横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
エストニア

タリン歴史地区(旧市街)

(Historic Centre (Old Town) of Tallinn)

概要

かつてバルト海沿岸の交易拠点として栄えた中世の面影を残すエストニアの首都タリン。トームペア城のある丘とその麓に広がるタリンの旧市街は、商館や教会など13世紀から18世紀にかけて建てられた多くの歴史的建造物が良好な状態で保存されており、1997年に旧市街全体がタリン歴史地区としてユネスコの世界遺産に登録されました。ハンザ同盟都市特有のカラフルな建物と城塞都市の堅牢な石造建築が混在しながら、全体的に独特の調和を見せており、その美しい町並みは訪れる人々を魅了しています。


見所ポイント

中世の面影が色濃く残るタリンの旧市街
旧市街のシンボルとなっているヴィル門

タリンは、「デンマーク人の町(Taani-linn)」というエストニア語が語源となっており(諸説あり)、13世紀初頭に戦略的要衝として、十字軍を率いてこの地を侵攻したデンマーク王が、トームペアの丘の上に城を築いたのが町の名前の由来とされています。その後、ハンザ同盟都市となり、バルト海沿岸の貿易で町は大きく発展しました。16世紀以降は、スウェーデンやロシアなど周辺の大国に翻弄される激動の時代が続きましたが、タリンの旧市街は中世からの建造物や町並みが良好な状態で保存されており、1997年にユネスコの世界遺産に登録されました。

城壁に囲まれた旧市街は、かつて繁栄を極めた中世のハンザ同盟都市の面影を色濃く残しており、石畳みの小道を歩いているだけで古の時代にタイムスリップしたような感覚を味わえます。

タリンの町を見守ってきたトームペアの丘
歴史的建造物が建ち並ぶトームペアの丘

タリンの旧市街は、大きく分けて丘の上と丘の麓の下町の2つのエリアからなっています。石灰岩でできたトームペアの丘の上には、トームペア城をはじめ、13世紀に起源を持つルーテル派の聖母マリア大聖堂、帝政ロシア時代に建設されたロシア正教会のアレクサンドル・ネフスキー聖堂などこの町の複雑な歴史を象徴する建物が建ち並んでいます。

町全体を見下ろすように建つトームペア城は、13世紀の創建以来、何世紀にも渡り増改築が繰り返されてきました。また、歴代の支配者の拠点として利用され、権力の象徴として見なされてきました。南西の角にある「のっぽのヘルマン」と呼ばれる高さ約46mの塔は、15世紀の建設当時の姿のまま残されています。塔の上には、各時代の支配者の旗が掲げられてきましたが、現在はエストニアの国旗が掲げられ、20世紀末に独立を果たしたエストニアの象徴となっています。現在、国会議事堂として使用されているトームペア城の内部はガイドツアーでのみ見学することができます。英語のガイドツアーは毎週金曜11:00から開催されており、無料で参加できるのでタイミング合えば参加してみるとよいでしょう。

観光拠点となるラエコヤ広場
ラエコヤ広場と旧市庁舎

ラエコヤ(市庁舎)広場は、タリンの旧市街の中心に位置する広場で、旧市街の散策の拠点となる場所です。長い歴史の中で、この広場は、市場や集会所、さらに公開処刑の場など様々な用途で使用されてきました。ラエコヤ広場は、カラフルな美しい建物に囲まれおり、夏には、広場にレストランやカフェのテラス席が並び、食事やティータイムを楽しむ人々で賑わっています。また、一年を通してコンサートやマーケットなど様々なイベントが開かれています。クリスマスシーズンには、クリスマスマーケットが開かれ、華やかな雰囲気を味わえ、1441年から毎年飾られている大きなクリスマスツリーは名物となっています。

