横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
モロッコ

古都メクネス

(Historic City of Meknes)

概要

メクネスは、首都ラバトとフェズの間に位置する都市でフェズ、マラケシュ、ラバトと並ぶモロッコの4大古都の一つです。17世紀から18世紀にかけて、アラウィー朝のスルタン・イスマイルの治世下では首都が置かれ、この時の都市計画で城壁に囲まれたメクネスの町は、イスラムとヨーロッパの様式が融合した都市へと大きく改造されました。現在もその当時の調和の取れた街並みが保存されており、1996年には旧市街全体が「古都メクネス」としてユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

イスラムとヨーロッパの様式が融合した古都メクネス
風の道の入口となるリフ門

メクネスは、首都ラバトから東に130km、フェズから西60kmに位置するモロッコの古都です。古くは、9世紀頃からベルベル人が定住をはじめ、11世紀のムラービト朝時代には軍事要塞が築かれました。現在まで続くアラウィー朝の2代目スルタン・ムーレイ・イスマイルの治世下の17世紀後半から18世紀前半にかけてはメクネスに首都が置かれ、この時に町は大きく発展し、最盛期を迎えました。ヨーロッパとの外交関係に力を入れ、特にフランス国王ルイ14世と良好な関係を築いていたイスマイルは、ヴェルサイユを理想とするヨーロッパの様式を取り入れた都市計画で、メクネスを政治や軍事・宗教の中心都市とするべく、古い建物を壊し、ヨーロッパとイスラムの様式が融合したムーア様式の建築物を次々と建設し、大改修を行いました。しかし、イスマイルは、町の完成を見届けることなく亡くなり、彼の死後、メクネスは首都の地位を失い、そのまま衰退の一途を辿ることとなりました。イスマイルの治世下で建設された建造物は現在も保存されており、メクセスのかつての栄華をうかがい知ることができます。

メクネスのシンボル「マンスール門」
華やかなモザイクタイルで彩られたマンスール門

メクネスのシンボルとなっているのが、かつての王都の玄関口となるマンスール門です。この門は、イスマイルの命で建てられた最後の建造物で、彼の死から5年後の1732年に完成しました。マンスールとは、アラビア語で勝利者という意味を持ち、キリスト教からイスラム教に改宗したこの門の設計を手掛けた建築家マンスールの名前に由来しています。

馬蹄型のアーチの周りにはグリーンを基調とした幾何学模様を描いたモザイクタイルや彫刻装飾が施された壮麗な門で、北アフリカで最も美しい門と称されています。また、近郊のヴォルビリスのローマ遺跡の大理石の柱やマラケシュのエル・バディ宮殿のコリント式の柱などモロッコを代表する建造物の一部も建材として使用されました。

マンスール門のすぐ近くには、かつてキリスト教の捕虜を含む囚人や奴隷が収容されたカラ(Kara)と呼ばれる地下刑務所があります。ここには最大で6万人も収容され、囚人や奴隷たちはイスマイルの壮大な都の建設において労働を課せられたと言われています。

壮麗なムーレイ・イスマイル廟
ムーレイ・イスマイル廟のインテリア

メクネスで最も素晴らしい建築物の一つであるムーレイ・イスマイル廟は、その名の通りイスマイルが眠る霊廟で、モロッコにおいてイスラム教徒以外でも中に入ることができる貴重なスポットとなっています。床や壁を覆うモザイク、繊細な漆喰や木製の彫刻装飾、噴水、シャンデリアなど豪華に飾られたインテリアの美しさは見事です。非イスラム教徒はイスマイルの墓に近づくことはできませんが、壮麗なイスラム建築のインテリアは十分に堪能することができます。

イスマイル廟近くのリフ門の先は、「風の道」と言われる通りで、両側を高い壁に覆われており、その名の通り心地よい風が通り抜けていきます。この道をまっすぐ進むと右側にかつての王宮があります。

かつての栄華を物語る壮大な建築物の数々
かつての厩舎遺跡

メクネスが首都として機能したのはわずか半世紀ほどでしたが、その間にイスマイルが建設した多くの建造物は今も残っています。高く頑丈な城壁に囲まれたメクネスには、12,000頭の馬のための厩舎や20年分もの食糧が蓄えられる穀物貯蔵庫、巨大な貯水池が作られました。厚い壁と地下を流れる水で、貯蔵庫の内部は一年を通して一定温度に保つことができたと言われています。厩舎や穀物貯蔵庫は、現在は遺跡となっていますが、その大きさからイスマイルが目指そうとした都がいかに壮大だったかを感じ取ることができます。穀物貯蔵庫の前にある貯水池には今も水が湛えられており、周辺は遊歩道が整備され、地元の人々に憩いの場となっています。

