横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
カンボジア

ロン島

(Koh Rong)

概要

ロン島は、シアヌークビルから西に約25kmの沖、マリンブルーの海に浮かぶリゾートアイランドで、南西側には約6kmに渡る白砂のロングビーチがあります。近年リゾート開発が急速に進み、高級リゾートをはじめ、宿泊施設やレストランも続々とオープンしています。またロン島はパーティーアイランドとしても知られていて、満月の日にはフルムーンパーティーが行われるなど、パーティー好きの欧米人バックパッカーを中心に人気を集めています。


見所ポイント

何もしない贅沢を味わう離島のビーチ
真っ白な砂浜が続くロン島のロングビーチ

透明度の高い美しい海に囲まれたロン島のメインビーチとなるのがシアヌークビルからのボートが発着する「トーイ・ビーチ」。歩くたびにキュッキュッと音を立てる鳴き砂のビーチの目の前には太陽の光を受けてキラキラと輝くエメラルドブルーの海が広がり、リゾート気分を一気に盛り上げてくれます。トーイ・ビーチはゲストハウスやレストラン、バー、ツアーオフィス、商店などが並ぶ島で最も賑やかなエリアで、滞在に必要なものはひと通り揃うので、賑やかなリゾートライフを満喫したい人にオススメです。「ロング・ビーチ」は、ロン島の南西に位置し、その名の通り約6kmにも渡る砂浜が続くビーチです。宿泊施設はそれほど多くなく、広いビーチなので混み合うこともほとんどありません。夜は心地よい波音を聞きながら満点の星空を眺められ、何もしない贅沢を味わえるまさに地上の楽園です。ロング・ビーチへは、トーイ・ビーチからジャングルの中を約1時間歩いて行くこともできますが、ビーチ自体も広いので訪れる際はボートで移動するのが一般的です。この他にもロン島には、移動はボートのみで、宿泊施設が1軒しかないような小さなビーチが点在しています。
そんな素朴な雰囲気が魅力のロン島ですが、2012年には高級リゾート「ソンサー・プライベート・アイランド」がオープンしています。ロン島の北東部に浮かぶ1島丸ごと贅沢に使用した極上リゾートです。自然環境を生かしたまま建設されており、島内はありのままの自然を残しています。1泊10万円以上と高額ですが、オールインクルーシブプランでは、滞在中は専属のバトラーサービス、食事やドリンク、スパ、アクティビティ、シアヌークビルまでの往復クルーザーでの送迎など至れり尽くせりで極上のひと時を過ごせます。一生に一度は泊まってみたい憧れのリゾートです。

昼と夜で異なる姿を見せるロン島
穏やか雰囲気が漂うロン島のビーチ

ロン島は、昼と夜で異なる楽しみ方が出来るのも魅力の一つ。日中は、燦々と輝く太陽に真っ白な砂浜、透明度の高いエメラルドブルーの海がどこまでも続き、絵に描いたような南の島の楽園風景が広がります。ビーチで泳いだり、シュノーケリングを楽しむこともできますが、ハンモックに揺られながら、ただリラックスするというのもロン島の王道な過ごし方。そんなスローな空気が流れるロン島ですが、日が暮れると一転、パーティーアイランドへと変貌します。ビーチ沿いのバーやレストランにはたくさんの人が集まり、バーから大音量で流れる音楽に合わせて世界中の若者たちが、ビール片手に深夜まで盛り上がりを見せています。ロン島を訪れる旅行者のほとんどが欧米人。彼らのノリのよさに圧倒されそうになりますが、ここまで来たら恥を捨てて思いっきり楽しんじゃいましょう。満月の夜に開催されるフルムーンパーティーでは、数百人から数千人ものパーティーラバーが集まり、クラブ・ミュージックに合わせて明け方まで踊り続けています。
賑やかな夜のロン島ですが、もちろんのんびりと食事やお酒を楽しむこともできます。レストランでは、クメール料理の他インターナショナル料理などメニューも豊富。新鮮なシーフードを味わうならバーベーキューが断然オススメです。

