のドルフィンアイランド アドベンチャー・コーブ・ウォーターパーク1日入場券付1日

veltra.com

セントーサ島人気テーマパークに3つまで入れるセントーサ・シティパス+ファンビー・オープントップバス乗り放題券<1日パス>1日

veltra.com

【セントーサ島半日観光ツアー】マーライオン+シーアクアリウム<午前/名物チキンライス昼食付/日本語ガイド>4.5時間

veltra.com

ベストシーズン

シンガポールは、赤道直下にあるため、1年を通して平均最高気温31度前後、平均最低気温25度前後の四季の変化のない常夏の気候です。雨季と乾季に分かれていて、11月~3月頃までは降水量が多くなります。乾季は雨季に比べると降水量は減りますが、スコールは一年中降ります。雨が降った後は、多少涼しくなり過ごしやすくなります。観光のベストシーズンは、特になく一年を通して楽しめますが、日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めは用意しておいた方がよいでしょう。また屋内は冷房が強く効いているので羽織ものが一枚あると便利です。


  • 現地
  • シンガポール
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:1.2588, 103.8193
  • 住所:22 Sentosa Gateway, Singapore 098136
首都
シンガポール
面積
697 km2
人口
540万人 2013年9月
言語
英語、中国語、マレー語、タミール語
公用語
英語、国語はマレー語
通貨名
シンガポールドル、シンガポールセント ※本サイトではSGDと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
SingTel、StarHub、M1
最寄り空港からのアクセス方法

<タクシーを利用>


所要時間:約30~40分
目安料金:25~30SGD前後
※タクシー利用の場合は2~6SGD(時間によって異なる)の入島料がかかります


<MRTを利用>
空港駅からEast West Lineに乗車→Tanah Merah駅→Outram Park駅でNorth East Lineに乗換え→HarbourFront駅下車


所要時間:約1時間
料金:2.50SGD


HarbourFront駅からのアクセス
<セントーサエクスプレス>
VivoCityの3F(Sentosa駅)から乗車→Waterfront駅下車→徒歩約6分


所要時間:約10分
料金:4SGD


<徒歩>


所要時間:約20分
入島料:1SGD(※2017年12月まで無料)


最寄り空港詳細

  • シンガポール・チャンギ国際空港 (SIN)