横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ギリシャ

オリンピアの考古遺跡

(Archaeological Site of Olympia)

概要

オリンピックの発祥の地として有名なオリンピアは、ペロポネソス半島西部に位置する古代都市です。オリンピックは、紀元前8世紀にギリシャ神話の主神ゼウスに奉納する競技会が行われたことが起源で、393年にローマ帝国皇帝テオドシウス1世によって禁止令が出るまでの1200年の間4年に1回行われていました。オリンピアの考古遺跡には、オリンピックにまつわる遺跡が現在も数多く残されています。紀元前7~6世紀に建設されたギリシャで最も古い神殿ヘラの神殿、最大20万人を収容したスタジアム、体育館、レスリングやボクシングの練習場パラエストラ、招待客を泊めてた宿レオニデオン、オリンピック評議会の会議場として使われたブーレフテリオン等の遺構が残っています。このオリンピアの考古遺跡は、デルフィの考古遺跡並んで古代2大聖地の一つとされ、1989年にユネスコの世界遺産に登録されました。


営業時間:(夏季)8:00-20:00(冬季)8:00-15:00
※閉園時間は季節により変動あり
休業日:1/1、3/25、5/1、イースターの日曜日、12/25、12/26
料金:12EUR
無料開放日:3/6、4/18、5/18、9月の最終週末、10/28、11-3月の毎月第1日曜日


参考サイト:odysseus.culture.gr


(2017年1月現在)


おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
メテオラ、デルフィ、ミケーネ、オリンピア ギリシャ古代遺跡めぐり 3泊4日宿泊ツアー4日

veltra.com

ベストシーズン

オリンピアの観光ベストシーズンは夏です。特に7月、8月は観光客が多く訪れます。11月~3月はオフシーズンになり、ホテル、レストランが休業するところが増えるので事前にチェックしておくと安心です。また、オフシーズンの冬の間、特に11月は降水量が多いので雨具を持参することをお勧めします。3月頃は日中は暖かくても朝晩はダウンが必要なほど冷え込むこともあります。夏季も気温が上がりますが乾燥するので、朝と夜の気温の差があるので薄手の上着があると便利です。日差しがかなり強いので日焼け止めやサングラスを忘れずに。


  • 現地
  • アテネ
  • テッサロニキ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:37.6387, 21.6304
  • 住所:Unnamed Road, Archea Olimpia 270 65, Greece
首都
アテネ
面積
131,957 (km2)
人口
1,086万人 2015年
言語
ギリシャ語
公用語
ギリシャ語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Vodafone、Wind、Cosmote
最寄り空港からのアクセス方法

【アテネ国際空港からアテネ市内】
<エアポートバスを利用>
X95番がアテネ市内中心部シンタグマ広場行き


所要時間:終点まで約70分
料金:6EUR


<地下鉄を利用>
3号線が終点「Aghia Marina」駅まで運行


所要時間:(シンタグマ広場まで)約40分
料金:10EUR


<タクシーを利用>
空港からアテネ市内は定額制


所要時間:約40分
料金:38EUR
※深夜0:00-5:00は50EUR


【アテネからオリンピア】
アテネ長距離バスターミナル(Kifissou Bus Station)からオリンピア行きのバスに乗車


所要時間:約5.5時間


(2017年1月現在)


最寄り空港詳細

  • アテネ国際空港 (ATH)