大自然を満喫するアクティビティ
トーイ・ビーチにあるダイブ・センターの看板

ロン島では自然を満喫できるアクティビティも充実しています。抜群の透明度を誇るロン島に来たら、ぜひ体験したいのがダイビング。ロン島の周辺には、サンゴ礁や熱帯魚が多く生息しており、クマノミやヒトデ、ウミウシ、アオブダイなどカラフルな生き物をはじめ、沖合では、ジンベイザメやマンタなど大物に出会えることも。初心者でもインストラクターが丁寧にサポートしてくれるので安心して楽しめます。また、沖合でシュノーケリングや釣りを楽しめるボートツアーもロン島の海を満喫できるアクティビティです。ロン島周辺の海では夜になると青く光り輝く夜光虫(プランクトン)が見られ、夜光虫鑑賞ツアーも催行されています。この他にもシュノーケルセットやシーカヤックを借りてビーチ周辺を探索してみたり、島内探検のトレッキングツアー、砂浜でビーチバレーなど楽しみは無限大。
各種アクティビティは、トーイ・ビーチの桟橋付近にあるダイブ・センターやゲストハウスで申し込むことができます。

変わりゆくロン島
ソンサー・プライベート・アイランドのコテージ

のどかな漁村だったロン島が世界的に注目され始めたのは、ここ数年のこと。かつては数軒のバンガローが建つだけでしたが、透明度の高い美しいビーチを持つ秘島に魅せられた欧米人から人気に火が付き、今では宿泊施設やレストラン、バー、アクティビティが充実したリゾート地へと変貌しつつあります。近年発展が目覚ましいカンボジアにおいて、ロン島も例外ではありません。島には空港やカジノ、ゴルフ場などを建設する一大リゾート計画も進められているのだとか。すでに秘島というイメージはなくなりつつあり、数年後にはインフラ設備もさらに整い観光地化されたリゾート島へと様変わりしていることでしょう。のんびりとしたロン島の良さを味わうなら今がラストチャンス!
ロン島へは、シアヌークビルのセレンディピティ・ビーチの桟橋からスピードボートで40~50分ほど、フェリーを利用する場合は約2時間です。途中手前のロンサレム島を経由して向かいますので、間違えて降りないように十分ご注意を。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
白砂ビーチの楽園ロン・サムレム島終日観光1日

activities.his-j.com

ベストシーズン

シアヌークビルは、一年を通して気温が高く夏服で過ごせます。観光のベストシーズンは、気候が安定し、海が穏やかな乾季の11~2月頃です。3月から雨季に入る5月頃までは気温がかなり上がり酷暑となります。6~10月頃までは雨季となり、特に9~10月は雨が多くなります。晴れた日の紫外線は非常に強いので、サングラスや帽子、日焼け止めなどの日除け対策は必須です。


  • 現地
  • プノンペン
  • シェムリアップ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:10.6686, 103.2734
  • 住所:Unnamed Road, Krong Preah Sihanouk, Cambodia
首都
プノンペン
面積
181,035 km2
人口
1,531万人 2014年
言語
カンボジア語
公用語
カンボジア語
通貨名
リエル ※本サイトではKHRと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Cellcard、Metfone、Smart、Beelineなど
最寄り空港からのアクセス方法

【シアヌークビル国際空港から市内】
<シャトルバンを利用>
市内の希望の場所で降車できます。
所要時間:約20分
料金:5USD


<タクシーを利用>
所要時間:約20分
料金:(乗り合い)1人5USD、(貸切)1台20USD~


【シアヌークビルからロン島】
<ボートを利用>
セレンディピティ・ビーチの桟橋からロン島行きのスピードボートに乗船
→ロン島トーイ・ビーチ
所要時間:40~50分
料金:片道10USD
※フェリーを利用する場合は約2時間です。


最寄り空港詳細

  • シアヌークビル国際空港 (KOS)
  • プノンペン国際空港 (PNH)

近隣の見所スポット