横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
トルコ

イズミール

(Izmir)

概要

一年を通して温暖で過ごしやすい気候ですが、夏になると輝く太陽と青い海、咲き誇る花、といった典型的なエーゲ海都市の景色が広がり、欧米各国から観光客が集まります。海沿いのシーフードレストランもレベルが高く、町の雰囲気もモダンです。付近にはエフェソス、ベルガマ(ペルガモン)、などの古代遺跡もあり、遺跡観光の拠点でもあります。トルコ有数の工業・商業都市であるため、他の町に比べて豊かで貧富の差がそれほど激しくなく、治安も割といいのが特徴です。


イズミールはエーゲ海沿岸の入り組んだ風光明媚な地形で知られています。エーゲ海の透明な水が打ち寄せる海岸線には、オリーブの果樹園が並び、険しい岩山と森林に囲まれたビーチや入り江が数多くあり、牧歌的な漁村が点在しています。細長い湾には多くの船やヨットが寄港します。夏は暑くても降水量が少ないのでさらっとしています。海岸沿いにはヤシに縁どられた遊歩道や並木道が伸び、山の傾斜を階段状に登るように建てられた細長い町があります。


イズミールはイスタンブールに次ぐ大きな港湾都市であり、貿易の中心地です。そのためイズミールは国際的な活気に満ちています。国際アート・フェスティバル(6~7月)や国際イズミール・フェスティバル(8~9月)の開催期間中には、イズミールの活気は最高潮に達します。


またイズミールは約5000年の歴史のある古都です。紀元前30世紀頃は、トロイと並んで西アナトリアで最も文明が栄えたところだと言われていますが、紀元前10世紀半ばには、中央アナトリアのヒッタイト帝国に支配されます。紀元前10世紀のイズミールはスミルナと呼ばれ、イオニア同盟の主要な都市の1つとなりました。古代ギリシア文学の二大英雄叙事詩「イーリヤス」や「オデュッセイア」を書いた吟遊詩人ホメロスが暮らしていたのもイズミールで、この頃がイズミールの最盛期であったと言われています。


紀元前6世紀にはペルシャ人に支配されましたが、その後リュディア人によって町が破壊され、イズミールは小さな町として存続しました。紀元前4世紀には、あのアレキサンダー大王の命令のもとにパゴス山(カディフェカレ)の斜面に新しい町が作られました。紀元前1世紀にはローマに、4世紀からは東ローマ、ビザンティン帝国に支配されイズミールは第二の繁栄期に入りました。その繁栄は11世紀のセルジュク王朝による占領まで続きます。1415年には、皇帝メフメット・チェレビのもとに、オスマン帝国に占領されました。


17世紀から19世紀にかけてはシルクロードを旅する隊商たちの交易の場、国際的な商業都市として栄えました。特に絹をヨーロッパの商人に販売して多大な利益を上げていましたので、その伝統を引き継ぐ絹市場が今も残っています。19世紀になると、オスマン帝国の欧米に対する経済的従属が深まり、港湾部がイギリス資本によって整備され、1866年にはイギリス資本による鉄道が開通しました。(イズミールからカサバ、イズミールとアイドゥン)。1888年にイズミールとアンカラを結ぶ鉄道の敷設権をドイツが獲得し1893年に開通させました


第一次世界大戦でオスマン帝国が降伏すると、1919年5月15日ギリシア軍はアナトリアに上陸し、イズミールを含む一帯を占領しました。その後、1920年8月の「セーヴル条約」で、ギリシアによるイズミール地方の領有が期限つきで認められましたが、1922年9月には「トルコ建国の父」アタテュルクの率いたトルコ軍が奪還。その前後に起こった火災でイズミールは全焼し、1923年7月のローザンヌ条約によってトルコの主権が回復されました。


イズミールの歴史を見ると、その歴史の奥深さに驚きを感じます。これだけの様々な国や民族の争いの中で、現在に至るまで5000年も何度も侵略され廃墟になり、それでも復興して生き延びてきた街。改めてこの街の美しさの奥に秘められた強さを感じずにはいられません。


<イズミール観光スポット>
・イズミール考古学博物館
・サアアットゥ・クレシ(時計塔)
・アサンソール
・ケメルアルト(バザール)
・古代アゴラ遺跡


おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
日本語プライベートツアーで行く エフェス遺跡1日ツアー(イズミール空港発着)1日

hotholiday.jp

ベストシーズン

エーゲ海性の温暖な気候で、一年のうち300日は晴天だと言われています。真夏は30度を超えるものの、カラッとしているので過ごしやすく、風がよく吹くのが特徴です。6~9月頃まで海に入れますが、夏は昼夜の温度差が10度近くあるので、真夏でも薄手の上着などがあると便利。特にベストシーズンはありませんが、観光には春から秋がいいでしょう。


  • 現地
  • アンカラ
  • イスタンブール
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:38.4188, 27.1287
  • 住所:38.41885,27.12872
首都
アンカラ
面積
783,562km2
人口
7690万人 2014年
言語
トルコ語
公用語
トルコ語
通貨名
トルコリラ 補助通貨クルシュ ※本サイトではTRYと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Turkcell、Vodafone、avea、alldaywifi
最寄り空港からのアクセス方法

<アドナン・メンデレス空港~イズミール市内>
・ハヴァシュ社のシャトルバス(空港-マーヴィシェヒル)
・電車(IZBAN)5~15間隔で運行されて、市内中心部まで約30分
・市バス(ESHOT)市中心部へは202番。海岸沿いの道を走ってジュムフリエット広場まで入るので便利。


最寄り空港詳細

  • アドナン・メンデレス空港 (ADB)
  • バルケスィル空港 (BZI)
  • ミラース=ボドルム空港 (BJV)