横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
キューバ

グランマ号上陸記念国立公園

(Desembarco del Granma National Park)

概要

グランマ号上陸記念国立公園は、1999年にキューバで初めてユネスコ世界自然遺産に登録されました。シエラ・マエストラ山脈の西側の斜面にあり、海岸線は石灰岩の段丘が連なる非常に独特な景観が広がっています。公園一帯に活断層が存在しており、その地形的な特徴から地質の研究対象としても重要な公園となっています。歴史的な面からみると、1956年にキューバ革命の際にフィデル・カストロがグランマ号で初めてキューバに降り立った地として有名です。ここでしか見られないカラフルなカタツムリや、樹齢500年のサボテンなどが存在します。


ベストシーズン

カリブ海ならではの亜熱帯気候で年間平均気温は25度以上あり、1年中真夏を感じることができます。気温が下がる1、2月でも最低気温は18度程度なので、上着があれば問題なく過ごすことができるでしょう。ベストシーズンは乾季の11~4月頃です。7~10月は雨季で、特に9~10月はハリケーン通過の可能性があるので注意が必要です。


  • 現地
  • ハバナ
  • トリニダード
  • サンティアゴ・デ・クーバ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:19.8479, -77.6598
  • 住所:Unnamed Road, Cuba
首都
ハバナ
面積
110,860 (km2)
人口
1,139万人 2015年
言語
スペイン語
公用語
スペイン語
通貨名
兌換ペソ 補助通貨はセント ※本サイトではCUCと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Cubacel
最寄り空港からのアクセス方法

<タクシーを利用>
グランマ号上陸記念国立公園の起点となる町Las Coloradasまで
所要時間:約4時間


最寄り空港詳細

  • アントニオ・マセオ空港 (SCU)

近隣の見所スポット