横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ポーランド

ヴロツワフの百周年記念ホール

(Centennial Hall in Wrocław)

概要

ポーランド南西部ドルヌィ・シロンスク(下シレジア)地方の中心都市ヴロツワフにある百周年記念ホールは、ライプツィヒの戦いで勝利した百周年を記念して1911年から1913年にかけて、ドイツ人建築家マックス・ベルクの設計により建設された多目的ホールです。直径65m、高さ43mの円形ドームを軸として、4方向に左右対称に翼を広げた四つ葉型に設計されています。鉄筋コンクリートの大規模建築の先駆的な作品であり、その後の現代建築の発展にも大きな影響を与え、2006年にはユネスコの世界遺産に登録されました。


公式サイト:halastulecia.pl


見所ポイント

近代建築の先駆けとなった百周年記念ホール
百周年記念ホールのインテリア

百周年記念ホールの建設には、まず建物の周辺にレールを敷き、そのレールの上に最大2500kgまで吊り上げ可能な移動式のクレーンが導入されました。そのおかげで、建設当時、世界最大規模を誇るコンクリート建築にも関わらず、当時としては異例の14ヶ月という短期間で完成しました。中央のメインホールは、ローマの円形競技場のデザインを模しており、会議や見本市、展示会をはじめ、スポーツや文化イベントなどあらゆる目的に使用できるように設計されています。また、鉄筋コンクリート建築は、これまでの石造りやレンガ造りの建築物に比べて、軽量で耐久性が高いという特徴があり、ベルクは、当時最先端だった鉄筋コンクリートの構造を強調するためにあえて装飾を施しませんでした。高さ23mのドーム天井は、スチールとガラスでできた明かり取りの天窓となっています。さらに、音響効果を高めるために壁には木材やコルクを混ぜたコンクリートの遮音層で覆う工夫もされています。このように、百周年記念ホールは、公共施設の建築デザインと建築業界の工学技術のさらなる発展において重要な役割を果たしました。

現役の多目的ホールとして使用されている世界遺産
百周年記念ホール内にあるディスカバリーセンター

1013年、百周年記念ホールの完成後すぐに百周年記念博覧会が開催され、シレジア地方の歴史や文化、ナポレオン戦争などに関する展示が行われました。この博覧会のために一時的に建てられたいくつかの施設は、博覧会終了後に撤収されましたが、今でも百周年記念ホールは、大規模な会議や見本市、コンサートや演劇など一年を通して様々なイベント会場として使用されています。過去にはダライ・ラマやヨハネ・パウロ2世もこのホールでスピーチを行っています。建物自体は、建設から100年以上経っていますが、あらゆるニーズに対応できるように最新の技術設備が整えられています。

イベント開催中は、イベント参加者以外の観光客が見学できるエリアは制限されていますが、建物の一角にあるディスカバリーセンターは、いつでも訪れることができます。ディスカバリーセンターでは、写真や模型だけでなくタッチスクリーンや映像などマルチメディアを駆使した体験型の展示が行われており、百周年記念ホールの歴史や建物の構造を楽しみながら学ぶことができます。さらに様々な現代建築に関する展示もあり、見応えがあります。また、ディスカバリーセンターでは、ガイドツアーも行っており、興味深い建築秘話を聞きながら百周年記念ホールを見学することができるので、近代建築に興味があれば参加してみるのもよいでしょう。

百周年記念ホールの周辺の見どころ
博物館として使用されている4つのドームを持つ展示施設

ヴロツワフの百周年記念ホールの周辺は関連施設や広場があり、それらを含めて世界遺産に登録されています。百周年記念ホールの西側には、古代の公共広場を模した広場があり、正面入り口には列柱があります。広場の北側には、4つのドームを持つ展示施設(Four Domes Pavilion)があります。この4つのドームを持つ展示施設は、元々は1913年の博覧会の際に歴史展示会場として建築家ハンス・ペルツィヒの設計により建てられたもの。新古典主義の建築様式を思わせる重厚な柱やドームとコンクリートやスチール、ガラスが多用された近代建築が融合しています。

