横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
デンマーク

クヤータ・グリーンランド:氷帽末端におけるノース人とイヌイットの農業景観

(Kujataa Greenland: Norse and Inuit Farming at the Edge of the Ice Cap)

概要

クヤータ・グリーンランドとは、グリーンランド南部に広がる亜寒帯の農業景観のことで、10世紀にアイスランドから入植したノース人の集落遺跡とイヌイットの狩猟や18世紀末から発展した農業共同体の文化的な歴史が色濃く残っているエリアです。ノース人とイヌイットの文化は互いに異なるにも関わらず、農業や放牧、海洋哺乳類の狩猟に基づいた独特の文化的景観をこの地に作り出したことが評価され、2017年にカッシアースックやイガリクなどの5つの場所がユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

ノース人とイヌイットによって形成された農業景観
イガリクに残るノース人の遺跡

1000年以上に渡りノース人とイヌイットによって形成された文化が根付く南グリーンランド。ノース人がかつて集落を築いた場所には、現在も牧場農家によってその土地が受け継がれています。その中でも、カッシアースック(Qassiarsuk)、イガリク(Igaliku)、シッサルトック(Sissarluttoq)、カコトックルーク(Qaqortukulooq)、タシクルーリク(Tasikuluulik)の5カ所が、ノース人とグリーンランドの豊かな農業文化を表す好例として、2017年にユネスコの世界遺産に登録されました。

南グリーンランドでのノース人の時代は、約500年間続きましたが、15世紀のある時点を境に絶滅してしまいました。その詳しい理由は明らかにはなっていませんが、北極圏に農業を初めて導入し、ヨーロッパから遠く離れたグリーンランドに渡ったノース人の入植の拡大の歴史を知る上でも重要な手がかりとなっています。

クヤータ・グリーンランドの巡り方
集落間を結ぶ砂利道はハイキングコースとしても人気

世界遺産に登録された5つの場所は、いずれも氷帽(氷河)の末端部分(氷河から分離した氷が海に向かって流れていく過程で形成されたフィヨルドに面した場所)に位置しており、ノース人が築いた住居や教会、埋葬地、農地、灌漑施設などの遺跡が残っています。農地や感慨施設の一部は、今でも羊の放牧などでそのまま利用されています。

グリーンランドは、一般的に各地に点在する町や集落の間に舗装道路は整備されていません。そのため、これらの地域間の移動手段は限られており、通常はボートとハイキングでの移動となります。ボートは、定期ボートが運行されていますが、曜日や時間が限られているため、効率的に回るなら、ツアーを利用するかボートをチャーターするのがオススメです。

交通の便が悪く、個人で回るには難易度の高い場所ですが、周囲は山と海の大自然が広がり、アウトドア好きの人々を魅了するネイチャースポットとなっています。

南グリーンランドの農業の原点カッシアースック
カッシアースックに建つ中世の教会のレプリカ

カッシアースックは、ナーサースアック空港からフィヨルドを挟んだ対岸に位置しています。1924年にオット・フレドリクセンにより設立された羊牧場があり、現在でも約50人がこの集落に暮らしています。

カッシアースックの歴史は、10世紀に赤毛のエイリーク率いるノース人が入植したのが始まりで、グリーンランドで初めて教会が建てられました。南グリーンランドの農業はここから広がったと言われています。ノース人の集落遺跡は、今でも景観に溶け込むように残っています。また、野外博物館では、ノース人の教会やロングハウスのレプリカを見学することができます。丘の上には、フィヨルドを見下ろすようにレイフ・エリクソン像が建っています。レイフ・エリクソンは、赤毛のエイリークの息子で、デンマークでは「幸運なるレイフ」の愛称でも知られています。伝説では、レイフは西へ探検航海に出て北アメリカ大陸に初めて到達した人物として伝えられていて、南グリーンランドでは今なおその功績が称えられています。

