横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
フィンランド

スオメンリンナの要塞群

(Fortress of Suomenlinna)

概要

スオメンリンナの要塞群は、ヘルシンキ中心部からフェリーで約15分の島々に築かれた要塞です。もとは、18世紀半ば、スウェーデン王国時代に建設された海上要塞で、その後もロシア、フィンランドの重要な国防を担ってきました。現在は、島全体が公園として整備されており、全長約6kmに渡る防壁や大砲、教会、博物館など見どころが充実した人気のレジャースポットとなっています。スオメンリンナの要塞群は、1991年には、ユネスコの世界遺産に登録されました。


公式サイト:suomenlinna.fi


見所ポイント

大国に翻弄された世界遺産スオメンリンナの要塞
のどかな雰囲気が漂うスオメンリンナ

スオメンリンナの要塞は、6つの島の上に建設されており、その内4つの島は橋で繋がっています。ロシアの攻撃に備えて防衛を強化するために、スウェーデン軍の司令官アウグスティン・エーレンスヴァルドの指揮のもと、1748年に建設が開始され、40年の歳月をかけて完成しました。その後、1808年にロシア軍に占領され、以降110年に渡りロシアの要塞として利用されました。建設当時はスウェーデン語でスウェーデンの城塞という意味の「スヴェアボリ」と命名されましたが、フィンランド独立後の1918年にフィンランド語でフィンランドの城塞という意味である「スオメンリンナ」へ改名されました。
スオメンリンナは、スウェーデンにとっては、対ロシアの防衛として、ロシアにとっては、ヨーロッパ進出の玄関口として、それぞれの戦略的要衝だったため、幾度となく領土争いに翻弄されてきました。複雑な歴史の爪痕を残すスオメンリンナですが、現在はのどかな雰囲気が漂うレジャースポットとして、観光客だけでなく、ヘルシンキ市民の憩いの場にもなっています。特に緑が美しく過ごしやすい夏は、スオメンリンナに訪れるのに絶好のシーズンです。スオメンリンナ発のフェリーは、深夜2時まで運行しており、ゆっくりとディナータイムや夜の散策を楽しんだ後、ヘルシンキ市内に戻ることができます。

見どころが充実したスオメンリンナの散策
ロシア時代に設置された大砲

スオメンリンナにはたくさんの見どころがありますが、島内は徒歩で見てまわることができ、ピクニックや散策、ジョギングコースとしても親しまれています。島の北部のフェリーの船着き場から南のキングス・ゲートまでを南北に約1.5kmのブルールートと呼ばれるメインの通りが貫いています。ブルールートは、青色の案内標識で方向が示されており、このブルールート周辺に主な見どころ集中しています。
防衛の際に死角ができないように造られた星形要塞の防壁や攻撃の主力であった大砲など要塞の名残は現在もありますが、美しい緑に囲まれた島内には、レストランやカフェ、教会、博物館、カラフルな木造家屋が点在し、明るく開放的な雰囲気に包まれています。島には約800人の人々が暮らしており、スオメンリンナを拠点に活動するアーティストの作品を展示販売するギャラリーや工房も点在しています。ヒュヴェ要塞にある「徳有庵」という裏千家の茶室では、茶道の練習の他、日本式の茶会(要予約)が開かれています。

クスターンミエッカとスオメンリンナのシンボル キングス・ゲート
スオメンリンナのシンボル「キングス・ゲート」

島南部のクスターンミエッカは、防壁や19世紀末にロシア軍によって設置された大砲が残っており、かつての海上防衛線の名残が最も感じられるエリアです。高台の上から防壁を見下ろすと、星形要塞の形状を確認することができます。要塞に造られたトンネルも一般開放されており今では子供たちの遊び場となっています。
キングス・ゲート(王の門)は、1753年~1754年にかけてスオメンリンナ要塞の入口として建設された門で、現在もスオメンリンナを象徴する場所となっています。1752年にスウェーデン国王アドルフ・フレドリクが要塞の視察に訪れた際に船が到着した場所であることがキングス・ゲートの名前の由来となっています。キングス・ゲート前の海峡は、ヘルシンキに発着するクルーズ船の通過地点にもなっていて、運が良ければ、大型客船が目の前を通り過ぎていく姿を見ることもできます。数kmに渡る防壁や塹壕などの要塞の遺構には、柵が設けられていないところが多いため、散策の際には足を踏み外さないようにご注意下さいね。

