横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

アオナン・ビーチ

(Ao Nang Beach)

概要

クラビ空港から車で40分。アオナン・ビーチは、滞在を目的とするよりは、クラビの他のビーチや離島への出発点となるビーチです。約500mの砂浜の両端には、目的地へ運んでくれるロングテール・ボートがすらりと停泊しています。ビーチ沿いの通りにはレストランや土産物屋、観光案内所などが並び、クラビ一の繁華街となっていて、夕暮れと共に人々が集い、街は賑やかさを増します。


見所ポイント

クラビの玄関口、ボート・タクシーの発着ポイント
アオナン・ビーチに停泊するボート

アオとはタイ語で「湾」を意味します。アオナン・ビーチはパンガー湾岸の中央に位置し、クラビの他のビーチや離島への拠点となっています。アオナン・ビーチの波打ち際で10人ほどが乗れるロングテール・ボートのタクシーが何隻も停泊し、各地へと往復しています。プラナン岬で有名なライレイ・ビーチやプラナン・ビーチは陸続きですが、切り立った岩場に阻まれ海からしか交通手段がなく、ここからボートでアクセスすることができます。

ボートに乗るためには、まずビーチ沿いのチケット売り場で乗船券を購入します。ウェスト・ライレイビーチへは約20分で片道100バーツ、近海のボダ島、ガイ(チキン)島へは約30分で往復300バーツなど近隣スポットへ行くことができます。このボートの出航時間は決まっておらず、乗客がある程度集まったところで出発します。桟橋がないので時には腰まで海水に浸かりながらジャバジャバと船に近づき、皆で協力しながら船を跨いで乗り込みます。目的地で下船する時も同じように濡れるので、ボートを利用する時はサンダルと短いボトムスは必須です。

朝方や夕方はロングテール・ボートのモーター音がひっきりなしに続き、利用客で賑わっています。波も荒くなり海水の透明度が低めですが、その時間帯を避ければビーチでのんびりと過ごすことができます。波が穏やかで天気がよい時は透明度も高く、波打ち際で小魚やカニなどが見られます。浜辺は砕けた貝殻で少し黄色がかっていて、素足で歩くと少し痛いですが、海中は泥混じりの砂地で、泳ぎやすい深さです。ビーチ沿いには遊歩道が敷かれており、早朝のジョギングや夕暮れ時の散歩にもオススメです。

のどかさの残る繁華街
アオナンのストリート

かつてバックパッカーの穴場だったアオナンは、今や欧米人の家族連れで溢れかえるクラビ一の繁華街です。とは言え、プーケットなどに比べるとまだまだのんびりした雰囲気も残っています。

ビーチフロント通りは約500メートル。お土産屋、レストラン、マッサージ店、コンビニ、ファストフード店、インフォメーション・センターなどが隣のノッパラッタラ・ビーチまで軒を連ね、観光客には何かと便利なエリアです。プラナン・インのホテル前のビーチフロントにはライレイやプラナン行きロングテール・ボートのチケットブースがあります。通り沿いにはパッタイ(タイ焼きそば)やガイヤーン(焼き鳥)などを焼いている屋台があり、常に賑わっています。南部地方の特徴としてイスラム系の屋台もたくさんあり、日本人にも食べやすい味のドライカレーに柔らかく煮込んだチキンをのせたカオモックガイやロティ(クレープのようなもの)の屋台も人気です。路地奥にはレゲエやロックの流れるビアバーなどが建ち並んでいます。ビーチフロント通りの西端突き当たりにある「アオナン・シーフード」通称シーフード横丁には、ビーチに沿って海鮮料理店が並びます。メイン通りと交差する道沿いにも、レストランや土産物屋など賑やかな店が続いています。レンタルバイク店も多く1日250バーツ前後で利用することが出来ます。プラナンエリアには、リゾートホテルも多いですが、ビーチから離れるほど安いゲストハウスやバンガローもあり、予算に応じて選べます。

西側エリアは、東側ほど賑やかではありませんが、ビーチ近くにはリゾートホテルやショップが並び、クラビ・リゾート前にはローカル屋台が並んでいます。またクラビタウンに向かうソンテウ(乗り合いバス)もここで停車します。

海に沈む美しい夕日を眺めながら食事が出来るレストランも多く、基本的にはハズレのお店はほとんどありません。ただし、アオナン・ビーチのレストランではクレジットカードが使えないことが多いので注意が必要です。夕方になると移動式のナイトマーケットが開き始めるので、ぜひチェックしてみてください。またメインストリートでは、タイの観光地らしく、ニューハーフの美女達が華やかな格好でお店の呼び込みをしている姿も見られます。

お土産には何がいい?
タイらしいものが並ぶ土産物店

アオナンエリアには土産物屋をはじめ、たくさんのお店がありウインドウショッピングも旅行の楽しみの一つ。リゾートならではのゆったりとした雰囲気の中、落ち着いて選べるタイのお土産をいくつか紹介します。

<アクセサリー>
南タイで養殖された真珠の店がいくつかあります。またルビーやサファイヤなどの宝石の高級品からデザインの凝ったシルバーアクセサリーやプチプラのアクセサリーなど種類が豊富です。ただし宝石類は偽物も出回っているのでしっかりチェックして下さいね。

<アパレル>
タイは世界のアパレルブランドの主要生産国の一つです。手頃な価格で手に入れることが可能で、まとめてたくさん買うとディスカウントしてもらいやすくなります。面白Tシャツや色鮮やかなリゾートワンピース、水着など豊富にあり、現地で着るものは現地調達がおすすめ。

<雑貨>
化粧細工に入った石けん、インテリアにもよさそうなアジアン雑貨、カラフルなキャンドル、タイらしいデザインのポーチや小銭入れ、謎の置物などデザイン・種類共に豊富でお土産の定番。

<タイシルク>
タイシルクは手工芸品として有名で、タイのお土産の定番品でもあります。鮮やかな色使いが美しく、価格は様々ですが、巾着バッグやポーチ、ストールなど手頃な価格で購入できる小物がオススメです。

 

その他、タイ料理用のスパイスペースト、お香&アロマグッズ、ビーチサンダルやサングラス、スパグッズなどついついたくさん買ってしまいたくなるものばかりです。

ベストシーズン

11月から乾季に入り、4月頃までは天気が安定しており、晴天が続きます。乾季のこの時期は、波が穏やかで透明度が上がるので、ダイビングやシュノーケリングなどを存分に楽しめます。一方、雨季は西側のビーチでは波が高くなり透明度も低くなるため泳ぐのには適していません。本格的な雨季は9月~10月ですが、5月終わり頃から10月頃までは、朝と夕方にスコールが降ります。ローシーズンの雨季は、ホテル料金も下がるので、優雅なホテルステイをするにはお得なシーズンです。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:8.0327, 98.8203
  • 住所:459/2 4203, Tambon Ao Nang, Amphoe Mueang Krabi, Chang Wat Krabi 81000, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

<タクシーを利用>
所要時間:約40分
料金:600THB


<シャトルバスを利用>
乗り合いのミニバス
所要時間:約1時間
料金:150THB


最寄り空港詳細

  • クラビ空港 (KBV)