横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
スウェーデン

ハイ・コースト(スウェーデン)

(High Coast of Sweden)

概要

バルト海北部のボスニア湾沿岸に広がるスウェーデンのハイ・コーストは、氷河の浸食や後退によって形成された丘陵など変化に富んだ地形が見られる場所です。地球上で最も顕著に地表の隆起が起こっている場所として、2000年にユネスコの世界遺産に登録されました。さらに2006年にはフィンランドのクヴァルケン群島が加えられ、登録地域が拡大されました。ハイ・コースト周辺ではアウトドア・アクティビティが盛んで、美しい自然景観は多くの旅行者を惹きつけています。


参考サイト:hogakusten.com


見所ポイント

地殻変動が活発な世界遺産ハイ・コースト/クヴァルケン群島
国立公園内にある切り立った断崖Slåttdalsskrevan

スカンジナビア半島は、氷河期には重く巨大な氷床に覆われていました。氷河期が終わり、氷床が溶け、後退するに従い、地表にのしかかっていた氷床の圧力は軽減され、氷に覆われていた土地は隆起(リバウンド現象)し始めました。地球では、今でも土地の隆起などの地殻変動は少しずつ続いていますが、特にボスニア湾沿岸のスウェーデンのハイ・コーストとノルウェーのクヴァルケン群島では、年間平均約1cmという速さで土地の隆起が観測されており、アイソスタシー(上部マントルにかかる地殻の荷重と地殻に働く浮力が均衡を保つという説)研究をはじめ地質学的にも注目を集めています。
2000年の世界遺産の登録時には、ハイ・コーストのみでしたが、その後2006年に対岸フィンランドのクヴァルケン群島も同様の現象が観測されているため拡大登録され、現在は「ハイ・コースト/クヴァルケン群島」としてスウェーデンとフィンランドの2か国にまたがる世界遺産となっています。

スウェーデン屈指の絶景スポット
風光明媚なハイ・コーストの眺め

ハイ・コースト(スウェーデン語でヘーガ・クステン)は、スウェーデンのヴェステルノールランド県の沿岸部一帯の地域です。ハイ・コーストは、高い海岸という名の通り、屹立した断崖とともに、多くの入り江や湖、渓谷、島々など複雑で変化に富んだ美しい自然景観が特徴となっています。これらの風光明媚な景観は、氷河の浸食や後退により形成されたもの。2016年にスウェーデン自然保全協会が行った一般市民の投票では、ハイ・コーストがスウェーデンで最も美しい自然エリアに選ばれました。
ハイ・コーストでは、ハイキングやカヤック、釣り、アルペンスキー、スノーシュー、キャンプなどのアウトドア・アクティビティが盛んです。1年を通して多くの旅行者が訪れており、スウェーデン国内だけでなく、ドイツやオランダ、フィンランドなど国外からの旅行者も多く、ヨーロッパでは人気上昇中のネイチャースポットとなっています。ハイ・コーストには、見どころが広範囲に点在しているので、途中で気になる場所に立ち寄りながらのんびりドライブを楽しむのもオススメです。

ハイ・コーストの自然を満喫するハイキング
1997年に開通したハイ・コースト橋

ハイ・コーストは、何と言っても豊かな自然が最大の魅力です。南部ハイ・コースト橋(Högakustenbron)から北部エルンシェルツビク(Örnsköldsvik)の間には、約130kmに渡りハイ・コースト・トレイルが敷かれており、深い森林地帯、丘陵や切り立った崖、草原、砂浜のビーチ、漁村や小さな村落など変化に富んだ景色を眺めながらのハイキングが人気のアクティビティとなっています。トレイルは、13の区間に分かれています。距離や難易度がそれぞれ異なるので、旅行期間や体力に応じて途中区間のみのハイキングを楽しむこともできます。トレイルの途中には道案内の標識が設置されていますが、脇道も多くあるので、途中で見落として迷子にならないように注意が必要です。トレイル沿いにある避難小屋は、誰でも自由に利用することできます。
ハイキング・トレイルの1区間目の起点となるハイ・コースト橋は、ヘーノサンド市北部のオンゲルマン川河口付近に架かる全長1,867mのスウェーデン屈指の長さを誇る吊り橋です。橋のたもとのサービスエリアは、橋の全景を眺めることができる絶好のビュースポットとなっています。アクセスは、レンタカーなど車が便利ですが、公共バスで行くことも可能です。
ハイ・コーストには、この他にも美しいビーチや湖が点在しており、設備の整ったキャンプ場や宿泊施設も多くあります。夏季には海水浴やキャンプなどアウトドア・レジャーを満喫する人々で賑わっています。

ハイ・コーストの観光の中心地スクーレスコーゲン国立公園
スクーレ山の麓にあるビジターセンター

ハイ・コーストのアウトドア・アクティビティや観光の中心となるのが、スクーレスコーゲン(Skuleskogen)国立公園。E4号線沿いにそびえるスクーレ山(Skuleberget)は、地殻の隆起によってできた岩山で、ハイキングやマウンテンバイク、ロッククライミングなどのアクティビティのメッカです。スクーレ山の頂上からは、ハイ・コーストの丘陵や海岸線、その先に浮かぶ島々まで見渡すことができます。
スクーレ山の麓にはビジターセンター「naturum」があり、スクーレスコーゲン国立公園やハイ・コーストの見どころに関する情報を提供しています。また、ハイ・コーストの地形がどのようにして生まれたかや地形の変遷について、展示物や映像を通して学ぶことができるので、観光前に立ち寄っておくのがオススメです。ビジターセンターでは、園内のガイドツアーも行われており、ハイキングやバードウォッチングなど様々なプログラムが用意されています。
スクーレスコーゲン国立公園は、自然に丸くなった石がゴロゴロと転がっている大地、氷河の浸食で削られた垂直の断崖、森林地帯、草原、小川や湖などハイ・コーストの特徴的な自然景観が凝縮されています。次々と変化する景色は、訪れる人々を魅了し続けています。

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。緯度が高いため夏季の日照時間が長く、観光に十分な時間をとることができます。夏でも朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ストックホルム
  • ヨーテボリ
  • エステルスンド
  • キルナ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:63.0694, 18.3571
  • 住所:E4, 870 33 Docksta, Sweden
首都
ストックホルム
面積
450,295 (km2)
人口
1000万人 2016年
言語
スウェーデン語
公用語
スウェーデン語
通貨名
スウェーデン・クローナ ※本サイトではSEKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telia、Tele2、Telenor、Three
最寄り空港からのアクセス方法

【スンズヴァル空港からのアクセス】
タクシーやレンタカーでE4号線を北上。


所要時間:(ハイ・コースト橋)約1時間
(スクーレスコーゲン国立公園)約1.5時間


最寄り空港詳細

  • スンズヴァル空港 (SDL)