スオメンリンナ教会
灯台の役割を持スオメンリンナ教会

島の北部にあるスオメンリンナ教会は、ロシア占領下時代の1854年にロシア正教の駐屯地教会として建設され、5つの尖塔に玉ねぎ型のドームがありました。しかし、フィンランド独立後に福音ルーテル派の教会となり、建物は改修され、尖塔も現在の四角形の塔へと改修されました。スオメンリンナ教会の尖塔は、航空と海上交通用の灯台としての役割を持っており、今でも現役で稼働しています。内部は、装飾のほとんどないシンプルな内装ですが、天窓や側面の窓から自然光が差し込むと静謐な空気に包まれます。また、スオメンリンナ教会は、結婚式やコンサートなど大小様々なイベント会場としても利用されています。

スオメンリンナの歴史や文化に触れられる博物館
内部が一般公開されている潜水艦ヴェシッコ

島内には、要塞の建設やスオメンリンナの生活について紹介するスオメンリンナ博物館をはじめ、フィンランド軍の歴史に関する展示が見られる軍事博物館マネーシ、司令官の邸宅だった建物を改装したエーレンスヴァルド博物館、19世紀初頭から1960年代までのおもちゃが展示されたおもちゃ博物館、かつて刑務所として利用されていた建物で、通関や密輸の歴史について展示した税関博物館、第2次世界大戦中に活躍したフィンランドの潜水艦ヴェシッコの6つの博物館があります。スオメンリンナ博物館と軍事博物館マネーシは、通年で営業していますが、その他の博物館は基本的に夏季のみの営業となります。また、博物館以外の施設も通年営業している場所と夏季のみ営業している場所があり、営業時間も季節により異なるので、訪れたい施設がある場合は、事前にウェブサイトなどでチェックしておくことをオススメします。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
2階建てボートで行く ヘルシンキボートツアー<5月~9月/ヘルシンキ発>2時間

veltra.com

ヘルシンキ入門編☆トラムと徒歩で行く市内観光ツアー<月~土/ヘルシンキ発>3時間

veltra.com

ベストシーズン

ヘルシンキの観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。緯度が高いため夏季の日照時間が長く、観光に十分な時間をとることができます。夏でも朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。メキシコ湾流の影響で高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ヘルシンキ
  • ロヴァニエミ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:60.1449, 24.9873
  • 住所:Susisaaren silta, 00190 Helsinki, Finland
首都
ヘルシンキ
面積
338,400 (km2)
人口
550万人 2017年
言語
フィンランド語、スウェーデン語
公用語
フィンランド語、スウェーデン語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telia、Elisa、DNA
最寄り空港からのアクセス方法

【ヴァンター国際空港からヘルシンキ市内】
<電車>
I、Pの電車に乗車(ヘルシンキ中央駅まで)
所要時間:約30分
料金:5EUR


<空港バス(Finnair City Bus)>
ヘルシンキ中央駅まで
所要時間:約30分
料金:6.90EUR


参考サイト:pohjolanliikenne.fi


<路線バス>
415、615番バスがヘルシンキ中央駅、415番バスがハカニエミマーケットまで運行
所要時間:約45分
料金:5EUR
※車内購入は5.50EUR


参考サイト:hsl.fi


<タクシー>
所要時間:約30分
目安料金:40~45EUR


【ヘルシンキ市内からのアクセス】
マーケット広場からスオメンリンナ行きのフェリーに乗車
所要時間:15~20分


※夏季は、JT-LINEの水上バスも運行
(2018年9月現在)


最寄り空港詳細

  • ヘルシンキ・ヴァンター国際空港 (HEL)