横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
フィンランド

クヴァルケン群島

(Kvarken Archipelago)

概要

バルト海北部のボスニア湾沿岸部一帯は、氷河の浸食や後退により形成された変化に富んだ地形が見られる場所です。地球上で最も地表の隆起が起こっている場所として、2000年にスウェーデンのハイ・コーストがユネスコの世界遺産に登録、さらに2006年には対岸のフィンランドのクヴァルケン群島が加えられ、現在は2か国にまたがる世界遺産となっています。クヴァルケン群島では、ハイキングやサイクリング、バードウォッチング、釣り、カヌー、クルーズなどの様々なアクティビティを楽しむことができます。


参考サイト:kvarkenworldheritage.fi


見所ポイント

地球上で最も土地の隆起が活発な世界遺産ハイ・コーストとクヴァルケン群島
入り江に残る古い漁師小屋

クヴァルケンとは、スウェーデン語で「海の喉」を意味し、フィンランドとスウェーデンの挟まれたボスニア湾の80kmの海峡を指しています。フィンランド初の自然遺産に登録されたクヴァルケン群島の自然保護区は、フィンランド沖の海峡に浮かぶ5600もの島々や海域からなり、ほとんどの場所は海水に覆われています。
スカンジナビア半島は、氷河期には重く巨大な氷床に覆われており、特にボスニア湾沿岸地域はその中心で、氷床の重みは地殻を1000mまで押し下げていました。しかし、氷河期が終わり、氷床が後退すると、地表にのしかかっていた氷床の圧力が軽減され、氷に覆われていた土地は隆起(リバウンド現象)し始めました。
中でも世界遺産に登録されているスウェーデンのハイ・コーストとノルウェーのクヴァルケン群島は、地球で最も地殻上昇が起きた場所とされ、現在でも年間約1cmという速さで土地の隆起が観測されています。また、このまま土地の隆起が続けば、遠い将来にはスウェーデンと陸続きになると言われています。

牧歌的な景観が広がるクヴァルケン群島
フィンランド最長のレプロット橋

スウェーデンのハイ・コーストは、屹立した断崖とともに、多くの入り江や湖、渓谷、島々など複雑で変化に富んだ自然景観が特徴です。一方、クヴァルケン群島周辺は、水深の浅い海岸と緑豊かな島々の穏やか自然景観が広がっています。
ヴァーサ近くの比較的大きな島々は、橋で繋がっており、本土からも車で簡単にアクセスすることができます。クヴァルケン群島の北部に位置するレプロット島は、1997年に完成したフィンランド最長(1,045m)のレプロット橋で本土と結ばれており、現在はこのレプロット橋がクヴァルケン群島北部の玄関口となっています。美しい自然景観はもちろん、島に生息する動物や野鳥、昆虫、カラフルな花々の観察をしながらのハイキングもクヴァルケン群島の楽しみの一つです。地元の人々にとっては、休みの日にベリー摘みなどをしながらピクニックや散策を気軽に楽しめるネイチャースポットとして親しまれています。

海岸風景を楽しむハイキング
ソルトカレット展望塔から見たスヴェデハムの入り江

クヴァルケン群島には、11のハイキング・トレイルがあります。数時間から1日かけて歩くものまで距離や難易度は様々です。
その中でも、かつて漁師たちが倉庫として利用していた古い漁師小屋が残る入り江ボドヴァットネット(Bodvattnet)の環状ルートは、クヴァルケン群島の森と海岸沿いの景色を楽しめるオススメのコースです。このコースは、全長4kmほどの平坦な道なので、初心者や小さな子供連れでも気軽にハイキングを楽しむことができます。スタート地点となるスヴェデハム(Svedjehamn)の海岸沿いには、赤茶色に塗装された伝統的な木造家屋が建ち並ぶ小さな漁港となっていて、小屋の前には小船がたくさん係留されています。
このトレイルのハイライトとなるのが、高さ20mのソルトカレット(Saltkaret)展望塔。タールで黒く塗装された木造の塔へは内部の螺旋階段で上ることができ、上部のウッド・デッキからはクヴァルケン群島の特徴的な海岸景観を360°見渡すことができます。海上には岩石でできた小さな島がいくつも出現していて、表面は草花や木々が自生しています。これはモーレンと呼ばれる氷河地形の一つで、氷河の浸食で削り取られた岩石や土砂の堆積により形成されたものです。さらに、群島の先のスウェーデン方面に目をやると、青く輝くボスニア湾が広がっています。
夏季は、自然に囲まれたトレイルには蚊が多いので虫よけスプレーなどを持参することをオススメします。