カッシアースックから周辺には、全長120kmにも及ぶオフロードがあり、山を越えて周辺の牧場や村まで向かう本格的なハイキングも楽しむことができます。

カッシアースックへは、空港からはボートで10分ほど、その他の近郊の主要な町や村からも定期ボートやツアーで訪れることができます。

グリーンランド屈指の美しい景観が広がるイガリク
フィヨルドの奥地にひっそりと佇むイガリク

イガリクは、すぐ目の前に氷河によって形成されたダイナミックな山並みと青く透き通るフィヨルドの美しい景観が広がっています。広大な牧草地に農家の家々が点在し、12世紀にノース人によって建てられた教会遺跡や今でも一部は利用されている感慨設備が残っています。ノース人の入植後、一度は荒廃したものの、1783年にノルウェー人の商人アンダース・オールセンとその妻により再建され、現在も羊牧場が営まれています。イガリクには宿泊施設もあり、のどかな牧場の風景を眺めながらリラックスした時間を過ごすことができます。また、牧場の羊たちと触れ合ったり、近隣エリアに日帰りでハイキングを楽しむのもオススメです。

イガリクヘは、ナーサースアックやナーサック、カコトックなどからイガリクの西側にあるイティレック(Itilleq)までボートが運行されています。イティレックの海岸からイガリクへは王の道と呼ばれる4kmほどのトレイルを歩いて向かうことができます。

14世紀のノース人の教会遺跡が残るヴァルセイ
石造りの外壁が残るヴァルセイ教会

カコトックルーク(ヴァルセイ(Hvalsey))は、カコトックから北東に約19kmの場所に位置するのどかな牧草地帯です。ノース人の入植後、南グリーンランドにキリスト教が伝えられ、多くの教会が建設されましたが、ここには、南グリーンランドに残る中世の遺跡としては最も保存状態のよいヴァルセイ教会の遺跡が残っています。ヴァルセイ教会は、14世紀頃に建てらたものと考えられており、高さ6mの石造りの厚い壁が残っています。教会の周辺には、崩れ果てた集落遺跡も残っており、遺跡の間の散策を楽しむことができます。ヴァルセイへは、南グリーンランド最大の町カコトックからボートで30分ほど、カコトックからの半日観光スポットとしても人気です。

南グリーンランドの観光拠点カコトック
カラフルな建物が建ち並ぶカコトックの街並み

カコトックは、人口約3300人の南グリーンランドで最も大きな町の一つですが、町自体はそれほど広くなく徒歩で見て回ることができます。カラフルな木造家屋がフィヨルドの港に面した丘陵地帯に張り付くように建ち並んでおり、美しい景観を作り出しています。町には、「ストーン&マン(Stone and Man)」というアート・プロジェクトでグリーンランドの芸術家によって製作された30以上の彫刻が点在しており、それらを探しながら散策するのもカコトックの町歩きの楽しみの一つ。

カコトック周辺では、ハイキングやクロスカントリスキー、セイリング、カヤック、ホエールウォッチングなどのアウトドア・アクティビティを楽しむことができます。また、フィヨルドでは氷山も見られ、特に晴れた日にはエメラルドグリーンのフィヨルドと光を反射して青く輝く氷山とのコントラストが美しく印象的です。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
世界遺産3カ所を巡るボートツアー4日

blueice.gl

ベストシーズン

グリーンランド観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月上旬です。夏は、太陽が沈まない白夜を体験することができます。北極の気候のため夏でも10度を超えることはほとんどなく、セーターやジャケットなどの防寒着は必須です。オーロラを観測するなら8月下旬~4月上旬頃までがシーズンです。


  • 現地
  • コペンハーゲン
  • オーフス
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:61.1493, -45.5156
  • 住所:Unnamed Road, Qassiarsuk, Greenland
首都
コペンハーゲン
面積
43,094 (km2)
人口
575万人 2017年
言語
デンマーク語
公用語
デンマーク語
通貨名
デンマーク・クローネ 補助通貨はオーレ ※本サイトではDKKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
TDC、Telenor、Telia、3 (Three)
最寄り空港からのアクセス方法

【ナーサースアック空港からのアクセス】
空港から南グリーンランドの主要な町や村へはヘリコプターや定期ボートを利用可能。
各スポット間は、定期ボートの他、ボートチャーター、ツアーで訪れるのが一般的。


参考サイト:diskoline.dk , blueice.gl


最寄り空港詳細

  • ナーサースアック空港 (UAK)