横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

アーントーン諸島

(Ang Thong Islands)

概要

サムイ島の西約30kmの場所に位置するアーントーン諸島。ここではシュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを始め、トレッキングやシーカヤックなどのネイチャーアクティビティなどを楽しむことができます。サムイ島からはアーントーン諸島への日帰りツアーが種類豊富に出ているので、目的に合わせたツアーを選ぶことができます。


アーントーン国立公園入場料:大人300THB、子供150THB


見所ポイント

バラエティーに富んだ島々
アーントーン諸島のビーチ

アーントーン諸島は41の島々で構成された国立海洋公園です。珊瑚や魚の種類が豊富でシュノーケリングが楽しめる島、多くのダイビングポイントを有する島、展望台のある島など、それぞれに特色があるのも面白いところ。この島々は長い年月をかけて海水に浸食されて出来ているため、ユニークな形をしているのが特徴です。クジラのような島、猿のような島など、変わった形の島々が美しい海の上にぽこぽこと顔をのぞかせています。レオナルド・ディカプリオが主演をつとめた映画「ザ・ビーチ」のロケ地としてピピ島が有名ですが、原作の小説の舞台はアーントーン諸島だと言われています。島々には手つかずの自然が残されており、建造物は国営のキャンプ場以外はほとんどありません。

アーントーン諸島へは、サムイ島から日帰りツアーに参加して訪れるのが一般的です。大自然の素晴らしさを体感するネイチャーツアーはとても人気で、こういったツアーは雨季の11月~12月頃を除いてほぼ1年中用意されています。船は主に、大型ボートとスピードボートの2種類。大型ボートは2階建てになっていて、1階は席が並び、2階の屋外のデッキにはマットが敷かれています。横になって日光浴を楽しみながら島へ向かうことができます。片道約2時間かけて進むので、のんびりと景色を楽しめる大型ボート。他のツアー客とゆっくり交流できるのも楽しみの一つです。昼食と、セルフでの軽食がついてきます。スピードボートは海上をビュンビュンと走りぬけて片道約45分でアーントーン諸島に到着します。40人まで乗り込めるオープンエアのボートは、吹き付ける潮風が爽快です。どちらも大人は2000バーツほど。現地でシュノーケリングやカヤックやトレッキングの体験ができるツアーがほとんどです。

ネイチャーアクティビティが楽しめるウァタラップ島
カヤックでユニークな地形を楽しむ様子

国立海洋公園の事務所があるウァタラップ島では、トレッキングやカヤックを楽しむことができます。アーントーン諸島の中では比較的大きめの島で、島の中央には高さ約500メートルの山がそびえています。この山の山頂のビューポイントまでは“View Point Trekking Trail”と呼ばれる約500メートルの遊歩道が続いていて、ここがトレッキングコースとして有名な道なのですが、遊歩道と聞いて、日本の整備された歩道を思い浮かべてはいけません。手つかずの自然が自慢のウァタラップ島、遊歩道は険しい山道です。ごろごろとした岩場に足をかけて登ったり、ロープを手繰らなければ進めない場所もあり、観光客は道なき道を山頂目指して登って行くことになります。足腰の強さと同じくらい、腕力も必要になる道です。トレッキングを予定している時は、特に靴に注意してください。ビーチサンダルではなく、マリンシューズや運動靴を持参していくのがお勧めです。トレッキングコース内に展望台は3つあり、ビューポイントは頂上を含め4つあります。頂上の展望台へは、30分から45分ほどで到着します。険しい道の先には、美しいエメラルドグリーンの海に島に浮かぶユニークな形の島々や、遠く横一直線に伸びる水平線といった絶景が待っています。

また珍しい岩場を探検できるシーカヤック体験も魅力です。きれいな海をゆったりと漕ぎ進むというのは、なんとも気持ちのいいもの。そしてツアーの名所でもある岩場の下の方には、洞窟らしきものが細く横に広がっています。この細長い洞窟に入っていくと、そこは洞窟というよりは岩天井。海に浸食されて岩がえぐられ、このような形になったのだとか。大きなキノコのかさの下にいるような、不思議な地形を楽しめます。そしてこのキノコかさの下を進んでいくと、奥に入って行ける細い洞窟が。暗い洞窟の中をカヌーで進んでいったり、浅瀬に差し掛かったところでカヌーから降りて押し進んだり、子供心に返って探検を思い切り楽しむことができるツアーです。また、事務所から1kmほどのところにあるブアボック洞窟では鍾乳洞が見学でき、島のユニークな地質を体感することができます。

グリーンが美しいメーコー島の海水湖
メーコー島のエメラルド・レイク「タレイ・ナイ」

砂浜の白と海の青のコントラストが美しいビーチを持つメーコー島。このビーチの奥には、高い岩壁の上まで上がって行ける階段が備え付けられています。この階段をのぼり、デッキを歩いて進んで行くと辿り着くのが、メーコー島の名所、海水湖「タレイ・ナイ湖」です。海水湖という名の通り、この湖の水は海とつながっていて海水です。岩壁と山に囲まれた、グリーンの水をたたえた静かな湖面。とても神秘的な光景が広がっています。デッキは、海水湖のすぐそばまで続いています。上から見下ろしている時はグリーンに見えますが、近づいていくと透明で、湖の中の岩や元気に泳ぎ回る魚が見えるほどです。このデッキは展望台にも続いているので、海水湖を見学した後にビューポイントに向かうとよいでしょう。見学した後は、汗を海で流してビーチでのんびりした時間を楽しみましょう。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
アントン海洋国立公園ツアー(フェリー利用)1日

activities.his-j.com

【サムイ発】アントン・ナショナル・マリンパーク1日

veltra.com

アントン諸島シーカヤックツアー1日

samuioukoku.com

ベストシーズン

サムイ島は、10月下旬から12月上旬の多雨季を除いて、1年を通して安定した天候が続くのが特徴です。一般的にタイの雨季である5月から10月もサムイ島は雨量が少なく観光に適しています。3月から10月上旬がベストシーズンで、この時期は波が穏やかで海の透明度も上がります。朝晩にスコールが降ることはありますが、長く降り続くことはありません。一方、10月下旬から12月上旬にかけては雨が何日も降り続くこともあり、不安定な天気が続くので観光にはあまり適していません。1月から2月は雨量は減るものの風の影響で海が荒れることもあります。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:9.6535, 99.6663
  • 住所:Ang Thong, Ko Samui District, Surat Thani, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

【サムイ空港から市内】
(チャウエンビーチまで)
<ミニバスを利用>
乗り合いのため人数が集まり次第出発


所要時間:15~20分
料金:130THB


<空港タクシーを利用>


所要時間:15~20分
料金:500THB


※エリアにより所要時間、料金は異なる


【サムイ島からアーントーン諸島】
ツアーを利用するのが一般的です


最寄り空港詳細

  • サムイ空港 (USM)
  • スラタニ空港 (URT)