横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ギリシャ

アイガイ(現代名ヴェルギナ)の考古遺跡

(Archaeological Site of Aigai (modern name Vergina))

概要

紀元前808年~168年に存在したマケドニア王国の首都アイガイ(エゲ)とされる考古遺跡は、1996年にユネスコの世界遺産に登録されました。ギリシャ北部のテッサロニキの郊外、現在のヴェルギナであるピエリア山とベルニア山の間に位置しています。紀元前11世紀以降の300以上の古墳群が発掘され、その中にはマケドニア王フィリッポス2世のものとされる墓も発掘されています。フィリッポス王の息子でアレキサンドロ3世は、このヴェルギナ遺跡周辺にギリシャの拠点を起き大帝国を築き上げました。この遺跡からは、マケドニア王国由来の黄金の箱や武器、装飾品を含めマケドニア絵画、宮殿、神殿などが発見されています。これらの墳墓や発掘物は、ヴェルギナ考古学博物館に展示されています。ヴェルギナの小高い丘の上にあるパラティッツア宮殿には石柱が1本残るのみとなっていますが、遺跡の入り口にある前門は、神殿の形をしたイオニア式で大変保存状態がよく、この遺跡の見どころの一つとなっています。


営業時間:(夏季)8:00-20:00※月曜は18:00まで(冬季)8:00-15:00
※短縮営業日あり(詳細はHP参照)
休業日:(冬季)月曜日、1/1、3/25、5/1、イースターの日曜日、12/25、12/26


参考サイト:odysseus.culture.gr


 


おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ペラ・ヴェルギナ1日ツアー(テッサロニキ発)1日

keytours.gr

ベストシーズン

テッサロニキ地域の観光ベストシーズンは夏です。特に7月、8月は観光客が多く訪れます。11月~3月はオフシーズンになり、ホテル、レストランが休業するところが増えるので事前にチェックしておくと安心です。また、オフシーズンの冬の間、特に11月は降水量が多いので雨具を持参することをお勧めします。また朝方は霧も多いので注意が必要です。3月頃は日中は暖かくても朝晩はダウンが必要なほど冷え込むこともあります。夏季も気温が上がりますが乾燥するので、朝と夜の気温の差があるので薄手の上着があると便利です。日差しがかなり強いので日焼け止めやサングラスを忘れずに。


  • 現地
  • アテネ
  • テッサロニキ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:40.4884, 22.3200
  • 住所:Unnamed Road, Vergina 590 31, Greece
首都
アテネ
面積
131,957 (km2)
人口
1,086万人 2015年
言語
ギリシャ語
公用語
ギリシャ語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Vodafone、Wind、Cosmote
最寄り空港からのアクセス方法

【テッサロニキ国際空港からテッサロニキ】
<バスを利用>
15番バスがコルフ市内まで運行


所要時間:約45分
料金:0.60EUR


<タクシーを利用>


所要時間:約30分
料金:15EUR前後


【テッサロニキからヴェルギナ】
<バスを利用>
長距離バスターミナル(KTEL station)からVeria行きに乗車→Veria下車→ヴェルギナ行きのバスに乗換


所要時間:約1.5時間


(2017年1月現在)


最寄り空港詳細

  • テッサロニキ・マケドニア国際空港 (SKG)