横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ポーランド

カルヴァリア・ゼブジドフスカ: マニエリスム建築と公園が織りなす景観及び巡礼公園

(Kalwaria Zebrzydowska: the Mannerist Architectural and Park Landscape Complex and Pilgrimage Park)

概要

ポーランド南部に位置する小さな町カルヴァリア・ゼブジドフスカ。ここは、17世紀初頭、クラクフの知事だったミコワイ・ゼブジドフスキが丘陵地帯にキリスト受難の丘ゴルゴタ(ラテン語でカルヴァリア)に見立てた礼拝堂群を建て始めたことが始まりで、名前もそのことに由来しています。その後、ポーランド各地から巡礼者が訪れるようになりました。これらの建造物群が残る広大なエリアは、カルヴァリア・ゼブジドフスカ公園として整備され、自然景観とマニエリスム建築が融合した文化的景観が評価され1999年にユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

ポーランド随一の巡礼地カルヴァリア・ゼブジドフスカ
バロック様式で改築された修道院

カルヴァリア・ゼブジドフスカは、クラクフから南西に約40km、なだらかな丘陵地帯に位置するのどかな田舎町です。エルサレムを模した巡礼公園(カルヴァリア・ゼブジドフスカ公園)は、ポーランド有数のカトリックの巡礼地となっており、ユネスコの世界遺産に登録されています。クラクフからバスで1時間程度なので、日帰りで訪れることができます。

カルヴァリア・ゼブジドフスカ公園は、17世紀初頭、クラクフの知事だったミコワイ・ゼブジドフスキが、イタリア人建築家ジョヴァンニ・マリア・ベルナルドーニとフランドル出身の建築家ポール・ボダールの計画に基づき、一家の礼拝所として修道院とともに聖十字架礼拝堂を建てたことに始まります。その後、エルサレムとこの地の地形に共通点があることを見出し、エルサレムイエス・キリストが歩んだ受難の道に倣った礼拝堂群を建てるという大掛かりな計画へと発展し、ポール・ボダールの設計により次々と礼拝堂が建設されました。ミコワイ・ゼブジドフスキの死後も息子のヤン・ゼブジドフスキに引き継がれ、礼拝堂の建設は続けられました。

中央ヨーロッパの豊かな自然景観の中に、キリスト受難のエルサレムの都市景観を象徴的に再現したこの地は、その後ポーランドの中でも重要な巡礼地の一つとなり、修道院は増改築が繰り返され、聖堂や巡礼者の宿泊施設などを含む大規模な複合施設へとなりました。今でもカルヴァリア・ゼブジドフスカには、多くの巡礼者が訪れており、特に日曜日にはミサに出席する人々の姿が多く見られます。

美しい装飾に彩られた聖堂
華やかな装飾で飾られた聖堂内部

カルヴァリア・ゼブジドフスカの1番の見どころとなるのが、丘の上にそびえる後期バロック様式の修道院。カルヴァリア・ゼブジドフスカのバスターミナルからは、自然に囲まれたのどかな田舎道を徒歩で20分ほど。様々な施設からなる修道院の中でも特に聖堂内部は素晴らしく、フレスコ画や絵画、マニエリスムの装飾で彩られた華やかな空間は目を見張るものがあります。17世紀中頃の拡張工事の際に新たに造られた礼拝堂は、奇跡の絵画と称される「カルヴァリアの聖母」が祭壇に飾られています。この礼拝堂は、カルヴァリア・ゼブジドフスカの中でも最も美しい礼拝堂の一つに数えられており、優美な彫刻装飾やフレスコ画で彩られたドーム天井などのインテリアにも注目したいところ。礼拝堂の裏手には、回廊に囲まれた中庭があります。その先には、売店やレストラン、宿泊施設が集まる広場があり、休憩スポットとして利用できます。

2005年に亡くなった第264代ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は、この近くの町ヴァドヴィツェ(Wadowice)の出身で、生前ヴァドヴィツェとともにカルヴァリア・ゼブジドフスカもよく訪れていたと言われています。修道院前の広場には、ヨハネ・パウロ2世像が建てられています。