同じ古都でも喧騒に満ちたフェズやマラケシュとは異なり、メクネスは訪れる人々を優しく包み込むようなゆったりと落ち着いた空気が流れており、のんびりと観光を楽しむことができます。

エディム広場とダール・ジャマイ博物館
メクネスの観光の拠点となるエディム広場

マンスール門の北側には、メクネスの観光の拠点となるエディム広場があります。エディム広場は、マラケシュのジャマ・エル・フナ広場をコンパクトにしたような雰囲気を持つ広場で、夕方になると、屋台やストリート・パフォーマーが集まり、賑やかになります。広場の周りには、屋上のテラス席からメクネスの街並みを眺められるカフェやレストランもあり、食事や休憩にオススメです。

エディム広場に面して建つダール・ジャマイ博物館は、元は19世紀後半に裕福なジャマイ家の邸宅として建てられた建物でしたが、1920年から博物館として使用されるようになりました。この博物館では、陶器やジュエリー、衣装、真鍮細工などモロッコの伝統工芸品のコレクションが展示されています。また、豪華な調度品に彩られたかつての邸宅のインテリアも再現されており、華やかなタイル装飾が施された壁面や柱、隙間なく装飾が施されたドーム天井も必見です。

マリーン朝を代表する建築物「ブー・イナーニーヤ・マドラサ」
ブー・イナーニーヤ・マドラサの中庭

細い路地が入り組んだメクネスのメディナの見どころの一つとなっているのが、ブー・イナーニーヤ・マドラサ。マドラサとは、イスラムの学校のこと。このマドラサは、マリーン朝のスルタン、アブー・アルハサン・アリーにより建設が開始され、息子のアブー・イナーン・ファーリスの時代の1345年に完成しました。建物の中央には、中庭があり、中庭を囲うように教室や礼拝堂、生徒や教師の宿舎の部屋が配置されています。中庭の床や柱はカラフルなモザイクタイルに覆われ、壁一面には、漆喰や木製の精巧な彫刻装飾が隙間なく施されており、息を呑む美しさ。中世のイスラムにタイムスリップしたような気分を味わうことができます。フェズにもアブー・イナーン・ファーリスにより建設された同名のマドラサがあり、モロッコの重要なイスラム教施設であるとともに人気の観光スポットとなっています。

ブー・イナーニーヤ・マドラサの向かい側には、グランド・モスクがり、グリーンのモザイク装飾が印象的なミナレットは、メクネスのランドマーク的存在となっています。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
イスラム建築の最高傑作 古都メクネスと世界遺産ヴォルビリス遺跡<1泊2日/英語ドライバー/カサブランカ発・フェズ着>2日

veltra.com

ベストシーズン

モロッコには四季がありますが、沿岸部、山間部、砂漠と変化にとんだ地形で、地域毎に気候が異なります。メクネスは、1年を通して観光を楽しめますが、ベストシーズンは、最も過ごしやすい春(4月~5月)と秋(10月)です。夏季は乾燥し、気温も高く、こまめな水分補給が必要です。冬は、実際の気温よりも体感温度は寒く感じるので、防寒対策が必要です。


  • 現地
  • ラバト
  • フェズ
  • メルズーガ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:33.8936, -5.5666
  • 住所:1 شارع السكاكين، Meknès 50050, Morocco
首都
ラバト
面積
446,550 (km2)
人口
3,522万人 2018年
言語
アラビア語、ベルベル語、フランス語
公用語
アラビア語、ベルベル語
通貨名
モロッコ・ディルハム 補助通貨はサンチーム ※本サイトではMADと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Maroc Telecom、Orange、inwiなど
最寄り空港からのアクセス方法

【フェズ=サイス空港からフェズ市内】
<タクシー>
所要時間:約30分
目安料金:120MAD


<路線バス>
空港の外のバス停から16番バスがフェズ駅(新市街)まで運行
所要時間:約40分
料金:4MAD


【フェズからメクネス】
<電車>
フェズ駅からメクネス方面行きの電車に乗車
所要時間:約30分


(2019年11月現在)


最寄り空港詳細

  • フェズ=サイス空港 (FEZ)