横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
シンガポール

クラーク・キー

(Clarke Quay)

概要

シンガポール川沿い一帯に個性的なレストランやバー、カフェ、クラブが軒を連ねているクラーク・キー。日が落ちるとカラフルなネオンが輝きはじめ、時間が遅くなるにつれ熱気はどんどん増していきます。世界各国から多くの人々が訪れ、国際色豊かなシンガポールのナイトライフを堪能できるスポットです。川沿いのオープンテラス席で食事やお酒を楽しむもよし、クラブで踊るもよし、またライトアップされた通りを歩くだけでも十分楽しめます。


見所ポイント

シンガポールのナイトライフの中心地
カラフルなネオンが煌めく夜のクラーク・キー

シンガポールのナイトライフを楽しむのに外せないスポットと言えばクラーク・キー。イギリス植民地時代の19世紀前半からシンガポール川河口付近一帯は貿易の中心地で、クラーク・キーも商品倉庫が建ち並び、往来する船の係留地として栄えていました。しかし、シンガポール川の汚染が深刻になり、20世紀後半にシンガポール政府が、貿易拠点を移転したのをきっかけにこのエリアは再開発が行われ、エンターテイメント施設の充実したオシャレなナイトスポットへと変貌しました。かつての倉庫街やパステルカラーのショップハウスなどの建物群は、モダンなレストランやカフェ、バー、クラブに変わり、夜になると色鮮やかなネオンに照らされます。川沿いには、小さなドーム型の屋根がたくさん設置されたオープンテラスの席が並び、心地よい夜風を受けながら食事やお酒を楽しむことが出来ます。ライトアップされた建物が川面に映る姿はとっても幻想的。シンガポール川に架かるリード橋を北に渡ると、近未来的な傘のようなデザインのアーケードに覆われたリード・ストリートへ繋がっています。両サイドにはまるでテーマパークのようなカラフルな建物にレストランやバーが軒を連ねていて、歩いているだけでもワクワクしてきます。リード・ストリートとクラーク・ストリートの交差点には、地面から噴き出す噴水があり、夜は七色に変化するライトに照らされて美しい光景が広がります。
クラーク・キーは、シンガポール名物チリクラブの有名店「ジャンボ・シーフード」をはじめ、和食、中華、インド、イタリアン、スパニッシュなどの世界各国料理、高級店からカジュアルな飲食店、個性的なバー、話題のクラブまで幅広くお店が集まっているので、誰もが楽しめるのも魅力の一つ。世界中から様々な人種の人々が集まるクラーク・キーで、お気に入りのお店を探しながら国際都市シンガポールのナイトライフをぜひ満喫してくださいね。

都会のど真ん中で絶叫アトラクション
絶叫アトラクション「ジーマックス・リバース・バンジー」

レストランやバー、クラブなどのナイトスポットが集まるノース・クラーク・キーの一角にはクレーンのような鉄筋の柱が空に向かって伸びています。これは、ニュージランド生まれの「ジーマックス・リバース・バンジー」という絶叫系アトラクション。3人乗りの鉄製のイスに座ると、下から煙が出てきて、高速で地上60m地点まで一気に投げ出されるという恐怖の逆バンジーです。この時にかかる重力はなんと5G!最高地点に達した後も空中でびよんびよんと激しい上下運動を繰り返し、座席はグラグラと上を向いたり下を向いたりで、平衡感覚が麻痺してしまうほど。ジーマックス・リバース・バンジーの隣には、「エクストリーム・スイング」と言うもう一つの絶叫アトラクションがあります。これも同じように座席座るのですが、こちらはゆっくりと高さ50mまで持ち上げられ、空中で座った姿勢から90度前に傾いた状態で止まります。準備が整い、レバーを押すと一気に落下し、その後ブランコのように空中をスウィングします。エクストリーム・スイングも、逆バンジーとは異なるスリルを味わえます。勇気のある方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

