横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
南アフリカ

ブライデ・リバー・キャニオン自然保護区

(Blyde River Canyon Nature Reserve)

概要

南アフリカ北東部のムプラマランガ州に位置するブライデ・リバー・キャニオン自然保護区は、ブライデ川の曲がりくねった渓谷沿いに多くのビューポイントが点在し、切り立った断崖の絶景を楽しめる景勝地です。アメリカのグランド・キャニオン、ナミビアのフィッシュ・リバー・キャニオンに次ぎ、世界3大渓谷の一つに数えられています。パノラマルートのドライブのほか、ハイキングや水遊びを楽しめるスポットもあり、地球が作り上げた壮大な自然景観を堪能することができます。


見所ポイント

絶景が続くブライデ・リバー・キャニオンのパノラマルート
ブルックス・ラック・ポットホールズに架かる橋

ブライデ・リバー・キャニオン自然保護区は、南アフリカ東部を南北に連ねるドラケンスバーグ山脈の断崖の面しており、29,000ヘクタールに及ぶ広大なエリアには緑豊かな深い渓谷、切り立った断崖、美しい滝など高低差のあるダイナミックな景観が広がっています。南端はムプラマランガ州の小さな田舎町グラスコップ(Graskop)のすぐ北側からはじまり、アベル・エラスムス峠まで約60kmに渡り伸びています。この地域は、1年を通して降雨がある湿潤な気候帯のため、緑豊かな草木に覆われており、グリーン・キャニオン(緑の渓谷)としては世界最大規模を誇ります。

ブライデ川の曲がりくねった渓谷に沿って走る通称パノラマルートと呼ばれるドライブコースは、ブライデ・リバー・キャニオン自然保護区の観光のハイライト。パノラマルート沿いには、ゴッズ・ウインドウやブルックス・ラック・ポットホールズ、スリー・ロンダベルズ、ブライデ・ダム、ベルリンの滝、リスボンの滝、ピナクル・ロックなど数多くのビュースポットが点在しており、息を飲むような絶景を楽しむことができます。

このパノラマルートを経由してクルーガー国立公園に抜けることができ、合わせて訪れておきたいスポットです。

アフリカの壮大な大地を望めるビューポイント「神の窓」
断崖にあるゴッズ・ウインドウのビューポイント

ブライデ・リバー・キャニオンの数ある景勝地の中でも特に見晴らしがよいのが、グラスコップ近郊に位置する「ゴッズ・ウインドウ(God’s Window)」と呼ばれるビューポイント。エデンを連想させる美しい眺望がその名の由来となり、これまでに世界中の芸術家や写真家に多くのインスピレーションを与えてきたと言われています。ゴッズ・ウインドウは、高さ700m以上の切り立った断崖に位置し、眼下にはローヴェルト(低草原地帯)の森が広がっています。また、天気のいい日には、ここから南アフリカ最大の野生動物保護区となっているクルーガー国立公園やその先のモザンビークとの国境付近に連なるレボンボ山脈まで見晴らすことができます。ビューポイントへ続く遊歩道沿いにはシダ類や低木、野生の花々などこの地の豊かな植生を見ることができます。

グラスコップとゴッズ・ウインドウの間には、ピナクル・ロック(Pinnacle Rock)を眺められるビューポイントもあります。その名の通り円柱形の細長いピナクル(尖峰)が緑豊かな渓谷から伸びており、独特な景観を作り上げています。

ユニークな穴の空いた岩が点在する「ブルックス・ラック・ポットホールズ」
川の浸食によりできたポットホールズ

ブライデ川(喜びの川)とトュリエル川(悲しみの川)の合流点に位置する「ブルックス・ラック・ポットホールズ(Bourke’s Luck Potholes)」では、岩にいくつも円柱状の穴(ポットホール)が空いたユニークな地形を見ることができます。この穴は、2つの川の流れがぶつかり渦巻いた水の浸食により長い年月をかけて形成されたもの。ブルックス・ラック・ポットホールズという地名はゴールドラッシュに沸いていた19世紀後半、一攫千金を夢見てこの地にやってきた金の探鉱者トム・ブルックに由来しています。彼はここで金を発見することはできませんでしたが、この美しい自然景観を見つけました。