広場の南側にはゴシック様式の旧市庁舎が建っています。1402年から1404年にかけて建設されたこの建物は、北欧最古のゴシック様式の市庁舎と言われています。高さ64mの尖塔の先端には、監視兵の風見が設置されており、「トーマスじいさん」の名で市民に親しまれています。広場の北東の角にある市庁舎薬局は、遅くとも1422年には創業されていた歴史ある薬局で、現在も同じ場所で営業されています。併設の展示室では、17世紀から20世紀の調合器具や薬などが展示されています。

教会美術に特化したニグリステ博物館(聖ニコラス教会)
1980年代に再建された聖ニコラス教会

ラエコヤ広場の南西、二グリステ通り沿いにある聖ニコラス教会は、13世紀にドイツ人商人により創建された教会ですが、第2次世界大戦で爆撃の被害に遭い、1980年代に再建されました。現在は、エストニア美術館の分館「二グリステ博物館」となっており、かつて聖ニコラス教会にあった美術品を中心に中世から近世までの祭壇画や彫刻、墓碑、燭台やシャンデリア、銀製品などの教会美術作品が展示されています。数ある作品の中でも特に有名なのが、15世紀にバーント・ノトケによって描かれた美しくも奇妙な「死の舞踏」。全長7mにも及ぶ大作で聖ニコラス教会の見どころの一つとなっています。また、毎週土曜と日曜の16時からはオルガンコンサートが開かれており、美しい音色を聴くことができます。

タリンの城壁
塔の広場から見た城壁と塔

タリンでは、町の発展と共に徐々に堅牢な城壁が築かれ、16世紀の最盛期には全長2.4km、高さ約15m、厚さ3mの壁と46の防衛塔で町を守っていました。現在でもタリンには約1.9kmの城壁と20の防衛塔が残されており、塔の多くは博物館として利用されています。旧市街の西側の城壁の一部は上がることができます。城壁の外側にある「塔の広場」は、間近で城壁や塔が見られ、絶好の撮影スポットになっています。塔の広場は、芝生や植物が植えられた美しい公園として整備されており、毎年夏にはタリン国際フラワー・フェスティバルが開催されています。

ふとっちょマルガレータの塔
北側の入口に建つふとっちょマルガレータの塔

現存する塔の中でも特に存在感があるのが、城壁の北側の入口の守りを固めていた砲塔。16世紀に建造されたこの塔は、直径約25m、高さ約20m、壁の厚さは最大で5mにも及びます。「ふとっちょマルガレータ」の愛称で親しまれており、まさにそのどっしりとした形状を表しています。ふとっちょのマルガレータは、長い歴史の中で、武器庫や刑務所などとして使用されていた時期もありましたが、現在は、海洋博物館として利用されており、先史時代の漁の道具から1950年代のトロール船など航海の歴史に関する展示が行われています。また、この塔の屋上には上ることができ、タリンの旧市街や港を見晴らすことができます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【プライベートツアー】エストニア首都 世界遺産タリン市内観光<車(1H)+ガイド貸切/午前・午後/タリン発>3時間

veltra.com

世界遺産タリン歴史地区 半日徒歩観光ツアー<タリン発>2〜3時間

veltra.com

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。夏季は日照時間が長く、23時頃まで明るいので、観光に十分な時間をとることができます。ただし朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。メキシコ湾流の影響で高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • タリン
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:59.4370, 24.7446
  • 住所:Kullassepa 2, 10123 Tallinn, Estonia
首都
タリン
面積
45,228 (km2)
人口
132万人 2018年
言語
エストニア語、ロシア語
公用語
エストニア語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telia、Elisa、Tele2
最寄り空港からのアクセス方法

【タリン空港からタリン市内】
<トラム>
4番トラムが市内中心部まで運行
所要時間:(市内中心部)15~20分
料金:2EUR


<バス>
2番バスが市内中心部まで運行
所要時間:(市内中心部)15~20分
料金:2EUR


※バス、トラムはチャージ式のスマートカード利用時は割引あり


トラム・バス時刻表:transport.tallinn.ee


<タクシー>
所要時間:(市内中心部)10~15分
目安料金:10~15EUR


(2019年6月現在)


最寄り空港詳細

  • タリン空港 (TLL)