横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
カンボジア

バンテアイ・クディ

(Banteay Kdei)

概要

バンテアイ・クディは、タ・プロームの南東1kmほどの場所に位置する寺院遺跡で、アンコール遺跡群の一つとしてユネスコの世界遺産に登録されています。10世紀にラージェンドラヴァルマン2世が建てたヒンドゥー教寺院を12世紀末~13世紀初頭にジャヤーヴァルマン7世が仏教寺院へと再建しました。バイヨン様式の寺院で、伽藍配置は、同じくジャヤーヴァルマン7世が建てたタ・プロームやプリヤ・カーンに類似しています。バンテアイ・クディの正面東側は、王の沐浴池と呼ばれるスラ・スランに面しています。


営業時間:7:30-17:30
料金(アンコール遺跡公園共通券):1日券37USD/3日券62USD/7日券72USD※12歳未満は無料 (2017年7月現在)
※ この遺跡はアンコール遺跡公園共通券が利用可能です。
参考サイト:angkor.com.kh


見所ポイント

バンテアイ・クディの構造と内部探検
アプサラの彫刻の柱が残る踊り子のテラス

バンテアイ・クディは、中央祠堂を軸として東西に一直線に建物が並んでいます。東西に700m、南北に500mの外周壁に囲まれており、四方に塔門が設けられ、塔門の上には、バイヨン様式の特徴である観世音菩薩像が彫刻された四面塔が建っています。正面の東塔門から200mほど進むと寺院を囲む環濠があり、その上にはナーガの彫刻が施されたテラスが配置されていて、入口ではシンハー像が出迎えてくれます。その先の十字型の塔門入口のリンテル(まぐさ石)には、インドの叙事詩ラーマーヤナの一説でラーマ王子とシータ姫が森の中を散歩する場面が彫り込まれています。塔門内部には、カラフルな飾り付けやお供え物が供えられた仏像が祀られています。塔門を抜けるとナーガの欄干を持つ石の通路が踊り子のテラスへと続いています。踊り子のテラスの柱には踊るアプサラの彫刻がたくさん残っていて、特にハスの花の上で対になって踊るアプラサは躍動感があり印象的です。テラスの天井は崩れ落ちてしまっていますが、その分空や周辺の木々が見渡せ、明るく開放的な雰囲気が漂っています。
さらに先に進むと2重の回廊に囲まれた中央祠堂があります。中央祠堂を起点として十字型の回廊があり、回廊と回廊の間は中庭があります。回廊や祠堂の壁面にはデバターや連子窓の偽窓など美しい彫刻がたくさん見られ、中央祠堂の入口にはどっしりと構える守門神ドヴァラパーラの彫刻も残っています。祠堂内側の装飾などはほとんど残っておらず、頭部が切断された仏像や神々の彫像跡、リンガの台座となるヨニが残されているのみとなっています。祠堂を西に抜けるとそのまま西側の参道、西塔門へ続いています。

ゆったりとした時間が流れるバンテアイ・クディ
回廊の上に根を張る巨木

バンテアイ・クディの建物自体は、崩壊している部分もたくさんあるものの、遺跡の修復や整備が行われているため、倒壊した石材などの瓦礫が無秩序に散乱している場所は少なく、整然としているのがバンテアイ・クディの一つの特徴です。立地的にも比較的見学しやすい遺跡ですが、訪れる人はそれほど多くないので、遺跡内に観光客が溢れて混み合うということもほとんどありません。探検家になった気分で、静かな遺跡内を歩いてみると、どこか異なる時代にタイムスリップしたような錯覚を覚えることも。中央祠堂を囲う第2回廊の南西側には、回廊の上に根を張る巨木がそびえています。根っこの部分だけでも人の背の2、3倍はゆうに超える高さがあり、そのあまりの大きさに驚くとともに、天に向かってすくすくと伸びる姿は美しく、思わず足を止めて見惚れてしまいます。木陰に腰を下ろすと、心地よい風が吹き抜けていきます。歩き疲れたら、お気に入りのスポットを見つけて、一息ついてのんびり過ごすのもよいでしょう。

