横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
スウェーデン

ビルカとホーヴゴーデン

(Birka and Hovgården)

概要

ビルカとホーヴゴーデンは、ストックホルムの西約30kmのメーラレン湖に浮かぶ島に残る9~10世紀頃のヴァイキングの都市遺跡です。ビルカはビュルケ島に、ホーヴゴーデンは、その隣のアデルスユー島にそれぞれあります。ビルカからは、建築資材の遺構や約2000基の墓、さらに副葬品からは交易品も多数出土しています。一方、ホーヴゴーデンでは王宮跡や王族の墓が発見されています。ビルカとホーヴゴーデンは、ヴァイキング時代の豊かな文化を今に伝える貴重な場所として、1993年にユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

世界遺産の都市遺跡ビルカとホーヴゴーデン
ルーン文字が刻まれた石碑

ストックホルム近郊のメーラレン湖に浮かぶビュルケ島とアデルスユー島には、世界遺産に登録されている都市遺跡「ビルカとホーヴゴーデン」があります。2つの島は隣接しており、当時利用されていた港や建物跡、墓などが発見されており、中世の時代にスカンジナビアで活躍したヴァイキングの生活を理解する上で重要な土地となっています。
考古学研究からビルカとホーヴゴーデンが最も繁栄したのは9世紀頃と推察されています。海上交易で繁栄したヴァイキングは、ヨーロッパの交易の歴史を語る上で欠かすことはできません。ビルカとホーヴゴーデンからは、当時のヨーロッパ各地との交易品が出土されており、ヴァイキングのみならずヨーロッパ各地のその時代の様子を知る大きな手がかりにもなっています。また、遺跡からはルーン文字が刻まれた石碑も見つかっています。
ビルカとホーヴゴーデンは、その歴史的価値が認められ周辺一帯は保全活動が行われており、近代の開発が行われていないのも特徴です。そのため、森林や牧草地が広がるスウェーデンの長閑な原風景が残り、美しい景観もビルカとホーヴゴーデンの大きな魅力となっています。

ヴァイキングの一大交易拠点「ビルカ」の歴史
復元されたヴァイキング・ボート

スウェーデンで最古の都市とされるビルカ。8世紀から10世紀頃までヴァイキングが定住し交易の重要な拠点となっていましたが、10世紀後半にヴァイキングの衰退とともに町も消滅したものと考えられています。
ビルカは、831年に宣教師アンスカルによってスウェーデン最古のキリスト教の集会所が創設され、キリスト教布教の拠点となっていたことでも知られています。ビルカについての記録は、9世紀に宣教師アンスカルの弟子によって書かれた「聖アンスカル伝」に都市が登場していることから、それ以前から町が形成されていたことがわかっています。また、オランダなどとの交易をしていた記録も残っており、町には城壁が築かれており、外敵からの攻撃に備えていたことも記されています。
ビルカには、約2000基の墓があり、その内約1100基が発掘されています。発掘された墓の副葬品から、ビルカが当時どこの国と交易していたかを知ることができます。西ヨーロッパのライン川沿岸地方のガラスや金属製品、壺、フランク王国の宝飾品、アイルランドの青銅品、さらにそれらを取引するためのビルカコインも多数出土しています。また、ロシアのヴォルガ川流域の品々も発見されています。興味深いことにこれらの副葬品は9世紀の墓に集中しており、10世紀以降の墓には副葬品が少なくなっています。このことからビルカの最盛期は、9世紀であったというのが定説となっています。

ヴァイキングの故郷ビルカ探訪
ヴァイキングの村が再現されたビルカ

ヴァイキングの伝統的な建物は木造建築だったため、建築物は現存していませんが、木片や壁土などの建物の遺構が残っており、そこから当時の生活を推察することができます。地層や発見された遺構から考古学研究が行われ、ビルカ博物館では、当時のヴァイキングの生活様式を再現した模型が展示されています。また野外にはヴァイキングの建築物が復元され、当時の村の様子も再現されています。ここでは様々なイベントが開かれており、ヴァイキングに興味がある人には、ぜひとも訪れておきたいスポットです。ビルカには、アンスカル・クロスと呼ばれる石像のモニュメントが建てられています。これは、宣教師アンスカルがビルカに訪れてからおよそ1000年後の1834年に建てられたもので、さらにその100年後には、村の東部にアンスカル・チャペルが建設されました。
ヴァイキングは、優れた戦士で中世の時代には北欧を中心にロシアの一部やオランダ、イギリス周辺まで支配していました。優れた造船技術を持ち、軽くて速い木造のロングシップは外洋だけでなく水深の浅い河川まで侵入することができたため、当時のヨーロッパの人々はヴァイキングを阻止することができなかったと言います。しかし、近年の研究から、海賊や植民などの略奪はごく一部で、彼らは実際は高度な文明社会を築き、ヨーロッパや北アフリカ、西アジアとの交易で経済活動を行っていた民族だったと考えられています。

王領地として繁栄したホーヴゴーデン
長閑な風景が広がるホーヴゴーデン

ホーヴゴーデンは、ビルカを見渡せる場所にあり、さらに王宮跡や王族たちの墓が多く発見されていることから、ビルカを支配するために建設された行政の中心地だったと考えられています。ビルカは10世紀頃に衰退してしまいましたが、ホーヴゴーデンは、その後も王領地のネットワークの一部になっており、13世紀にはレンガ造りの王室の夏の離宮やロマネスク様式のアデルスユー教会が建設されました。この時期にスウェーデンでは封建制度が確立されました。しかし、14世紀末までにこれらの建物は遺跡となり、現在はわずかに遺構が残るのみとなっています。20世紀初頭にホーヴゴーデンの遺跡が発掘された時には、クロスボウ(中世の時代に使われていた弓)が見つかっており、14世紀に海賊の攻撃を受け破壊されたことが、ホーヴゴーデンの衰退に繋がった可能性も示唆されています。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
パノラマ市内観光バスツアー&運河ブリッジクルーズ<ストックホルム発>4.5時間

veltra.com

ストックホルム パノラマ市内観光ツアー<ストックホルム発>1.5時間

veltra.com

ベストシーズン

ストックホルムの観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。緯度が高いため夏季の日照時間が長く、観光に十分な時間をとることができます。夏でも朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ストックホルム
  • ヨーテボリ
  • エステルスンド
  • キルナ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:59.3305, 17.5420
  • 住所:Björkö 5, 178 92 Adelsö, Sweden
首都
ストックホルム
面積
450,295 (km2)
人口
1000万人 2016年
言語
スウェーデン語
公用語
スウェーデン語
通貨名
スウェーデン・クローナ ※本サイトではSEKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telia、Tele2、Telenor、Three
最寄り空港からのアクセス方法

【アーランダ空港からストックホルム市内】
<電車>
①アーランダ・エクスプレス
ストックホルム中央駅まで
所要時間:約20分
料金:280SEK


②コミューター・トレイン(SL)
オスロ中央駅まで
所要時間:約40分
料金:151SEK


<空港バス>
シティ・ターミナルまで
所要時間:約45分
料金:169NOK


<タクシー>
所要時間:30~40分
料金:500~600SEK


【ストックホルム市内からのアクセス】
地下鉄Brommaplan駅から312番バスに乗車→Adelsö kyrka下車


※夏季(4~9月)は市庁舎前からビルカ行きのボートが運行(所要時間:約2時間)


最寄り空港詳細

  • アーランダ空港 (ARN)

近隣の見所スポット