横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ポーランド

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

(Churches of Peace in Jawor and Świdnica)

概要

ヤヴォルとシフィドニツァは、ポーランド南部ドルヌィ・シロンスク(下シレジア)地方に位置しています。この2つの町にある平和教会は17世紀半ばのキリスト教の宗教紛争の終結と平和の象徴として建設されました。ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会は、建設期間や建築様式、使用する建材などの厳しい制約の中で、宗教的自由を探求した建築物となっており、カトリック派のハプスブルク家の支配のもと、ルター派の思想を表現した稀有な例証として、2001年にユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会とは
ヤヴォルの平和教会の外観

16世紀以降、ヨーロッパではドイツを中心に宗教改革を行う新教派のプロテスタントはカトリックと対立をしていました。17世紀に入り、カトリック派のハプスブルク家の支配下にあったボヘミア地方で、プロテスタントが反乱を起こし、後に30年戦争と呼ばれる国際戦争へと発展しました。文字通り1618年から30年続いた戦争で、国土や経済の疲弊、感染病による人口減少など深刻な状況を招き、1648年にヴェストファーレン条約でようやく終止符が打たれました。この条約に基づき、ハプスブルク家の皇帝フェルディナント3世は、ドルヌィ・シロンスクのプロテスタント教徒たちに、ヤヴォル、シフィドニツァ、グウォグフの3つの町に宗教紛争の終結の象徴となる平和教会を建てることを許可しました。しかし、平和教会の建設には、多くの制約が設けられました。その内容は、建設期間は1年以内、市壁の外側で大砲の射程距離内に建設すること、建材は木材や砂、藁、粘土のみ、伝統的な教会の建築様式で建ててはならず、塔や鐘楼も備えてはならないといった厳しいものでした。それは、裏を返せば、この地ではプロテスタントはカトリックの皇帝の権力に服従するということ。このような厳しい条件下で、当時の建築家や大工たちは釘を一切使用せず木造建築の平和教会を完成させたのです。グウォグフの教会は、18世紀に落雷による火災で焼失したため、現存するのはヤヴォルとシフィドニツァの2つとなっていますが、この2つの平和教会は建築的にも歴史的にも高く評価されています。

ヤヴォルの平和教会
絵画がびっしりと飾られたヤヴォル平和教会の内部

ヤヴォルの平和教会は、1655年に建設されました。緑豊かな広大な公園の中に位置しており、敷地の外側からその姿を見つけるのは難しいほど。規模は大きいものの、工場や倉庫を思わせるシンプルな外観。しかし、内部は一転して、神秘的で荘厳な空間が広がっています。4階層になった内部は、メインの身廊と上階の通路部分と合わせて6000人収容可能です。

身廊を囲うように各階の壁面には聖書な場面や貴族の紋章などが描かれた絵画のパネルがびっしりとはめ込まれていて、アートギャラリーのよう。天井は、タイル装飾を彷彿とさせる美しいブルーの図柄が描かれています。白とゴールドを基調とした高さ9.2mの華やかな主祭壇は、ホッホベルク家の出資により1672年に地元の職人により制作されたもの。中央には「ゲッセマネの祈り」の場面が描かれた絵画が飾られています。繊細な彫刻が施された説教壇も見逃せません。伝説によると説教壇を支える福音書を手にした天使像は、実物大と言われており、訪れる人々の注目を集めています。

ヤヴォルの平和教会では、毎年夏に平和コンサートが開かれており、世界的に有名な作曲家を始め、オーケストラや聖歌隊など音楽家たちによる素晴らしい音色を聞くことができます。

公式サイト:kosciolpokojujawor.pl

シフィドニツァの平和教会
隙間なく豪華な装飾で彩られたシフィドニツァ平和教会内部

1657年に建てられたシフィドニツァの平和教会は、貴族階級や資産家だけでなく貧しい人々も含め、信者が一丸となって建設に携わり、わずか10ヶ月の建設期間で完成しました。木造建築の教会としてはヨーロッパ最大規模を誇ります。緑豊かな広い敷地の中に静かに佇む平和教会は、一見して教会建築には見えない邸宅のような雰囲気を持った巨大な木造建築です。