リバークルーズで眺めるシンガポールの街並み
シンガポール川のクルーズボート

クラーク・キーを訪れる際に一緒に楽しみたいのが、シンガポール川のリバークルーズ。クラーク・キーからシンガポール川河口のボート・キー、マリーナ・ベイを約40分かけて巡ります。リバークルーズは昼間ももちろん楽しめますが、オススメなのが、空がピンクや紫に色づくサンセット後のマジックアワーから日が完全に落ちた夜の時間帯。心地よい夜風に吹かれながら、川から眺めるシンガポールの煌めく夜景はとってもロマンチック。キラキラとネオンが輝くクラーク・キー、シェントン・ウェイの高層ビル群、正面から見るマーライオンやマリーナ・ベイ・サンズ、ドリアンの愛称で親しまれているエスプラネード、大観覧車のシンガポール・フライヤーなど通常では見られない川や湾の上からの景観はリバークルーズならでは。リバークルーズは、クラーク・キーの桟橋以外にもボート・キーやマーライオン公園、エスプラネード、ベイフロント・サウスなどの桟橋からも乗船でき、途中の桟橋で下船することも可能です。リバークルーズの後に、クラーク・キーのレストランやバーで食事やドリンクを楽しんでからホテルに帰るというのもシンガポールのナイトライフの楽しみ方の一つです。

リバーサイドの散策が楽しめる近隣エリア
落ち着いた雰囲気のロバートソン・キー

クラーク・キーからシンガポール川沿いを西に進むと高級レストランやカフェが建ち並ぶロバートソン・キーがあります。シンガポール開拓時代の雰囲気を残しつつ、倉庫などを改装してカフェやレストランが入居する洗練されたスポット。日本食、フレンチやイタリアンなどのハイレベルの各国料理を楽しめます。周辺は、外国人駐在員が多く住む高級住宅エリアが広がり、落ち着いた雰囲気でゆっくりと過ごすことが出来ます。
また、クラーク・キーを東に行くとボート・キーがあります。シンガポール川の河口付近に広がるエリアで、ローカルの名物料理から世界各国の味が楽しめるレストラン、最先端のバーがひしめき合い、夜になると観光客はもちろん、近くで働く多くのビジネスマンで賑わいます。ボート・キーからクラーク・キー、ロバートソン・キーにかけては、川沿いに遊歩道が敷かれているので、涼しくなる夕方以降にのんびりと散策するのもおすすめです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【ナイトツアー】夜景を眺めてクラーク・キーでローカルディナー+ロマンチック・ナイトクルーズ3.5時間

veltra.com

【ナイトツアー】ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ光のショー+マーライオン+クルーズ4.5時間

veltra.com

【ナイトツアー】アジアンな夜!オープントップバス&リバークルーズ5時間

veltra.com

ベストシーズン

シンガポールは、赤道直下にあるため、1年を通して平均最高気温31度前後、平均最低気温25度前後の四季の変化のない常夏の気候です。雨季と乾季に分かれていて、11月~3月頃までは降水量が多くなります。乾季は雨季に比べると降水量は減りますが、スコールは一年中降ります。雨が降った後は、多少涼しくなり過ごしやすくなります。観光のベストシーズンは、特になく一年を通して楽しめますが、日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めは用意しておいた方がよいでしょう。また屋内は冷房が強く効いているので羽織ものが一枚あると便利です。


  • 現地
  • シンガポール
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:1.2903, 103.8455
  • 住所:Clarke St, Singapore
首都
シンガポール
面積
697 km2
人口
540万人 2013年9月
言語
英語、中国語、マレー語、タミール語
公用語
英語、国語はマレー語
通貨名
シンガポールドル、シンガポールセント ※本サイトではSGDと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
SingTel、StarHub、M1
最寄り空港からのアクセス方法

【シンガポール・チャンギ国際空港から市内】
<空港シャトルを利用>
空港から市内のホテルまで運行


所要時間:約30分
料金:9SGD


<MRTを利用>
空港駅からEast West Line(2駅先のタナメラ駅行き)に乗車→市内中心部へはタナメラ駅で乗換え


所要時間:30~60分
料金:2.30SGD~


<タクシーを利用>


所要時間:約30分
目安料金:20~30SGD


【市内からのアクセス】
・MRT(North East Line)クラーク・キー駅からすぐ


最寄り空港詳細

  • シンガポール・チャンギ国際空港 (SIN)