横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

ラチャ・ヤイ島

(Koh Racha Yai)

概要

目の覚めるようなエメラルドグリーンの海に包まれるようにして、アンダマン海に浮かぶラチャ・ヤイ島。プーケットからスピードボートでわずか30分ほどの場所に位置するこの島では、透明度の高い海でのマリンスポーツを楽しむことができます。島の東側にポイントが集中していて、穏やかなダイビングスポットが多いのが特徴。1日ツアーも数多く用意されているのでプーケットから日帰りでも訪れることができます。


見所ポイント

アンダマン海の美しさは、この海を見なければ語れない?!
抜群の透明度を誇るラチャ・ヤイ島

プーケットからさらに南へ20kmの海に浮かぶ、青の楽園とも呼ばれるラチャ・ヤイ島。やわらかい白砂のパウダービーチの前には、ピーコックブルーからコバルトブルーまでの極上の色のグラデーションが広がり、この美しい海の青色を楽しむためだけに訪れても損がないくらいです。プーケット島近郊で1、2を争う透明度を誇り、プーケットのビーチはもちろん透明度の高さで有名なピピ島よりも綺麗と言われることもあります。ラチャ・ヤイ島は観光客で溢れかえる・・・ということがない分、透明度が自慢の他のビーチや海よりものんびり満喫できるという利点があります。

ラチャ・ヤイ島でマリンスポーツが楽しめるプーケット発のツアーはたくさんあります。ダイビングがメインのもの、シュノーケリングがメインのもの、経由する島があったり直接ラチャ・ヤイに向かったりと内容は少しずつ違いますが、そのほとんどは昼食がついて1500バーツから2000バーツほど。また、専属のインストラクターが同行してくれるプライベートツアーも4000バーツほどで用意されています。ラチャ・ヤイ島はすぐ手の届く所に海の生き物がいます。中には毒のある魚や貝もいますので、初心者はもちろん上級者の方々も、島に慣れたダイバーさんの目の届く範囲で一緒に潜ると安心です。

1年中ダイビングが楽しめる島
ラチャ・ヤイ島のダイビングスポットで見られるサンゴの群生

ラチャ・ヤイ島には数々のダイビングスポットがあります。20mほどの透明度を誇る海では、サンゴの群生やスズメダイの群れ、ニモで有名になったクマノミの仲間や、フグやチョウチョウウオ、ウツボやミノカサゴなど様々な海の生き物に出会えます。インド洋だけでしか見れない魚も多く、沈船のポイントも2箇所ほどあります。

ラチャ・ヤイ島の魅力は、何と言ってもこの美しい海が1年中楽しめるところ。アンダマン海は雨季になると海が荒れるため、ダイビングはもちろん本土から離れた小島はシーズンオフになることが多いのですが、ラチャ・ヤイ島は南北に大きい島の形状から、こうした海のうねりを避けることができるため、東側では1年中ダイビングが可能になるのです。また、穏やかなポイントが多いこともラチャ・ヤイ島の特徴。体験ダイビングから講習、ファンダイブなど、初心者から上級者まで多くのダイバーが訪れます。魚影が濃く写真撮影にも向いていますので、訪れる際には防水カメラもお忘れなく。もちろん、シュノーケリングでも十分海の中を見られます。ゆらゆらと波に身を任せて、美しい海の世界を楽しんでみてください。

そしてラチャ・ヤイ島からさらに南に浮かぶ無人島「ラチャ・ノイ」も、合わせて訪れてみたい島のひとつ。王様の小さい島、という意味を持つこの島は、ラチャ・ヤイからスピードボートで20分ほどの海に位置していて、ダイバーたちに大人気です。人気の理由は、透明度の高さはもちろん、岩の折り重なるダイナミックな水中景観やジンベエザメ、マンタ、バラクーダなどの大物との遭遇率が高いスポットが多くあるところ。特にマンタが生息する島として有名なため、運がよければ、体験ダイビングでも出会えるかもしれません。大きな岩が作り出す変化に富んだ地形、インド洋固有の魚たち、無人島だからこその大きく成長したサンゴたち・・・と魅力がいっぱいのラチャ・ノイ島のダイビングスポット。特に晴れた日に訪れることができたら、その感動の光景は一生ものになるはずです。

ラチャ・ヤイを代表するリゾートホテル
バドックビーチに面した「ザ・ラチャ」

海にビーチに、自然の姿が美しすぎるラチャ・ヤイ島。半日ツアーで帰ってしまうのはもったいない!という方もいるのでは?ラチャ・ヤイ島のリゾートでお勧めしたいのが、2004年にオープンした「ザ・ラチャ」。オープン後にはトラベラー誌の「世界で最も刺激的なニューリゾート100」にも選ばれた実力派リゾートでありながらも、同じく美しい海を持つモルディブやタヒチなどに比べ、手頃な料金で滞在できるのが魅力です。いくつかの公共ビーチを有するラチャ・ヤイ島ですが、ホテルの前に広がる「バドックベイ」は、その中でも特に美しいビーチ。両サイドを岩山に囲まれて入り江のようになっているバドックベイは、プライベートビーチのような雰囲気もあります。「ザ・ラチャ」の客室は、全室ヴィラタイプ。プライベートテラスやゆったりとしたバスルームのある部屋は白を基調としていて、大きなガラス窓からは明るい日差しが降り注ぎます。日が落ちると、照明とバックライトが仄かに灯りロマンティックな雰囲気。滞在期間中の食事をサポートしてくれるレストランはリゾート内に3軒あるので、カフェやレストランを求めてジプシーになる心配もありません。建物の屋上にあるプールも自慢のひとつ。バドックベイを一望できる絶好のスポットです。また女性に大人気のスパやダイビング機器のレンタルも充実。ホテルでツアーの手配も簡単にできます。「ザ・ラチャ」へは、プーケットのシャロン湾の桟橋からスピードボートで約40分です。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ラチャヤイ島1日ツアー☆透明度バツグンの海をシュノーケリング&白砂のビーチでリゾート三昧1日

veltra.com

体験ダイビング☆365日ベストシーズン宣言!雨季でも透明度バツグンのラチャヤイ島で初ダイブ1日

veltra.com

アイランド・ホッピング☆人気の2島めぐり!コーラル島&ラチャヤイ島1日

veltra.com

ベストシーズン

11月から乾季に入り、4月頃までは天気が安定しており、晴天が続きます。乾季のこの時期は、波が穏やかで透明度が上がるので、ダイビングやシュノーケリングなどを存分に楽しめます。一方、雨季は西側のビーチでは波が高くなり透明度も低くなるため泳ぐのには適していません。本格的な雨季は9月~10月ですが、5月終わり頃から10月頃までは、朝と夕方にスコールが降ります。ローシーズンの雨季は、ホテル料金も下がるので、優雅なホテルステイをするにはお得なシーズンです。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:7.6079, 98.3720
  • 住所:Rawai, Mueang Phuket District, Phuket, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

【プーケット国際空港からプーケットタウン】
<ミニバスを利用>
乗り合いのミニバスで人数が集まってから出発。同乗者の行き先により所要時間は大きく異る


料金:150THB


<リムジンタクシーを利用>
行き先毎に料金固定のタクシー。空港のカウンターでチケットを購入。


所要時間:約40分
料金:650THB


<メータータクシー>
空港ターミナルのメータータクシー乗り場から乗車


所要時間:約40分
目安料金:650THB


【プーケット島からのアクセス】
シャロン湾の桟橋からスピードボートで約30分


最寄り空港詳細

  • プーケット国際空港 (HKT)