横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

ランタ島

(koh Lanta)

概要

クラビ県の南端、アンダマン海に浮かぶランタ島。ジャワ語で「魚を焼く」という意味を持つランタ島は、周辺にある島々の中でも最も静かで落ち着いた場所と言われ、タイの穴場リゾートとして静かなブームを呼んでいます。リゾートホテルや観光施設が集まるランタ・ヤイ島を除き、ガイ島やブーブー島などの周囲52の島々によるランタ諸島は、その全体が海洋国立公園に指定されており、ありのままの自然の姿を楽しむことができます。


見所ポイント

心からリラックスできる島
落ち着いた雰囲気が漂うクロンコンビーチ

ランタ島は、ランタ・ヤイとランタ・ノイという2つの島で構成されています。両島はとても近く、行き来は船で7~8分ほどです。ランタ諸島の中でも最も賑やで、周辺諸島へのアクセス拠点となるのはランタ・ヤイ島。リゾート開発された西海岸と島の人々の暮らす東海岸で、全く異なる顔を見せてくれる島です。

西海岸にある船着き場すぐそばのサラダン村には島のメインストリートがあり、スーパーや市場、コンビニ、レストラン、旅行会社などが集まっています。建ち並ぶリゾートホテルは、殆どがビーチフロント。また、ビーチ沿いのレストランの中には、日が暮れると砂浜に巨大なラグを敷きクッションをぽんぽんと置いた「特別席」を用意してくれるお店もあります。10組は余裕でのんびりできそうなこの特別席で、波の音を聞きながら夜に向かう海を眺めてのんびりする・・・なんて言うのもリゾートならでは。
27kmに及ぶ西海岸線沿いには、長く美しいプラ・エー・ビーチをはじめ様々なビーチがあります。また、穴場ビーチとしてクロン・ニンビーチもおすすめ。ここはタコの足に似た木が生い茂っているのが印象的なビーチです。ビーチ沿いには、この木を利用して作った秘密基地のようなレストランバーもありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

島の南部、東海岸にある「オールドタウン」はその名の通り、ランタ島で一番古い町になります。イスラム教徒や華人などの異なる文化が融合・形成された歴史ある町で、始めに住んだのが華人だと言われていることもあり、中国様式の飾り物や漢字表記などを町のあちこちで見ることができます。通りの両側に建ち並ぶ長屋や、のんびりと行き交う人々など、町はノスタルジックな雰囲気に満ちています。地元の漁師が釣ったばかりの新鮮な魚介料理をレストランで味わえるのも、オールドタウンの楽しみの一つ。オールドタウンを出て東海岸線を南下していくと、かわいらしい象たちが。ここは象と一緒に記念写真を撮ることのできるスポット。旅の思い出に一枚撮ってみてはいかが?どこへ行ってもリラックスした空気が流れているランタ島。リゾート開発された便利な西海岸でも、少し道をそれるとヤギやニワトリが気持ちよさそうにウロウロしていたりします。

アクセス方法はいろいろありますが、ハイシーズンはクラビ港からランタ島行きの大型ボートが利用できます。車でアクセスする場合は、ホアヒン船着場からカーフェリーを乗り継いで行くことが出来ます。宿泊と送迎がセットになったプランや、クラビ空港からランタ島までミニバスで行くようなプランもありますので、アクセスは旅のスタイルに合わせて選ぶとよいでしょう。

マリンアクティビティを楽しもう
ランタ島周辺でのダイビング

ランタ島周辺は、シュノーケリング・ダイビングスポットに恵まれています。中でもおススメなのが、ランタ島からスピードボートで45分の位置にあるローク島。ここはシュノーケリングポイントだけで3か所あり、透明度の高さはもちろん、生息する魚やサンゴの種類も多いので、夢中になっている間に、時間があっという間に過ぎてしまいます。

ランタ島の多くのホテルで、一日ツアーを行っています。ランタ・ヤイ島の北部に位置するサラダーン船着場(Saladan Pier)からは、アイランドホッピングのツアーが多くでています。ロック島やンガイ島、お隣トラン県のムック島など、周囲には魅力的な島がたくさん。真っ白なパウダーサンドが印象的な島、エメラルドグリーンの海、シュノーケリングポイントへもスピードボートですぐに到着します。有名なのはムック島にある、光が海水に反射して洞内が青く輝くことから名づけられた、エメラルド・ケーブ。真っ暗な洞窟をガイドさんに導かれて泳ぎ進み、360度を岸壁に囲まれた小さな入り江に到着する体験は、忘れられない旅の思い出になるはずです。ダイバーたちの人気を集めるのは、ハー島にあるポイント。ここでは海中に石灰岩が折り重なることによって偶然出来た洞窟がたくさんあり、ケーブダイブが好きな人にはたまらない場所になります。

ローイ・ルアー祭り
ランタ島のサンセット

ランタ島は、「海の民」モーケン族の故郷であることでも知られています。一年のほとんどを海上で過ごす海洋民族であるモーケン族は、プーケットやクラビ、トランなどが面するアンダマン海を舟で移動しながら暮らしてきました。海のジプシーたちは、数十年ほど前から陸で定住するようになったのですが、中でもランタ・ヤイ島の南、バーン・ホアレームとバーン・サンカー・ウーは彼らの故郷。この町にはモーケン族の伝統が今も受け継がれており、毎年陰暦6月と11月の満月の夜には、祖先の供養と村の災いを払う「ローイ・ルアー祭り」と呼ばれるお祭りが行われます。ローイは海へ流す、ルアーは舟という意味。近くに住むモーケン族の人々が集うこのお祭りでは、小舟を作り、そこに村人の髪や爪を乗せて海へ流します。小舟が完成するまでは、女性たちが音楽に合わせてダンスを踊り、お祭りを盛り上げます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
1 Day Trips(アイランドホッピングツアー) 1日

freedom-adventures.net

ベストシーズン

11月から乾季に入り、4月頃までは天気が安定しており、晴天が続きます。乾季のこの時期は、波が穏やかで透明度が上がるので、ダイビングやシュノーケリングなどを存分に楽しめます。一方、雨季はビーチでは波が高くなり透明度も低くなるため泳ぐのには適していません。本格的な雨季は9月~10月ですが、5月終わり頃から10月頃までは、朝と夕方にスコールが降ります。ローシーズンの雨季は、ホテル料金も下がるので、優雅なホテルステイをするにはお得なシーズンです。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:7.6136, 99.0378
  • 住所:4245, Tambon Sala Dan, Amphoe Ko Lanta, Chang Wat Krabi 81150, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

【クラビ空港からクラビタウン】
<タクシーを利用>


所要時間:約20分
料金:350THB


<シャトルバスを利用>
乗り合いのミニバス


所要時間:約30分
料金:90THB


【クラビタウンからランタ島】
<フェリーを利用>
クラビ港からランタ島行きのフェリーに乗船
※ハイシーズンのみ


所要時間:約2時間


<ミニバンを利用>
クラビタウンのマハラート・ソイ6からランタ島行きを利用


所要時間:約2.5時間


最寄り空港詳細

  • クラビ空港 (KBV)