横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
デンマーク

コペンハーゲン

(Copenhagen)

概要

デンマークの首都コペンハーゲンは、シェラン島の東端に位置する港湾都市です。商人の港という意味を持ち、古くは良質な漁港として栄え、次第に商業の要衝として発展しました。コペンハーゲンを象徴する港ニューハウン、歩行者天国ストロイエ、チボリ公園、人魚姫の像、アマリエンボー宮殿やローゼンボー城など市内中心部だけでも多くの見どころが集中しています。また暮らしを豊かにする北欧デザインの聖地でもあり、建築や家具、インテリアを見て回るのも楽しみの一つです。


見所ポイント

コペンハーゲンの象徴ニューハウン
カラフルな建物が並ぶニューハウンの街並み

コペンハーゲンは、北欧のパリと称される美しい街並みが広がっています。市内の建物の中には、300年以上前に建てられた古い建物も残っており、修復を重ねながら今でも大切に使われ続けています。中でも運河沿いに17~18世紀に建てられたカラフルなタウンハウスが建ち並ぶニューハウンの景観は、コペンハーゲンの象徴となっています。ニューハウンは、17世紀に国王クリスチャン5世によって築かれた港で、かつては商人や船乗りたちが集う歓楽街でした。現在は建物が修復・改装され、オープンカフェやレストラン、ショップが軒を連ねるコペンハーゲン随一の観光スポットとして生まれ変わっています。

今なお、多くの人々を魅了し続けるニューハウンですが、デンマーク出身の童話作家アンデルセンもニューハウンを愛した一人。彼は、20番地、67番地、18番地の3つのタウンハウスに住み替えをしながら長年ニューハウンで暮らし、数々の名作を生み出しました。アンデルセンが暮らしたこれらのタウンハウスは今でも残っています。アンデルセンに創作のインスピレーションを与え、どこを切り取っても絵になるニューハウンの景観は、コペンハーゲンの旅の思い出に深く刻まれることでしょう。

ボートで巡るコペンハーゲンの運河
コペンハーゲンの運河を巡るツアーボート

運河が張り巡らされたコペンハーゲンでは、ボートで巡る運河ツアーも人気のアトラクション。水上から眺めるコペンハーゲンの街並みは一味違った趣が感じられます。運河ツアーは、ニューハウンもしくはクリスチャンスボー城前のガンメル・ストランドから発着しています。

約1時間の運河ツアーでは、アマリエンボー宮殿やオペラハウス、カステレット、人魚姫の像、王立図書館(通称ブラック・ダイヤモンド)などコペンハーゲンの新旧の観光名所を一度に見て回ることができます。運河ツアーは、ガイド付きなので、各スポットの解説を聞くことができ、見逃す心配もありません。

オランダ人によって運河が築かれ、かつては商業の要として栄えたクリスチャンハウン地区は、細い運河に小型のボートが多く停泊し、運河沿いには18世紀の古い建物も見られます。手が届きそうな低い橋の下を通り抜けたり、地元の人々の暮らしぶりを垣間見ることができたりと、観光名所だけでないコペンハーゲンの素顔にも出会えます。

この他、運河ではホップオン・ホップオフボートや水上バスも運行されています。ホップオン・ホップオフボートなら、ルート上にある停泊所のどこでも乗り降り自由。途中気になる場所で降りたり、歩き疲れたらボートに乗ることができ便利です。水上バスは、市民の足として利用されるボートですが、市内移動の際に利用すれば、運河ツアーに参加しなくてもプチクルーズ気分を手軽に味わえます。

誰もが楽しめるチボリ公園
チボリ公園のクリスマス・イルミネーション

メルヘンな世界が広がるチボリ公園は、1843年の開園以来、コペンハーゲンの人々の心の故郷として愛されているテーマパークです。コペンハーゲン中央駅に隣接した園内には、美しく手入れされた庭園に噴水、観覧車やローラーコースターなどの充実したアトラクション、劇場、レストラン、カフェなどの施設が充実しており、子供から大人まで1日中楽しむことができます。

ウォルト・ディズニーがディズニーランドを作る際にチボリ公園をモデルにしたというのは有名な話。また、アンデルセンもチボリ公園に足繁く通い、童話「ナイチンゲール」はここでインスピレーションを得たと言われています。