教会内部に足を一歩踏み入れると、外観とは対照的に、バロック様式の豪華な装飾で彩られており、劇場を彷彿とさせる壮麗な空間が広がっています。教会の表面積は、1090平方mを誇り、7500人を収容可能です。まずはじめに目に飛び込んでくるのが聖人や天使の彫像がびっしりと施された豪華な祭壇。祭壇の手前にある説教壇にも躍動的な彫刻やレリーフがたくさん施されています。天井には、聖三位一体、最後の審判、新しいエルサレム、バビロンの崩壊などを描いた絵画で埋め尽くされています。特権階級の貴族はそれぞれの家毎に専用のボックス席を持っていましたが、その中でも、教会建設に多大な寄付をしたホッホベルク家の席は特筆すべきものがあります。この他にも、パイプオルガン、壁面や柱の細部に至るまで絵画や彫刻装飾が施されています。洗礼の間には、1661年に制作された多色装飾が施された木製の洗礼盤をはじめ、典礼用の衣装や歴代の聖職者の肖像画などが展示されています。

広い敷地内には、後に建設された鐘楼や関連施設、墓地などが併設されています。また、古い建物を改装した雰囲気のよいBaroccafeでは、シレジア地方の伝統料理を味わうことができ、教会見学の後に休憩や食事に立ち寄るのもオススメです。プロテスタントの学校だった建物は、現在は宿泊施設(Barokowy Zakątek)に改装されており、部屋毎にインテリアが異なるセンスのよい客室は観光客に人気です。

公式サイト:kosciolpokoju.pl

中世の面影が残る町ヤヴォルとシフィドニツァの回り方
シフィドニツァの旧市街のマーケット広場

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会はどちらも木造建築で、素朴な外観に対して豪華な内装という共通点を持っていますが、それぞれに異なる魅力があるので、時間に余裕があればぜひ両方訪れておきたいところです。平和教会の見どころは何と言っても豪華なインテリアですが、それぞれ季節や曜日で営業時間が異なるので、ホームページなどで確認してから訪れることをオススメします。

ヤヴォルとシフィドニツァの両方の平和教会を1日で訪れる場合は、最寄りのヴロツワフからタクシーをチャーターするかレンタカーで回る、もしくはツアーを利用するのが最も簡単な方法です。公共交通機関を利用する場合は、ヴロツワフ・ヤヴォル間、ヴロツワフ・シフィドニツァ間、ヤヴォル・シフィドニツァ間がそれぞれ電車かバス(ミニバス)で結ばれていますが、バスの方が本数が多く便利です。

ヤヴォルとシフィドニツァは、どちらも13世紀に建設されたポーランドの中でも最も古い歴史を持つ町です。中世の面影が残る旧市街だけならそれほど時間もかからないので、訪れた際はぜひ散策も楽しんでみて下さい。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群 半日観光ツアー<午前/貸切/日本語または英語ガイド>5時間

veltra.com

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい6月~8月です。夏季は日照時間が長く、夜9時頃まで明るいので観光に十分時間を取ることができます。ただし夏でも朝晩は冷えるので長袖の羽織ものがあった方がよいでしょう。一方、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ワルシャワ
  • クラクフ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:51.0539, 16.1892
  • 住所:park Pokoju 2, 58-100 Jawor, Poland
首都
ワルシャワ
面積
312,685 (km2)
人口
3,797万人 2017年
言語
ポーランド語
公用語
ポーランド語
通貨名
ズウォティ 補助通貨はグロシュ ※本サイトではPLNと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Play、Orange、Plus、T-Mobile
最寄り空港からのアクセス方法

【ヴロツワフ空港からヴロツワフ市内】
<バス>
106番(夜間は202番)がヴロツワフ中央駅まで運行
所要時間:30~40分
料金:3.40PLN


<タクシー>
メーター制
所要時間:(市内中心部)約25分
目安料金:50PLN前後


【ヴロツワフ市内からヤヴォル】
ヴロツワフ中央駅の南側Dawid通りのバス停留所からヤヴォル方面行きのミニバスに乗車
所要時間:1~1.5時間


【ヴロツワフ市内からシフィドニツァ】
ヴロツワフ中央駅の南側Dawid通りのバス停留所からシフィドニツァ方面行きのミニバスに乗車
所要時間:1~1.5時間


※ヤヴォルとシフィドニツァは電車で約45分、バスで約1時間


(2019年5月現在)


最寄り空港詳細

  • ヴロツワフ空港 (WRO)
  • クラクフ・バリツェ空港 (KRK)