横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

ヤオ・ヤイ島

(Koh Yao Yai)

概要

プーケットからスピードボートで30分の場所に、エメラルドグリーンの美しい海に囲まれたヤオ島があります。海やビーチの美しさは周囲の有名リゾートに引けを取らず、またアクセスのいい立地でありながらも、まだまだ知名度が低いため手つかずの自然が多く残るヤオ島。豊かな自然とのどかな雰囲気が何よりも魅力です。漁業が盛んであるため、島の南にはのどかな漁村が広がります。


見所ポイント

手つかずの自然と島時間を楽しめるリゾート
のどかな漁村の桟橋

タイの南、日本人にも馴染みのあるリゾートプーケット・パンガー・クラビーに囲まれるようにしてアンダマン海に浮かぶヤオ島。ヤオ島は、ヤオ・ノイ島とヤオ・ヤイ島の2つの島で構成されていて、どちらも非常にのどかな島ではありますが、ヤオ・ノイ島にはホテルや飲食店などが比較的多く集まり、ヤオ・ヤイ島は手つかずの自然や地元民の暮らしがより色濃く残っています。

自然豊かなヤオ・ヤイ島は、ヤオ・ノイ島ほどの島を縦に2つ並べて、メガネを縦にしたような形をしています。北半分には、プーケットからのスピードボートが着く港や、ヤオ・ノイ島からの渡し船が着く港があり、屋外プールや広大な庭園やレストランを併設した人気のリゾートホテル「ティウソン ビーチ リゾート」もあります。島の南には漁村があり、昔ながらの生活を垣間見ることができます。

プーケットから向かう場合は、空港から一番近いバンロン船着場からスピードボートで30分。本数も多く、30分から70分の間隔で1日に10本ほど出ています。その他、さらに南にあるラムヒン船着場、チャンワニット船着場からもアクセス可能です。パンガー、クラビーから向かう場合は、まずヤオ・ノイ島に上陸し、そこからヤオ・ヤイ島行の船に乗り換えてください。2つの島はとても近く、5分ほどで行き来ができます。ヤオ・ヤイ島に滞在しつつ、ヤオ・ノイ島で行われる半日ツアーに参加するというようなことも可能。マリンスポーツはもちろん、シーカヤックで訪れることのできる無人島でのんびりしたり、ロッククライミングなどを楽しむこともできます。ヤオ島は有名なリゾート地に引けをとらない美しさを誇り、アクセスのよい立地にありながらも、まだまだ知名度は低く、まさに知る人ぞ知る穴場リゾートです。

4輪バギーで島内巡り
のどかな道が続くヤオ・ヤイ島

ヤオ・ヤイ島のビーチは観光地化されていないため、生き生きとした自然美に溢れています。透明度の高い海は水平線まで美しい青色のグラデーションが広がり、パウダーのようなやわらかい砂が足の裏に心地よく、聞こえるのは波の音と、木々の葉が風に揺れる音くらいです。ヤオ・ヤイ島にはビーチが2つあり、そのうちの1つは島の北にあるハートクロン・ビーチ。こちらには海の家があるため、軽食やドリンクを楽しむこともできます。もうひとつは島の南にあるラム・オックノックビーチ。このビーチの近くには湧水が湧くスポットがあるのでぜひ訪れてみてください。
また、ヤオ・ヤイ島でのアクティビティでおすすめなのが、全地形対応4輪バギー「ATV」で島内を巡るツアー。ATVは安定性抜群なので、車やオートバイの免許や経験がなくても乗ることができます。ツアーには子供も参加でき、必要な身長があれば運転することも可能。デコボコ道やビーチも走行できるバギーでの島内巡りは爽快です。ツアーを行っているのは、島内にある「koh yao yai ATV tour」。ここではATVのツアーの他にも、船をチャーターして釣りに出かけられるツアーなども用意されています。島の南にあるマングローブのジャングルでは、森を流れる川をカヌーで下ることもできます。

漁業が盛んなイスラム教徒の島
ヤオ・ヤイ島のモスク

ヤオ・ヤイ島では、何よりも漁業が盛んです。島の南にある漁村では、海と共に生きる穏やかで豊かな生活が今も変わらず続いています。美しい海に漁師船が浮かぶ光景や、海辺に立つ伝統的な高床式の家屋。朝早い時間に訪れると、収穫した魚やカニなどを網から外したり、仕掛け網を丹念に手入れする漁師たちの姿にも出会えます。大きな網の上一面に小魚が干されている光景は、ヤオ・ヤイ島のあちこちで見られるもの。干されている魚はプラージンジャン(カタクチイワシの一種)で、島の名物になっています。ビールのお供になりそうなプラージンジャンはそのままでももちろん美味しいですし、カレーなどの料理に加えて食べられることも多いです。食堂に行くと、無料の生野菜の横にプラージンジャンが並んでいます。ビールのお供、と言いましたが、実はヤオ・ヤイ島では、島民の99%がイスラム教徒であるためアルコールが飲める飲食店はホテル以外には数えるほどしかありません。お酒が恋しくなってしまう方は、ホテル滞在がおすすめです。中でも東海岸の「ティウソン ビーチ リゾート」は、レストランだけでなく、プールやスパ、島内でのアクティビティツアーなども用意されている比較的リーズナブルな良宿。サンライズの時間帯には、ホテルから朝日に輝く美しい海を見ることができます。ホテルやバンガローが充実しているヤオ・ヤイ島ですが、実はこの島では「ホームステイ」をすることもできます。地元の人々の家屋で、生活や仕事を実体験するというのは、他ではなかなかできない貴重な体験。地元の人々との交流を楽しんだり、家庭料理をごちそうになったり、色濃い旅の思い出ができること間違いなしです。このようなホームステイは、近年タイの富裕層や欧米の旅行者の人気を集めています。また、イスラム教徒が多いので島内には美しいモスクが多くたち、こうしたモスクもヤオ・ヤイ島の見どころの一つになっています。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ヤオヤイ &カイ島1日ツアー1日

phuket-ryoko.com

ヤオヤイ島 一日観光1日

blueisland-phuket.com

ベストシーズン

11月から乾季に入り、4月頃までは天気が安定しており、晴天が続きます。乾季のこの時期は、波が穏やかで透明度が上がるので、ダイビングやシュノーケリングなどを存分に楽しめます。一方、雨季はビーチでは波が高くなり透明度も低くなるため泳ぐのには適していません。本格的な雨季は9月~10月ですが、5月終わり頃から10月頃までは、朝と夕方にスコールが降ります。ローシーズンの雨季は、ホテル料金も下がるので、優雅なホテルステイをするにはお得なシーズンです。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:7.9821, 98.5722
  • 住所:Unnamed Road, Tambon Phru Nai, Amphoe Ko Yao, Chang Wat Phang-nga 83000, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

【プーケット国際空港からヤオ・ヤイ島】
空港からタクシーでバンロン桟橋(Bang Rong Pier)へ


所要時間:約25分
料金:600THB前後


※バンロン桟橋からはスピードボート(約30分、200THB)もしくはロングテールボート(約1時間、120THB)を利用


最寄り空港詳細

  • プーケット国際空港 (HKT)
  • クラビ空港 (KBV)

近隣の見所スポット