横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
モロッコ

アイット・ベン・ハドゥの集落

(Ksar of Ait-Ben-Haddou)

概要

アイット・ベン・ハドゥは、ハイアトラス山脈の南側、ウニラ渓谷の小高い丘の斜面に築かれたクサル(集落)です。かつて交易ルート上に位置していたアイット・ベン・ハドゥは、キャラバンが立ち寄る要衝として栄えました。建物は、伝統的な日干しレンガで建てられており、盗賊などの襲撃から身を守るため、周囲は防壁で囲まれた要塞集落となっています。アイット・ベン・ハドゥの集落は、モロッコ南部の伝統建築の優れた例証として、1987年にユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

複雑な構造の要塞集落アイット・ベン・ハドゥ
丘の斜面に築かれたアイット・ベン・ハドゥの集落

アイット・ベン・ハドゥの集落は、サハラ砂漠観光の玄関口となる町ワルザザートから北西に約30kmのウニラ川沿いに位置しています。かつては、キャラバンが行き交う交易の要衝として繁栄し、全盛期には、外敵の侵入に備え、強固な防壁と塔を備え、監視塔から常に侵入者を監視していました。防壁内は、カスバや民家などの建物が密集し、それらの建物を縫うように張り巡らされた通路は、迷路のように入り組んでいます。また、外壁には、銃眼が設けられ、建物の1階に窓を作らないなど、戦闘に備えた構造となっています。アイット・ベン・ハドゥは孤立した場所に位置していたため、このように集落全体が自衛のために要塞化する必要があったのです。

20世紀に入り、マラケシュからワルザザードへの新たな幹線道路が建設されたため、アイット・ベン・ハドゥは交易の要衝としての重要性が失われ、住人のほとんどは川の対岸へ生活拠点を移し、要塞集落は次第に荒廃していきました。

環境に適したモロッコ南部の伝統建築
アイット・ベン・ハドゥの集落内にある土産物屋

アイット・ベン・ハドゥの集落は、土や日干しレンガなどを建材とした17世紀のモロッコ南部の伝統的なクサルの優れた例証となっています。このような土を利用した伝統建築は、熱を吸収してからゆっくりと放出するため、内部は涼しく保たれ、この地域の気候条件に適しています。

集落内の建物は、小さくシンプルものから、塔を備え、装飾が施されたお城のような外観を持つものまで様々です。少し離れた場所からアイット・ベン・ハドゥの集落を見ると建物全てが一体となって、絶妙なアンサンブルを生み出しています。現在残る最も古い建物は17世紀頃のものとされていますが、このような構造や建築技術はモロッコ南部にそれよりも以前に伝わっていました。アイット・ベン・ハドゥのような要塞集落は、ワルザザート周辺にいくつかありますが、その中でも特にアイット・ベン・ハドゥの集落は、規模が大きく、その構造や建築様式の保存状態がよいことから世界遺産に登録されました。

数々の大作映画のロケ地となったアイット・ベン・ハドゥ
対岸のビュースポットから見たアイット・ベン・ハドゥ

荒凉とした広大な大地の中に突如現れる要塞のようなアイット・ベン・ハドゥの集落は、それだけでも十分絵になる光景で魅力的。アイット・ベン・ハドゥが世界的に有名になったのは、世界遺産ということはもちろんですが、アラビアのロレンスやグラディエーターといった数々の大作映画のロケ地となったことが1番の要因と言っても過言ではありません。映画に登場することで、世界中に知れ渡ることとなったのです。今では、映画ファンのみならず、この地を訪れた多くの観光客がアイット・ベン・ハドゥのフォトジェニックな景観に魅了されています。訪れる前に、映画作品を観てから行くと、さらに楽しめることでしょう。

丘の上から絶景を望む
丘の上から見た雄大なモロッコの大地

アイット・ベン・ハドゥは、完全に廃墟となった集落ではなく、現在もごく僅かながら住民が暮らしているので、家畜が飼われていたり、所々に生活感が感じられるのも魅力の一つです。また、一部の建物は改装され、観光客向けの土産物屋や宿泊施設としても利用されています。