悲しい歴史の側面を持つヴァルソラルナ
ヴァルソラルナの赤い灯台

のどかな景観が続くクヴァルケン群島ですが、フィンランドがロシア領となるきっかけとなった1809年のロシア・スウェーデン戦争の際には、ロシア軍のキャンプ地となっていました。当時、対岸のスウェーデンを占領するために兵士たちがこの海峡を渡っていきました。しかし、凍った海で数百人のロシア兵たちが命を落としたのです。クヴァルケン群島の北西に位置するヴァルソラルナ(Valsörarna)群島の本島には、命を落とした兵士たちを弔うために石が積み上げられた記念碑が残っており、悲しい戦争の歴史的な側面も垣間見られます。また、ヴァルソラルナには、高さ36mの赤く塗られた鉄骨の灯台と灯台守の小屋があります。ヴァルソラルナへのアクセスはボートのみで、トレイルもゴツゴツとした岩場が多く、難易度が上がりますが、夏季はヴァルソラルナへのガイドツアーが催行されているので、挑戦してみるのもよいでしょう。

クヴァルケン群島の玄関口ヴァーサ
ヴァーサの埠頭と海に面して建つヴァーサ大学

クヴァルケン群島の観光の拠点となるのがヴァーサ。ヴァーサ市内からは、クヴァルケン群島へのツアーやボートも多く発着しています。
現在は穏やかな雰囲気が漂う港町ですが、かつてスウェーデンとロシアの戦争の舞台になったことでも知られています。20世紀前半に起きたフィンランド内戦下では、一時ヘルシンキ議会がヴァーサに疎開し、内戦終結までの数か月間、フィンランドの臨時首都となったこともありました。
町の中心部にあるテラノヴァ(Terranova)は、クヴァルケン群島の地殻上昇や自然環境についてパネルや映像を使ってわかりやすく紹介しています。野生動物や野鳥、蝶のはく製がたくさん展示されており、クヴァルケン群島の生態を知ることができます。また、バーチャル水族館では、クヴァルケン群島周辺に生息する魚や海上を飛ぶ鳥たちの姿が見られます。クヴァルケン群島の概要や見どころが凝縮されているので、観光前の情報収集に立ち寄ってみては。

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。緯度が高いため夏季の日照時間が長く、観光に十分な時間をとることができます。夏でも朝晩は気温が下がるので、長袖の羽織りものがあった方がよいでしょう。メキシコ湾流の影響で高緯度の割には温暖ですが、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ヘルシンキ
  • ロヴァニエミ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:63.2293, 21.4038
  • 住所:Kuggvägen 35, 65800 Replot, Finland
首都
ヘルシンキ
面積
338,400 (km2)
人口
550万人 2017年
言語
フィンランド語、スウェーデン語
公用語
フィンランド語、スウェーデン語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Telia、Elisa、DNA
最寄り空港からのアクセス方法

【ヴァーサ空港からヴァーサ市内】
<バス>
4番、10番バスが市内中心部まで運行
所要時間:約25分
料金:3.20EUR


【ヴァーサ市内からクヴァルケン群島】
車で約30分


<バス>
ヴァーサ・トラベルセンター(バスステーション)からクヴァルケン群島行きのバスが運行
※夏季のみ


参考サイト:kvarkenworldheritage.fi


(2018年11月現在)


最寄り空港詳細

  • ヴァーサ空港 (VAA)