巡礼路(カルヴァリアの道)の散策
自然の中に点在する礼拝堂

カルヴァリア・ゼブジドフスカ公園には、敷地内に点在する礼拝堂や建造物群を縫うように全長約6kmの巡礼路が整備されています。ルート上には標識が設置されており、ピラトの宮殿、イエス・キリストの墳墓、イエス・キリストの捕縛、アンナの屋敷、カイアファの屋敷、ヘロデの宮殿、マリアの墓、イエス・キリストの昇天、最後の晩餐、東門、西門、キドロン川の橋など十字架を背負って受難の道(十字架の道)を歩んだイエス・キリストにまつわる場面を象徴した礼拝堂や建造物が建てられています。この巡礼路は、修道院を起点に約4時間かけて歩いて巡ることができます。自然と人工的な建造物が見事に調和し、気品に満ちた文化的景観は評判が高く、訪れる人々を魅了し続けています。時間に余裕があれば、修道院だけでなく、ハイキングがてらのんびりと美しい景観を眺めながら巡礼路を散策してみるのもオススメです。

因みに、復活祭シーズンは、イエス・キリストが十字架を背負ってゴルゴタの丘を登って行く場面を再現した受難劇や受難行進が行われ、この時期だけで10万人もの人々がカルヴァリア・ゼブジドフスカに祈りを捧げに訪れています。

ヨハネ・パウロ2世の生誕地ヴァドヴィツェ
広場に面して建つ大聖堂とヨハネ・パウロ2世博物館(右)

カルヴァリア・ゼブジドフスカから西に約15kmの場所には、ヨハネ・パウロ2世の生誕地ヴァドヴィツェがあります。バスで20~30分ほどの距離なので、カルヴァリア・ゼブジドフスカと合わせて訪れるのもオススメです。町の中心にあるマーケット広場の一角には、ヨハネ・パウロ2世(本名カロル・ユゼフ・ヴォイティワ)の生家があり、現在は博物館として一般公開されています。館内は、写真やパネル、所持品などが展示され、ヨハネ・パウロ2世の足跡を辿ることができます。ヴォイティワ家のかつての暮らしを再現したキッチン、リビングルーム、ベッドルームなどの部屋は見どころの一つとなっています。

博物館に隣には、15世紀にまで歴史を遡る大聖堂があります。現在見られるバロック様式の建物は、18世紀末に再建されたもの。ここは、ヨハネ・パウロ2世が洗礼を受けた教会で、その時に使用された洗礼盤が置かれています。また、ヨハネ・パウロ2世を祀る祭壇には、彼の聖遺物が安置されています。

ヴァドヴィツェは、ヨハネ・パウロ2世がかつてよく食べていたというパイ生地でクリームをたっぷりはさんだクレムフカというケーキが有名。町のカフェやレストランなど至るところで食べられるので、訪れた際はぜひ試してみて下さいね。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
カルヴァリア・ゼブジドフスカとクラクフ旧市街 日帰り観光プライベートツアー<貸切/日本語アシスタント>1日

veltra.com

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい6月~8月です。夏季は日照時間が長く、夜9時頃まで明るいので観光に十分時間を取ることができます。ただし夏でも朝晩は冷えるので長袖の羽織ものがあった方がよいでしょう。一方、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ワルシャワ
  • クラクフ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:49.8605, 19.6732
  • 住所:Bernardyńska 34, 34-130 Kalwaria Zebrzydowska, Poland
首都
ワルシャワ
面積
312,685 (km2)
人口
3,797万人 2017年
言語
ポーランド語
公用語
ポーランド語
通貨名
ズウォティ 補助通貨はグロシュ ※本サイトではPLNと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Play、Orange、Plus、T-Mobile
最寄り空港からのアクセス方法

【クラクフ空港からクラクフ市内】
<電車>
所要時間:(クラクフ中央駅)約20分
料金:9PLN


参考サイト:malopolskiekoleje.pl


<バス>
208、252番(夜間は902番)が市内まで運行
所要時間:35~45分
料金:4PLN


バス時刻表:rozklady.mpk.krakow.pl


<タクシー>
メーター制
所要時間:(市内中心部)約30分
目安料金:90PLN前後


【クラクフ市内からカルヴァリア・ゼブジドフスカ】
<バス>
クラクフ中央駅前のバスターミナルからカルヴァリア・ゼブジドフスカ行きに乗車
所要時間:約1時間


※カルヴァリア・ゼブジドフスカバスターミナルから修道院まで徒歩約20分


(2019年4月現在)


最寄り空港詳細

  • クラクフ・バリツェ空港 (KRK)
  • ワルシャワ・ショパン空港 (WAW)