現在、ブルックス・ラック・ポットホールズ周辺には、遊歩道が整備されており、渓谷に架かる橋の上からはこのユニークな地形を眺めることができます。

ブライデ・リバー・キャニオンのハイライト「スリー・ロンダベルズ」
3つの岩が並ぶスリー・ロンダベルズ

「スリー・ロンダベルズ(Three Rondavels)」は、円錐形の巨大な岩が3つ連なるスポットで、ゴッズ・ウインドウとブルックス・ラック・ポットホールズと並びブライデ・リバー・キャニオンのハイライトの一つとなっています。ロンダベルとは、アフリカの伝統的な円錐形の茅葺き屋根の住居のことで、ロンダベルに似た形の岩が3つ並んでいることからその名が付けられました。また、3つの岩それぞれには、かつてこの地に住んでいた酋長の三人の妻(一夫多妻)の名前(Magabolle、Mogoladikwe 、Maseroto)が付けられています。円錐形の屋根にあたる部分には茅葺きではなく、緑豊かな草木に覆われています。

ブライデ・リバー・キャニオンは、濃い霧が出てしまうとの眼下に広がる壮大な渓谷の風景は見られなくなってしまいますが、スリー・ロンダベルズは天候に左右されることなく、いつでもその姿を見ることができる貴重なスポットでもあります。

スリー・ロンダベルズから左側に視線を移すと、眼下にはブライデ川から注ぐブライデ・ダムや周辺の緑に覆われた切り立った崖などローヴェルトの大地を見晴らすことができます。ここから望める景観は、ブライデ・リバー・キャニオンを象徴する景観となっています。

多様な動植物の生息地
ブライデ・リバー・キャニオンに自生するキングプロテア

ブライデ・リバー・キャニオン自然保護区は、霧の多い湿潤な高地から乾燥し温暖な低地まで変化に富んだ地形で多様な植物や動物の生息地となっています。絶滅危惧種のソテツを含め1000種以上の植物が自生し、春にはカラフルな野生の花々が咲き誇り渓谷を彩ります。高低差のある変化に富んだ地形であるがゆえ、野生動物や野鳥も幅広い種が生息しています。

例えば、高地にはマウンテンリードバックやバブーン(ヒヒ)、ロック・ハイラックスなどが見られ、草木が生茂る低地にはインパラやクードゥー、オグロヌー、シマウマが駆け回る姿が見られます。そして、ブライデ・ダムの水辺にはカバやワニがもいます。スリー・ロンダベルズのビュースポットから渓谷の下を覗き込んだ時に、ブライデ川に黒っぽい点のようなものがうごめいていたらそれは水浴びをするカバたちです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【絶景】世界三大渓谷・ブライデ・リバーキャニオン終日観光1日

activities.his-j.com

ベストシーズン

南半球に位置する南アフリカは、北半球とは逆の季節になります。1年を通して観光を楽しめますが、比較的穏やかな気候の3月~6月中旬と8月~11月頃です。日中は暖かくても夜間は冷え込むので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • プレトリア
  • ケープタウン
  • ダーバン
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:-24.8761, 30.8902
  • 住所:Rainforest Trail, South Africa
首都
プレトリア
面積
1,219,090 (km2)
人口
5,794万人 2018年
言語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の合計11言語
公用語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の合計11言語
通貨名
ランド 補助通貨はセント(1ZAR=100セント) ※本サイトではZARと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Vodacom、MTN、Cell C、Telkomなど
最寄り空港からのアクセス方法

【クルーガー・ムプマランガ国際空港からのアクセス】
車で約1.5時間


最寄り空港詳細

  • クルーガー・ムプマランガ国際空港 (MQP)