横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
モロッコ

ブー・イナーニーヤ・マドラサ

(Bou Inania Madrasa)

概要

ブー・イナーニーヤ・マドラサは、マリーン朝最盛期の14世紀にスルタン(国王)アブー・イナーン・ファーリスによりフェズの旧市街(フェズ・エル・バリ)に建設されたイスラムの学院で、マリーン朝を代表する建築物の一つです。また、フェズの中では、唯一ミナレット(塔)を持つマドラサとして知られ、現在もモロッコにおいて重要なイスラム教の施設となっています。建物内部の装飾は素晴らしく、モロッコにおいて、イスラム教徒以外の観光客が見学できる数少ない宗教施設の一つでもあります。


見所ポイント

マリーン朝時代を代表するマドラサ
ブー・イナーニーヤ・マドラサのミナレット

ブー・イナーニーヤ・マドラサは、1351年から1356年にかけて建設されました。ブー・イナーニーヤという名前は、このマドラサを建設した時のスルタン、アブー・イナーン・ファーリスの名前に由来しています。歴史によると、世界最古のマドラサとして知られるフェズのカラウィーン・モスクの指導者がアブー・イナーン・ファーリスにマドラサを建設するように助言したとされています。ブー・イナーニーヤ・マドラサは、マリーン朝時代最後に建設されたマドラサで、さらにマリーン朝時代に建てられたマドラサとしては最大規模を誇り、その建築美にも定評があります。

アブー・イナーン・ファーリスは、父アブー・アルハサン・アリーの文化事業を継承し、芸術家や職人を手厚く保護しながら、父の時代に建設が開始されたモスクやマドラサを全て完成させました。さらにフェズ近郊の町メクネスにある同名のブー・イナーニーヤ・マドラサもアブー・イナーン・ファーリスにより建設されたものです。

かつては教育機関としてもモスクとしても機能していたブー・イナーニーヤ・マドラサですが、現在は学校としての役割を終え、主に礼拝の場としてのみ使用されています。ブー・イナーニーヤ・マドラサは、イスラム教徒以外の観光客でも内部が見学できるモロッコで数少ないイスラム教の施設の一つです。ただし、礼拝の時間には、観光客は立ち入りはできなくなりますので、見学をする際は礼拝の時間にご注意下さいね。

美しい装飾に覆われたブー・イナーニーヤ・マドラサの内部
美しい彫刻装飾に覆われたマドラサ内部

フェズのマドラサの中で唯一ミナレットを備えたブー・イナーニーヤ・マドラサ。グリーンのモザイクタイルの装飾が施されたフェズで最も優美なミナレットで、旧市街のランドマーク的存在となっています。ブー・イナーニーヤ・マドラサの周囲は、商店やレストラン、カフェに囲まれた賑やかなエリアですが、マドラサの内部に一歩足を踏み入れると、街の喧騒とは無縁の神聖な雰囲気を感じることができます。正面入口の反対側には、信者が祈りの前に手足や顔を洗い清めるためのダール・アル・ウドゥ(清めの家)という洗い場があります。

ブー・イナーニーヤ・マドラサは、長い歴史の中で何度か改修や修復が行われてきました。20世紀以降も木造建築だった部分が耐荷重構造へと大規模な改修が行われ、さらに漆喰やタイル、木製彫刻などの装飾も修復が行われ、現在も美しい姿を保っています。

建物の中央には大理石が床一面に敷かれた大きな中庭があり、このマドラサの中で最も美しい空間となっています。繊細な何学模様の彫刻装飾やモザイクタイルの装飾がびっしりと施された壁面や柱は見事で、イスラム芸術を思う存分堪能することができます。中庭の中央には、フェズ川から直接水が供給されているお清めのための泉があります。中庭を囲うように教室や礼拝堂が配置されており、その上階部分は、かつて学生の宿舎として使用されていました。現在も使用されている礼拝堂内には、精緻な彫刻装飾が施されたミフラーブ(メッカの方向を示す壁に設けられた窪み)を見ることができます。その他の部屋や廊下の天井や壁、梁、床にも職人の手で一つ一つ彫られた漆喰や木製の精緻な彫刻、モザイクタイルの装飾が施されており、その美しさには時間を忘れて見入ってしまうことでしょう。