クリスマス・シーズンは、10万個以上のイルミネーションで彩られ、1年で最も華やかな時期となります。さらに、園内ではクリスマス・マーケットが開かれ、訪れた人々をクリスマスの世界へ誘います。

コペンハーゲンの目抜き通りストロイエ
両脇にショップが軒を連ねる歩行者天国のストロイエ

コンゲンス・ニュートー広場から市庁舎前広場までを結ぶ全長約1.2kmの歩行者天国ストロイエ。高級ブティックやデパートの他、ファストファッション、インテリア雑貨、スポーツブランド、土産物に至るまで様々なショップが軒を連ねる、コペンハーゲンきってのショッピングストリートです。デンマーク王室御用達の陶磁器メーカー「ロイヤルコペンハーゲン」、ジュエリーやシルバー製品を扱う「ジョージ・ジェンセン」などデンマーク生まれのブランドもここストロイエに本店を構えています。また、センスのいい北欧インテリア雑貨の「スティレビン」、コペンハーゲン発祥の雑貨店「フライング・タイガー・コペンハーゲン」、カラフルなブロックのおもちゃでお馴染み「レゴ・ストア」などもあり、デンマークらしいお土産探しにもピッタリです。

アマリエンボー宮殿と衛兵交代式
毎日正午に行われるアマリエンボー宮殿の衛兵交代式

現デンマーク王室の宮殿として利用されているアマリエンボー宮殿は、八角形の広場を囲うように外観が全く同じ4つの建物が向かい合うように建っています。その内の2つ、クリスチャン8世宮殿とクリスチャン7世宮殿は一般公開されており、内部を見学することができます。クリスチャン8世宮殿は、博物館となっていて、歴代の国王が使用していた寝室や調度品、所持品、絵画など過去150年に渡る王室の歴史に関する展示コレクションを見ることができます。クリスチャン7世宮殿は、1885年以降、迎賓館として利用されてきた宮殿で、現在も祝賀会や祭典などの公式行事で利用されていますが、それ以外の時は、ガイドツアーで宮殿内を見学することができます。

アマリエンボー宮殿の観光の目玉と言えば、毎日正午に広場で行われる衛兵交代式。交代する衛兵たちは、ローゼンボー城から出発し、アマリエンボー宮殿までブラスバンドに合わせて行進してきます。ふわふわの毛皮の帽子を被り、ピッタリと息のあった動きは、おもちゃの兵隊を連想させます。衛兵交代式は毎日行われますが、女王が不在の際は、演奏などはなく小規模なものとなります。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
選べるバス&ボートが乗り降り自由!ホップオン・ホップオフ 市内観光ツアー<48時間有効/コペンハーゲン発>-

veltra.com

出発地を選べる!運河クルーズツアー<コペンハーゲン発>1時間

veltra.com

ベストシーズン

コペンハーゲンは、四季がはっきりとしていて、観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。緯度が高いため夏季は日照時間が長く、観光に十分時間を取ることができます。沿岸を流れる暖流の影響で高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • コペンハーゲン
  • オーフス
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:55.6727, 12.5649
  • 住所:Copenhagen Central Station, 22 Reventlovsgade Ved Tivolis Hovedindgang 1577 1577 V, Bernstorffsgade 16, 1577 København, Denmark
首都
コペンハーゲン
面積
43,094 (km2)
人口
575万人 2017年
言語
デンマーク語
公用語
デンマーク語
通貨名
デンマーク・クローネ 補助通貨はオーレ ※本サイトではDKKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
TDC、Telenor、Telia、3 (Three)
最寄り空港からのアクセス方法

【コペンハーゲン空港から市内】
<電車(DSB)>
所要時間:(コペンハーゲン中央駅)約15分
料金:36DKK


参考サイト:dsb.dk


<地下鉄>
M2が空港から市内まで運行
所要時間:約15分
料金:36DKK


参考サイト:m.dk


<バス>
5Aが空港からコペンハーゲン市内中心部まで運行
所要時間:約30分
料金:36DKK


<タクシー>
メーター制
所要時間:(市内中心部)20~30分
目安料金:250~300DKK


(2018年11月現在)


最寄り空港詳細

  • コペンハーゲン空港 (CPH)