戦後、一時は映画スタジオとして使用されていた時期もありましたが、映画制作会社の衰退と共に建物自体も荒廃していました。しかし、2009年にヴロツワフ国立博物館の所有となり、建物の修復が行われ、現在は20世紀後半から21世紀のポーランドの現代アートの展示館として使用されています。ガラス天井から自然光が降り注ぎ、内部は明るく解放的な雰囲気が漂っています。

華やかな噴水ショーが行われるポーランド最大の噴水池
マルチメディアを駆使した噴水ショー

100周年記念ホールの北側には、テラス席を備えたレストラン棟があり、その正面には1ヘクタールにも及ぶポーランド最大級の噴水を備えた人口池とそれを囲むようにパーゴラ(日影棚)があります。天気のよい日には、池の周辺はおしゃべりや読書、水遊びを楽しむ人々の姿が多く見られ、市民の憩いの場となっています。また、人工池の底には、300の噴水口と800個の電飾、さらに3つの火炎ノズルがあり、夏季は毎日噴水ショーが行われています。音楽や光に合わせて変幻自在に水が噴き上がる様子は圧巻です。週末や祝日には、プロジェクションマッピングなどを用いた特別な噴水ショーが行われていることもあり、撮影スポットとしても人気があります。噴水ショーの予定はホームページで確認できるので、ヴロツワフを訪れる際は、ぜひチェックしてみて下さいね。

侘び寂びが感じられるシチトニツキ公園の日本庭園
四季折々の風景が楽しめる日本庭園

ヴロツワフの百周年記念ホールは、ヴロツワフ最大のシチトニツキ公園内に位置しています。パーゴラの北側エリアには、ポーランド最大の日本庭園があります。この日本庭園は、1913年の百周年記念博覧会の庭園芸術展の一環で、フリッツ・フォン・ホッホベルク伯爵と日本人庭師のアライ・マンキチにより造園されたのが始まりです。戦後荒廃していましたが、1997年に日本の造園関係者の協力のもと修復が完了し、現在は美しい姿を取り戻しており、シチトニツキ公園の大きな見どころとなっています。園内には、日本の植物だけでなく、池に架かる橋や東屋、石灯籠、鹿おどしなど日本の庭園風景が見事に再現されていて、思わずポーランドにいることを忘れてしまいそうになります。日本庭園のすぐ近くには、1913年にポーランド南部のオポーレ県から移転された古い木造教会の聖ヤン・ネポムツキー教会があります。

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい6月~8月です。夏季は日照時間が長く、夜9時頃まで明るいので観光に十分時間を取ることができます。ただし夏でも朝晩は冷えるので長袖の羽織ものがあった方がよいでしょう。一方、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ワルシャワ
  • クラクフ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:51.1070, 17.0774
  • 住所:Hala Stulecia, Wystawowa 1, 51-618 Wrocław, Poland
首都
ワルシャワ
面積
312,685 (km2)
人口
3,797万人 2017年
言語
ポーランド語
公用語
ポーランド語
通貨名
ズウォティ 補助通貨はグロシュ ※本サイトではPLNと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Play、Orange、Plus、T-Mobile
最寄り空港からのアクセス方法

【ヴロツワフ空港からヴロツワフ市内】
<バス>
106番(夜間は202番)がヴロツワフ中央駅まで運行
所要時間:30~40分
料金:3.40PLN


<タクシー>
メーター制
所要時間:(市内中心部)約25分
目安料金:50PLN前後


【ヴロツワフ市内からのアクセス】
トラム1、2、4、10番でHala StuleciaもしくはZoo下車


(2019年5月現在)


最寄り空港詳細

  • ヴロツワフ空港 (WRO)
  • クラクフ・バリツェ空港 (KRK)