地中から発見された大量の廃仏
祠堂内に祀られている頭部が切断された仏像

バンテアイ・クディは、クメール王朝崩壊後、数世紀に渡って放置されて密林に覆われてしまいましたが、20世紀に入り、周辺の植物を取り除いた後にその全貌を現しました。1991年から日本の上智大学のチームが中心となった調査団が考古学調査および修復保存を実施し、2001年にはバンテアイ・クディの敷地内から埋まっていた274体もの仏像が発掘されたことで一躍有名となりました。ジャヤーヴァルマン7世の死後に起こった廃仏運動によって、当時の仏教寺院の仏像や仏陀をモチーフにした彫刻のほとんどが取り除かれたことはすでに知られていましたが、それらの仏像がバンテアイ・クディでは地中に掘った穴に丁寧に埋められていたのです。このことから、タ・プロームやプリヤ・カーンなど同時代の他の仏教寺院にも、廃仏が埋められている可能性が高いことが研究家によって示唆されています。アンコールの歴史は文献がほとんど残っていないため、まだまだ解明されていないことも多いですが、この発見はアンコールの歴史の解明に大きく貢献し、さらに今後の調査や発見も期待されています。
東側の参道の途中には、アンコール遺跡の発掘や調査に関するパネルが展示された建物があり、日本語の解説もあります。遺跡見学の前に目を通しておくとより理解が深まりますので、時間があれば立ち寄ってみることをオススメします。

かつての王が沐浴した池「スラ・スラン」
西側のテラスから望むスラ・スラン

バンテアイ・クディの正面には、王の沐浴池と呼ばれるスラ・スランがあります。東西に約700m、南北に約300mの大きさがあり、10世紀のラージェンドラヴァルマン2世の時代に原型が造られ、12世紀末にジャヤーヴァルマン7世によって整備されました。かつては池の中央の人工島には王が瞑想を行うための寺院が建っていたとされていています。現在は土台部分の遺構が残るのみで、通常は水に覆われていますが、乾季になり水位が下がるとその遺構が見えることもあります。
バンテアイ・クディとスラ・スランの間には、シンハー像の立つ石造りのテラスがあります。このテラスはサンライズ鑑賞の穴場スポットとしても知られています。池の向こう側から朝日が昇り、やがて水面に太陽や朝焼けの空が映し出される様子は感動的な美しさです。ただし乾季には池の水が涸れてしまっていることもあるので、鏡張りの朝日を見に行く場合は注意が必要です。また、池の周囲は緑に囲まれた遊歩道が敷かれており、散歩やピクニックを楽しめ、地元の人々の憩いの場となっています。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
大回りコース&小回りコースが1日で行ける!贅沢1日ツアー<昼食付>1日

veltra.com

タプロムとアンコール遺跡群小回りコース<半日>3時間

veltra.com

アンコール遺跡尽くし!!<シェムリアップ発>1日

veltra.com

ベストシーズン

アンコール遺跡の観光拠点となるシェムリアップは、一年を通して気温が高く夏服で過ごせます。観光のベストシーズンは、気候が安定して比較的過ごしやすい乾季の11~2月頃です。3月から雨季に入る5月頃までは気温がかなり上がり酷暑となります。6~10月頃までは雨季となりスコールが降ります。雨の後は道が悪くなり、遺跡も滑りやすくなるので注意が必要です。


  • 現地
  • プノンペン
  • シェムリアップ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:13.4300, 103.8984
  • 住所:Unnamed Road, Krong Siem Reap, Cambodia
首都
プノンペン
面積
181,035 km2
人口
1,531万人 2014年
言語
カンボジア語
公用語
カンボジア語
通貨名
リエル ※本サイトではKHRと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Cellcard、Metfone、Smart、Beelineなど
最寄り空港からのアクセス方法

【シェムリアップ空港から市内】
<タクシーを利用>


所要時間:約20分
料金:7~10USD


<トゥクトゥクを利用>


所要時間:約20分
料金:5USD~


【シェムリアップ市内からのアクセス】
<タクシーもしくはトゥクトゥクを利用>


所要時間:約25分


最寄り空港詳細

  • シェムリアップ国際空港 (REP)
  • プノンペン国際空港 (PNH)