横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
南アフリカ

ケープ植物区保護地域群

(Cape Floral Region Protected Areas)

概要

ケープ植物区保護地域群は、世界6大植物区の一つで、南アフリカの南西部の広範囲に分布しています。総面積は、アフリカ大陸の0.5%程度に過ぎませんが、アフリカの植物の20%がこのエリアに集中しています。その多様性は世界最高水準にあたり、固有種や絶滅危惧種が極めて多い植物のホットスポットであることから2004年に8つの保護区がユネスコの世界遺産に登録されました。さらに2015年には5つの保護区が新たに追加され、10,000平方km以上に及ぶエリアが世界遺産になりました。


見所ポイント

世界最高水準の植物の多様性が見られる世界遺産「ケープ植物区保護地域群」
絶景を楽しめる喜望峰のトレイル

ケープ植物区保護地域群は、北ケープ州、西ケープ州、東ケープ州にまたがり、テーブルマウンテン国立公園(旧ケープ半島国立公園)やセダーバーグ原生自然環境保全地域、ボーラント山地、デ・ホープ自然保護区、ガーデンルートなど合計13の保護区で構成されています。世界6大植物区の中では最小のエリアですが、面積あたりの多様性では世界最高の水準を誇ります。この地域には、およそ9,000種類の植物が見られ、その内約69%が固有種です。さらに1,736種の植物が絶滅危惧種で、3,087種が保全が懸念されており、世界の35の生物の多様性のホットスポットの一つにも数えられています。

ケープ植物区保護地域群の表面積の半分以上を占めるのがケープ植物区固有のフィンボスと呼ばれる植物で、種類の数においては全体の約80%も占めています。フィンボスは、アフリカーンス語で「細い低木」という意味で、その名の通り、フィンボスの植生の大半が細い針状の葉を持った低木であることに由来しています。フィンボスの大半は硬い葉の常緑樹で、地中海性気候と乾燥した夏のケープ植物区で発生しやすい山火事の両方に適応した植物です。多くのフィンボスは、火事で高温に熱せられた後に発芽したり、種子の散布を行うという極めて稀な特性を持っています。

ケープタウンで外せない観光名所テーブルマウンテン
ケープタウンのシンボル、テーブルマウンテン

ケープ植物区保護地域群の中で最も有名なのがテーブルマウンテン国立公園。一口にテーブルマウンテン国立公園と言っても、北はケープタウン市街地近くにあるシグナルヒルから南はケープ半島の喜望峰やケープ・ポイントにまで及び、見どころもかなりたくさん詰まっています。

山頂がテーブルのように平らな形状になっているテーブルマウンテンは、南アフリカを代表するランドマークでケープタウンきっての観光名所です。ハイキングやロッククライミングが楽しめるスポットとして人気があり、距離や難易度の異なる様々なトレイルがあるので、初心者から上級者まで楽しめるのも魅力の一つです。標高1085mの山頂は言わずと知れた絶景スポット。晴れた日には、ケープタウンの街並み、テーブル湾、ライオンズヘッドや周辺の山々、さらにどこまでも続く大西洋のパノラマを見晴らすことができます。山頂は、比較的歩きやすい平坦な地形なので植物や野生動物を観察しながらのんびり自然散策を楽しめます。山頂へはハイキングのほか、ケーブルカーでも上ることができ、体力や時間がなくても気軽にアクセスできるのも嬉しいところ。ケーブルカーなら山頂までわずか5分ほど。乗車中には360度回転し全方向の景色を楽むことができます。

多様な植生を観察できるカーステンボッシュ国立植物園
整備されたカーステンボッシュ国立植物園内

テーブルマウンテンの東側の斜面に位置するカーステンボッシュ国立植物園は、ケープ植物区保護地域群の中で唯一の植物園で、絶滅危惧種や南アフリカの固有種など多様な植物や生物の保護エリアとなっています。メインエリアには、約2500種ものケープ半島の植物が植えられたペニンシュラ・ガーデン、様々な花の香りを嗅ぐことができるフレグランス・ガーデン、100種類以上のプロテアが植えられたプロテア・ガーデン、多様なフィンボスが生茂るフィンボス・ガーデン、サボテンや多肉植物など南アフリカの乾燥地帯の植物が集められた温室などテーマごとに分けられた庭園が配置されています。さらにガーデンエリア周辺の敷地内には森林やフィンボス、シダ植物、高山植物など自然の植生がそのまま残されています。距離の異なるハイキングトレイルがいくつか用意されていて、植物や野鳥を観察しながら自然散策も人気です。また、2014年には全長130mのキャノピー・ウォークウェイが誕生しました。キャノピー・ウォークウェイは、木々を縫うように地上約12mの高さに設置されており、周辺の雄大な自然景観を眺めながら空中散歩を楽しめます。

