横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

ホン島

(Koh Hong)

概要

ホン島は、透明度の高い深いグリーンの海が魅力の国立公園に指定されている島です。クラビのアオナンビーチからロングテールボートで1時間、スピードボートで20分ほどの距離にあります。ここではシュノーケリングやカヤックなどのアクティビテイが人気で、手つかずの自然美を十二分に満喫することができます。島に宿泊施設はありませんが、シャワーやトイレ、休憩所や飲食店などは完備されています。


国立公園入園料:(大人)300THB(子供)150THB


見所ポイント

自然美が守られた国立公園に指定された島
迫力ある岩壁とグリーンの海に囲まれたホン島

クラビの西エリアにあるクロンムアンビーチの西洋沖に位置するホン島。クラビから沖に船を進めて行くと、海の色が澄んだグリーンに変わっていくのがわかります。ホン島は上から見るといびつな三角形のような形をしているのですが、平べったい島なので、島に向かう船から見るとまるでタルトが浮かんでいるかのよう。この島では、透明度が高いためシュノーケリングが満喫できるのはもちろん、小ぢんまりとした島でありながらもビーチやラグーンや洞窟などバラエティに富んだ地形であるためカヤック散策も楽しめます。周辺にあるピピ島などの4島の海がエメラルドグリーンをたたえているのに対し、ホン島の海はオリーブがかったような、エメラルドよりももう一段深い色合いをしているのが特徴です。宝石を溶かしたような澄みきったグリーンの海と白い砂浜、そして自然美が楽しめるクラビならではの迫力のある岩壁。ホン島に上陸すると、まるで絵葉書のような光景が広がっています。
そしてホン島のビーチのもう一つの大きな特徴は、日陰があること。ビーチのすぐ脇にそびえる岩壁や、自然のまま残された大きな木などが、ビーチの一部に心地よい日陰を作り出すのです。太陽のパワーを感じながら気持ちのよいビーチで過ごすのは爽快ですが、長時間日に当たっているのはつらいもの。涼風に当たりながらのお昼寝も、ぜひ楽しんできてくださいね。
ホン島は国立公園に指定されているため、入島料が必要です。入島料は2015年6月18日に改正され、外国人は大人300バーツ、子供(4歳から11歳)は150バーツになっています。島に宿泊施設はありませんが、シャワーやトイレは完備されていて、清潔な休憩所もあります。また、レストランもあり、売店ではビールやジュース、スナックなどの購入も可能です。

カヤック散策をしよう
ホン島の岩肌に沿って楽しむカヤック散策

ホン島でぜひ体験していただきたいのがカヤックです。もちろんビーチでもカヤックを楽しむことはできるのですが、ホン島はカヤックで一周することができるくらいの小さな島。そしてボートでしか行けない名スポットが点在しているのです。迫力のある岩肌に沿ってカヤックを進めていくと、ビーチのちょうど裏手あたりにサンゴテーブルが広がっています。自由に泳ぎ回る魚たちがカヤックからも十分に観察できるポイントです。そして、大きな岩と岩の間に小さな船が入れるくらいの隙間があるポイントを見つけたらぜひ入ってみてください。この奥にはラグーンと、小さなビーチがありますよ。ラグーンとは、外海から隔てられた地形のこと。完全に凪いだ海ではその美しい色を十二分に楽しめますし、かわいらしいサイズのビーチで休憩できるのも嬉しいですよね。このラグーンには、象の足と言われる岩があります。その名の通り、岩肌からぶら下がった象の足そっくりな岩です。うまくいけばカヤックから触ることもできます。その他にも、思いもよらない場所でプライベートビーチを発見できたり、島のネコがたくさん集まる憩いの場が見られたり。南の島の定番、手作りブランコも島のどこかにあります。日本のテレビCMのロケ地として使われたこともあり、そういった撮影スポットを探索してみるのもいいかもしれません。島の周辺は比較的海流の穏やかな海域ですが、数か所、若干流れの強いポイントがありますので、出発前に地元のガイドさんに確認してから行くと安心です。カヤックはツアーに組み込まれていることもありますが、1時間500バーツで現地で借りることも可能です。

天国のような美しいビーチ
ホン島の美しいビーチ

ホン島のビーチには、白砂と澄みきったグリーンの海のコントラストが美しい、夢のような光景が広がっています。砂は白いだけでなく細かいので、裸足で歩いてもさらさらとした感触が足の裏に心地いいですよ。波はほとんどないといってもいいほど穏やかなので、天然のプールのようです。小さなお子様でも安心して遊ぶことができます。ビーチから5mほど海に入ると、そこはすでにおさかな天国。人に慣れているため、逃げずに悠々と泳いでいます。黄色と青の縞模様がかわいい10cmほどの魚がたくさんいます。ツアーで訪れた際は、このビーチで昼食を取ることも多いのですが、一つ注意したいのは、このビーチが潮の満ち引きによって大きく姿を変えるということ。満潮に近づくとかなりビーチのへりまで迫ってくるので、荷物の置き場所にはご注意ください。反対に引き潮の時には海中にあった岩の根が見えるほど、海の水は引いてしまいます。
クラビからホン島までは、ロングテールボートで約1時間。クラビには130の島々があるとされているため、島巡りの日帰りツアーがたくさんあり、ホン島は、近隣のラディン島、パクビア島、ライ島などと合わせて島巡りツアーになっていることがほとんどです。また、クラビのホテルによっては、ホテルのオプショナルツアーとしてホン島に向かうこともできます。スピードボートに乗ると20分程度で着いてしまうような距離なので、絶景を気軽に楽しめるのもホン島の魅力の一つですね。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ホン島シュノーケルツアー1日

jtb.co.jp

ベストシーズン

11月から乾季に入り、4月頃までは天気が安定しており、晴天が続きます。乾季のこの時期は、波が穏やかで透明度が上がるので、ダイビングやシュノーケリングなどを存分に楽しめます。一方、雨季はビーチでは波が高くなり透明度も低くなるため泳ぐのには適していません。本格的な雨季は9月~10月ですが、5月終わり頃から10月頃までは、朝と夕方にスコールが降ります。ローシーズンの雨季は、ホテル料金も下がるので、優雅なホテルステイをするにはお得なシーズンです。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:8.0791, 98.6802
  • 住所:6024, Tambon Nong Thale, Amphoe Mueang Krabi, Chang Wat Krabi 81000, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

【クラビ空港からアオナン・ビーチ】
<タクシーを利用>


所要時間:約40分
料金:600THB


<シャトルバスを利用>
乗り合いのミニバス


所要時間:約1時間
料金:150THB


【アオナン・ビーチからホン島】
ロングテール・ボートで約1時間、スピードボートで約20分


※ホン島へはツアーかボートチャーターで訪れるのが一般的です。


最寄り空港詳細

  • クラビ空港 (KBV)