集落の上の丘の頂上はテラスとなっており、中央には籠城に備えて建てられた食料倉庫が残っています。集落の入り組んだ細い通路を抜けていくと丘の上に登ることができ、頂上からは、すぐ真下に密集する集落の様子をはじめ、対岸のアイット・ベン・ハドゥ村やオアシス、さらにどこまでも続く荒凉とした大地など360度のパノラマを見晴らすことができ、壮大な地球の鼓動とこの地の人々が積み重ねてきた歴史を肌で感じることができます。そのどこか非現実的にも思える光景は、別の惑星に迷い込んだような気分にさえなります。かつて交易で栄えていた頃のアイット・ベン・ハドゥの様子に思いを馳せながら、この絶景を心ゆくまで味わってみて下さい。

集落の隣(東側)にも小高い丘があります。この丘の上からは集落の全体像を眺めることができます。

オアシスの村アイット・ベン・ハドゥ
ウニラ川に架かる橋

要塞集落と新たに作られた現在のアイット・ベン・ハドゥ村の間にはウニラ川が流れており、要塞集落へは川を渡って行きます。アイット・ベン・ハドゥ村は、アイット・ベン・ハドゥの集落の観光の拠点となり、タクシーやバスが到着する場所です。現在は川に橋が架けられていますが、以前は川を直接歩いて渡っていました。今でも川には、飛び石が置かれており、水量が少なければ、その石の上を歩いて渡ることができます。川を渡る前に対岸から最初に見る要塞集落のインパクトは強烈で、圧倒的な存在感を放っています。アイット・ベン・ハドゥ村の至るところからアイット・ベン・ハドゥの集落を眺めることができますが、特に村に入る手前の視界が開けた高台や川原は人気の撮影スポットとなっています。

アイット・ベン・ハドゥ村には、宿泊施設が点在しているので、ここで一泊するのもオススメです。アイット・ベン・ハドゥはモロッコ随一の観光地となっているため、日中は多くの観光客で混み合います。しかし、宿泊すれば、比較的観光客の少ない午前中や夕方にじっくり見学することができます。また屋上にテラスが設けられている宿泊施設も多く、それらのテラスからは対岸の要塞集落の眺めを独り占めすることができます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
ワルザザート&世界遺産アイト・ベン・ハッドゥ日帰りツアー<英語ドライバー/昼食付/マラケシュ発>1日

veltra.com

ワルザザート&世界遺産アイトベンハッドゥ日帰りツアー☆嬉しい少人数グループ催行☆<英語ドライバー/昼食付/マラケシュ発>1日

veltra.com

ベストシーズン

モロッコには四季がありますが、沿岸部、山間部、砂漠と変化にとんだ地形で、地域毎に気候が異なります。ベストシーズンは、最も過ごしやすい春(4月~5月)と秋(10月)です。夏季は乾燥し、気温も高く、こまめな水分補給が必要です。冬は、ハイアトラス山脈からの冷たい風で日没後は特に冷え込むので防寒着が必要となります。


  • 現地
  • ラバト
  • フェズ
  • メルズーガ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:31.0475, -7.1295
  • 住所:Ksar d'Aït Ben Haddou, Aït Ben Haddou, Morocco
首都
ラバト
面積
446,550 (km2)
人口
3,522万人 2018年
言語
アラビア語、ベルベル語、フランス語
公用語
アラビア語、ベルベル語
通貨名
モロッコ・ディルハム 補助通貨はサンチーム ※本サイトではMADと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Maroc Telecom、Orange、inwiなど
最寄り空港からのアクセス方法

【マラケシュ・メナラ空港から市内】
<タクシー>
所要時間:約15分
目安料金:70MAD~


<空港シャトルバス>
ALSA社のバス(19番)がジャマ・エル・フナ広場まで運行
所要時間:約30分
料金:30MAD


参考サイト:alsa.ma


【マラケシュからワルザザート】
<バス>
SupratoursCTMのバスがワルザザートまで運行
所要時間:約4.5~5時間
料金:80MAD~


【ワルザザートからのアクセス】
グランタクシーで約30分


(2019年12月現在)


最寄り空港詳細

  • マラケシュ・メナラ空港 (RAK)

近隣の見所スポット