横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
トルコ

エディルネ

(Edirne)

概要

トルコはヨーロッパ側とアジア側の二大陸にまたがっていますが、エディルネは、トルコ最西端、ヨーロッパ側の国境の街です。市街中心部からギリシャ国境まで5km、ブルガリア国境まで10km。人口は約12万人です。イスタンブールから車で約2時間30分。


旧市街はブルガリア領に源流を発し、ギリシャとトルコの国境地帯を流れるメリチ川(エヴノス川、マリツァ川)が、その支流トゥンジャ川と合流する地点近くの左岸(北岸)に位置しています。


ギリシャとトルコの国境にあるエディルネは、元々ハドリアヌス帝が町造りをしたのが始まりで、当時はハドリアノポリスと呼ばれていました。オスマン時代には100年近く首都であったこともあり、18世紀にはヨーロッパの 7 大都市のひとつに数えられたほどです。いくつもの重要文化財が残り、今も昔のオスマンの雰囲気を残しています。エディルネはセミリエ・モスク(世界文化遺産)を中心に、宗教施設、橋、オールド・バザール、隊商宿、宮殿のある街自体が生きた博物館なのです。オスマン朝時代の偉大な建築家ミマール・シナンがセレミエ・モスク(世界遺産)を設計しました。シナンの銅像は街の中心に立っています。


歴史あるこの優美な都市は、トゥンジャ川とメリチ川が合流するポプラ林の平原に位置し、ヨーロッパからイスタンブールやトルコ東部の都市を訪れる観光客の出発地点ともなっています。旧市街の西を流れるトゥンジャ川の中州には、トルコの伝統競技であるヤールギュレシ(オイルレスリング)の大会が行われるクルクプナルの草原があります。


エディルネの名物料理としてレバー料理があります。これは牛のレバーを薄切りにして油でさっと揚げたレバーのフライです。また、キョフテ(ミートボール)も有名です。街中のレストランで食べることができます。また、水牛のヨーグルトもおいしく、この街で食べることができます。


エディルネは、イスタンブールからバスで約2時間半ぐらいなので、日帰りツアーがよく出ています。


おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
エディルネ日帰り観光1日

activities.his-j.com

ベストシーズン

日本と同様に四季がありますが、地中海性気候で年間を通して比較的温暖な気候です。降雨量もあまり多くないので観光には快適な気候です。特に春から秋がベストシーズンです。


  • 現地
  • アンカラ
  • イスタンブール
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:41.6818, 26.5623
  • 住所:Umurbey Mh., Saray Yolu 2-18, 22000 エディルネ トルコ
首都
アンカラ
面積
783,562km2
人口
7690万人 2014年
言語
トルコ語
公用語
トルコ語
通貨名
トルコリラ 補助通貨クルシュ ※本サイトではTRYと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Turkcell、Vodafone、avea、alldaywifi
最寄り空港からのアクセス方法

<エディルネへのアクセス>
イスタンブールの長距離バスターミナルは、ヨーロッパ側のエセンレル・オトガル(バスターミナル)、アジア側のハレム・オトガルです。エディルネ行きの高速バスはどちらのバスターミナルからも出ています。


イスタンブールの中心街からエセンレル・オトガルへは市バスを利用します。新市街のタクシム広場からオトガル行きの市バスが出ています。バスの番号は830番。


イスタンブール→エディルネ行き、おすすめバス会社はVolkan社です。 毎正時にエディルネ行きのバスを運行していて、バスの車内は広くゆったりしていて冷暖房完備。 ミネラルウォーター、温かいコーヒー、紅茶やケーキのサービスがあります。


料金:17TRY
所要時間:2時間30分(ノンストップ)


<エディルネの交通>
エディルネ・オトガルから街の中心まで約10km。0.5TRYでサービスバスがあります。 (料金は2012年現在)


最寄り空港詳細

  • テキルダー・チョルル空港 (TEQ)
  • アタトュルク国際空港 (IST)
  • サビハ・ギョクチェン国際空港 (SAW)