横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
デンマーク

イルリサット・アイスフィヨルド

(Ilulissat Icefjord)

概要

イルリサット・アイスフィヨルドは、グリーンランドの西海岸中部の町イルリサットのすぐ南側に位置し、イルリサット氷河から西側のディスコ湾に流れる全長約40kmのフィヨルドです。イルリサット氷河は、グリーンランドの氷床が海まで達する数少ない氷河の一つです。氷山に覆われたフィヨルドに氷河が崩れ落ちる光景や音は迫力満点です。氷山が生まれる瞬間の美しい自然現象と地球の気候や氷河の研究において重要な課程を示すものとして、イルリサット・アイスフィヨルドは2004年にユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

世界遺産イルリサット・アイスフィヨルドとは
中央が空洞になった芸術的な氷山

デンマークの自治領である世界最大の島グリーンランドは、北極海と大西洋の間に位置し、島の80%が氷床と万年雪に覆われていて、1万年以上前の氷河期に作られた氷が今でも残る神秘的な場所です。グリーンランド西部のイルリサット氷河(グリーンランド語ではセルメク・クジャレク)から放出される氷は、年間46立方kmにもおよび、これはグリーンランド全土から生産される氷の10%に値し、世界で最も氷の生産量が多い氷河の一つです。また、世界で最も速いスピードで流動していることでも知られており、近年では温暖化の影響もあり、1日40mというスピードで流動しています。また、アイスフィヨルドに面したイルリサット氷河のフロント部分も近年大幅に後退しており、温暖化の影響が懸念されています。

アイスフィヨルド観光の拠点の町イルリサット
ほとんどの場所から氷山を望める町イルリサット

イルリサットは、人口約5,000人のグリーンランドで3番目に大きな町で、今ではグリーンランドで最も人気のある観光地でもあります。イルリサットに暮らす原住民族のイヌイットは、伝統的にグリーンランドの大自然の中で狩猟や魚の加工業を生業としてきましが、近年は観光業が主要産業となっています。6月から9月にかけてハイシーズン中には多くの観光客が訪れ、かつて漁で活躍していた漁船は、クルーズツアーの船として利用されるようになっています。

イルリサット氷河から溶け出した水には、栄養が豊富に含まれており、大量のプランクトンや魚などが集まるため、イルリサット近海では、それらを餌にするアザラシやクジラ、野鳥などの姿もよく見られます。また、北極圏をはじめ、北の大地では観光アトラクションとして人気の犬ぞりも、グリーンランドでは重要な移動手段の一つとして利用されています。イルリサットでも多くのハスキー犬が飼育されており、至るところで目にすることができます。

イルリサットでは、町中から氷山を見ることができ、客室の窓から氷山の浮かぶ海岸を見渡せるホテルもあります。白夜の時期であれば、24時間部屋の中から近づいたり遠ざかったりする氷山を鑑賞できるのも嬉しいポイントです。

氷山の間を通り抜けるクルーズツアー
アイスフィヨルドをクルーズするボート

イルリサット・アイスフィヨルドの観光で外せないのが、氷山の間を通り抜けるディスコ湾のクルーズツアー。イルリサット氷河から崩れ落ち、海に押し出された巨大な氷の塊が、氷山となって海を漂うダイナミックな景観は圧巻です。また、ヘリコプターや小型飛行機でアイスフィヨルドを上空から眺められるツアーもあります。5月中旬から9月頃までは、ホエール・ウォッチングのサファリツアーも人気です。

国土の80%が氷や万年雪に覆われたグリーンランドに点在する町と町の間には、道路は通っておらず、船や飛行機が重要な移動手段となっています。船での移動は、氷山やクジラ、沿岸部の小さな集落などグリーンランドの雄大な自然と人々の暮らしぶりを見ることができるため、長距離クルーズも人気があります。グリーンランドの沿岸部を数日かけて航海する沿岸フェリー「Sarfaq Ittuk」は、いわゆる観光用のクルーズ客船とは異なり、地元の人々がメインで利用する大型フェリーですが、もちろん観光客も利用可能です。客室や食堂、カフェなどが完備されており、共有スペースで地元の人々と交流したり、船上から眺めるグリーランドの雄大な自然は素敵な思い出となるでしょう。

夏のイルリサット
アイスフィヨルドを望めるイルリサットのハイキングトレイル

北極圏に位置するイルリサットでは、北極圏ならではの自然を味わえ、夏は、太陽が1日中沈まない白夜、冬は太陽が1日中昇らない極夜という両極端の自然現象を体験することができます。

夏には、沿岸部の一部は緑の大地が現れ、イルリサット周辺でハイキングを楽しんだり、氷河トレッキングに挑戦することもできます。イルリサットでは、4月下旬から8月下旬まで白夜となり、5月下旬から7月下旬にかけては24時間太陽が地平線上に留まり、晴れてさえいれば真夜中の太陽と夕焼けような柔らかな光に照らされて氷山や大地がオレンジやピンクに染まる美しい光景が見られます。この時期は、24時間明るいため、深夜でもハイキングやアイスフィヨルドのセイリングなどのアウトドア・アクティビティを思う存分楽しむことができます。ハイキング・トレイルは、町の外れのスタートポイントから1km、2.7km、6.9kmと距離の異なる3つのコースが整備されていて、壮大なアイスフィヨルドを眺めながらハイキングを楽しめます。足元に目をやると、苔や花が見られ、極北の地で育つ植物の生命力の強さを感じられます。

イルリサットの冬の風物詩
冬の大地を駆け巡る犬ぞり

短い夏が終わり、9月から4月上旬にかけては、気象条件さえ整えば、オーロラを見ることができます。氷山が漂う海上に揺らめくオーロラは、幻想的で忘れられない光景となることでしょう。冬になると大地は雪に覆われ海は凍り、太陽の姿はほとんど見られなくなりますが、スノーシューでアイスフィヨルド周辺のハイキングをしたり、ハスキー犬の犬ぞりツアーなどグリーンランドならではの冬の楽しみがあります。また、オヒョウやエビが釣れる氷に穴を開けて行うアイスフィッシング体験をすることもできます。11月下旬から1月中旬までは、太陽が1日中昇らない極夜が訪れます。この時期は、太陽は昇らないものの1日中真っ暗というわけではなく、日中の数時間に薄明かりが差し、柔らかな光が真っ白の雪に覆われた大地を優しく照らし出します。

ベストシーズン

グリーンランド観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月上旬です。夏は、太陽が沈まない白夜を体験することができます。北極の気候のため夏でも10度を超えることはほとんどなく、セーターやジャケットなどの防寒着は必須です。オーロラを観測するなら8月下旬~4月上旬頃までがシーズンです。


  • 現地
  • コペンハーゲン
  • オーフス
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:69.2015, -51.1265
  • 住所:Unnamed Road, Ilulissat, Greenland
首都
コペンハーゲン
面積
43,094 (km2)
人口
575万人 2017年
言語
デンマーク語
公用語
デンマーク語
通貨名
デンマーク・クローネ 補助通貨はオーレ ※本サイトではDKKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
TDC、Telenor、Telia、3 (Three)
最寄り空港からのアクセス方法

【イルリサット空港からイルリサット市内】
<タクシー>
所要時間:約10分
目安料金:130DKK前後


※ホテルによっては送迎サービスあり


(2019年1月現在)


最寄り空港詳細

  • イルリサット空港 (JAV)