14世紀の水時計「ダール・アル・マガナ」
マドラサの向かいにあるかつての水時計

ブー・イナーニーヤ・マドラサの北側、ケビーラ通りを挟んだ向かいには、同じくアブー・イナーン・ファーリスにより14世紀に建設されたダール・アル・マガナ(Dar al-Magana)という建物があり、ブー・イナーニーヤ・マドラサとつながっています。かつては、お祈りの時間を知らせるための水力を利用した時計が動いていましたが、現在は稼働しておらず、その一部の構造のみが保存されています。この建物上部の壁面には、12の小窓とその上には庇を支えていたと思われる垂木が現在も残っています。窓枠には、美しい彫刻装飾が見られます。建物の下にはレストランや商店が軒を連ね、注意して見ていないと見過ごしてしまいそうですが、ケビーラ通りを歩く際は、ぜひこの水時計の建物にも注目してみて下さいね。

フェズ旧市街の玄関口「ブー・ジュルード門」
ブー・ジュルード門とマドラサのミナレット

ブー・イナーニーヤ・マドラサの西側にあるブー・ジュルード門は、旧市街(フェズ・エル・バリ)の西側の玄関口となっており、旧市街の観光の拠点にもなっています。1913年に建設されたブー・ジュルード門は、中央に大きなアーチとその両側に小さなアーチを有したムーア式の建築で、壁面はアラベスク模様を描いたモザイクタイルで覆われています。このタイル装飾は、外側はブルー、内側はグリーンを基調としており、外側と内側とでは見た目の印象も異なります。門を抜けると商店やレストランが軒を連ねる小さな広場となっており、この広場から旧市街のメインストリートとなるタラー・ケビーラ(Talaa Kebira)通りとタラー・セギーラ(Talaa Sghira)通りに繋がっています。

門の外側から中央のアーチを通して旧市街を見ると、中央にブー・イナーニーヤ・マドラサのミナレットがそびえている姿を見ることができます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
世界一複雑な世界遺産!フェズ旧市街ガイドツアー<英語or日本語ガイド/昼食付/フェズ発>4〜6時間

veltra.com

モロッコの迷宮都市 フェズ観光ツアー<英語ガイド/フェズ発>6時間

veltra.com

ベストシーズン

モロッコには四季がありますが、沿岸部、山間部、砂漠と変化にとんだ地形で、地域毎に気候が異なります。フェズは、1年を通して観光を楽しめますが、ベストシーズンは、最も過ごしやすい春(4月~5月)と秋(10月)です。夏季は乾燥し、気温も高く、こまめな水分補給が必要です。冬は、実際の気温よりも体感温度は寒く感じるので、防寒対策が必要です。


  • 現地
  • ラバト
  • フェズ
  • メルズーガ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:34.0623, -4.9827
  • 住所:99 Rue Talaa Kebira, Fes, Morocco
首都
ラバト
面積
446,550 (km2)
人口
3,522万人 2018年
言語
アラビア語、ベルベル語、フランス語
公用語
アラビア語、ベルベル語
通貨名
モロッコ・ディルハム 補助通貨はサンチーム ※本サイトではMADと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Maroc Telecom、Orange、inwiなど
最寄り空港からのアクセス方法

【フェズ=サイス空港からフェズ市内】
<タクシー>
所要時間:約30分
目安料金:120MAD


<路線バス>
空港の外のバス停から16番バスがフェズ駅(新市街)まで運行
所要時間:約40分
料金:4MAD


【フェズ市内からのアクセス】
ブー・ジュルード門から徒歩約2分


(2019年11月現在)


最寄り空港詳細

  • フェズ=サイス空港 (FEZ)