ルイボスの里を訪ねる
セダーバーグの名所の一つウルフバーグ・アーチ

南アフリカ原産の健康茶として知られるルイボスティー。ルイボスは、ケープタウンから約200km北のセダーバーグ(Cederberg)山脈周辺にのみ自生する植物です。乾燥させたルイボスの葉は、古くから薬草として使用され、ケープ植民地時代にオランダ人により紅茶の代用としてルイボスティーが飲まれるようになりました。セダーバーグ山脈麓の町クランウィリアム(Clanwilliam)は、ルイボスの首都と呼ばれ、ルイボス農園や工場の見学をはじめ、ルイボスティーの試飲、ルイボスティーを利用した料理、ルイボス製品を使用したスパトリートメントなどルイボス尽くしの体験を楽しめます。ルイボスティーはもちろんルイボスのシャンプーやハンドクリームなどこの地ならではのお土産も手に入れることができます。

ゴツゴツとした岩肌がむき出しのセダーバーグの荒野では、ロッククライミングやハイキングなどのエコツーリズムも盛んです。ウルフバーグ・アーチ(Wolfberg Arch)やマルタの十字架(Maltese Cross)などユニークな奇岩スポットも点在し、ワイルドな自然景観を楽しめます。

南アフリカきっての景勝ルート「ガーデンルート」を横断
吊り橋があるチチカマ国立公園内の人気のトレイル

ケープタウンからポートエリザベスまでを結ぶ国道2号線は、入り組んだ海岸線とフィンボスに覆われた緑豊かな大地が広がり庭園のように美しい景観を楽しめることからガーデンルートと呼ばれています。ガーデンルート周辺には、アフリカ大陸最南端のアグラス岬、ビーチ沿いの真っ白な砂丘やフィンボスが生茂るデ・ホープ自然保護区、ダチョウの町オーツホーン、南アフリカ最大のカンゴー洞窟、アウトドア・アクティビティが盛んなチチカマ国立公園やワイルダーネス国立公園を含むガーデンルート国立公園、マリンスポーツと牡蠣が名物の町ナイズナなど海も山も楽しめる魅力的なスポットが点在しています。海岸沿いの主要な町にはゲストハウスからリゾートホテルまで幅広い宿泊施設があるので、あちこち立ち寄りながらロードトリップを楽しむのもオススメです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ケープ半島&ワインランド終日観光ツアー☆ケープタウン近郊の見どころを1日で巡る旅!<英語ガイド/混載/ケープタウン発>1日

veltra.com

ケープ半島の見どころを巡る!1日定番観光ツアー<英語ドライバーガイド/混載or専用車/ケープタウン発>1日

veltra.com

マザーシティを巡る!ケープタウン1日観光ツアー<英語ドライバーガイド/専用車/ケープタウン発>1日

veltra.com

ベストシーズン

南半球に位置するケープタウンは、北半球とは逆の季節になります。地中海性気候に属し、夏は晴れて乾燥した日が続き、冬は雨が多くなります。1年を通して観光を楽しめますが、ベストシーズンは、夏の11月~3月です。日中は日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めなどの対策が必要です。また、夏でも朝晩は冷え込むので温度調節のしやすい羽織りものなどを用意しておくことをオススメします。


  • 現地
  • プレトリア
  • ケープタウン
  • ダーバン
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:-33.9621, 18.4076
  • 住所:Platteklip Gorge, Table Mountain (Nature Reserve), Cape Town, South Africa
首都
プレトリア
面積
1,219,090 (km2)
人口
5,794万人 2018年
言語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の合計11言語
公用語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の合計11言語
通貨名
ランド 補助通貨はセント(1ZAR=100セント) ※本サイトではZARと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Vodacom、MTN、Cell C、Telkomなど
最寄り空港からのアクセス方法

【ケープタウン国際空港から市内】
<MyCiTiバス>
MyCiTiバスのA01番が空港からシビックセンターまで運行。
所要時間:約40分
料金:(シングルチケット)85ZAR


※チャージ式myconnectカードの場合は割引料金適用。


参考サイト:myciti.org.za


<タクシー>
所要時間:(市内中心部)20~30分
目安料金:300ZAR前後~


<空港シャトル>
空港から目的地まで乗り合いのシャトルサービス(15~20分間隔で運行)
所要時間:(市内中心部)20~30分
目安料金:300ZAR前後~


【ケープタウンからのアクセス】
ケープタウンから各スポットへはレンタカーやツアー利用が一般的


(2020年2月現在)


最寄り空港詳細

  • ケープタウン国際空港 (CPT)