横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

ラマイ・ビーチ

(Lamai Beach)

概要

サムイ島のラマイビーチは、南北に3.5kmほどあり、チャウエン・ビーチとほぼ同じ広さを誇ります。サムイ島で2番目に旅行者が多いビーチは、北ラマイ・ラマイ中央・南ラマイに分かれ、それぞれに違った魅力を持っています。高級リゾートでのんびりすることも、ローカルな雰囲気を楽しむことも、透明度抜群の海でシュノーケリングを楽しむこともできます。


見所ポイント

リゾートが充実している北ラマイ
透明度の高いコーラルベイの静かなビーチ

ラマイビーチ北のエリアには、美しい小さな入り江がたくさんあります。「コーラルベイ」と呼ばれる入り江には、入り江右端から沖合いまで生きた珊瑚礁が海底に広がっていて、サムイ島でも有名なシュノーケリングのポイントです。豊かな自然に囲まれたひと気の少ない入り江なので、閑静なビーチで過ごしたいという人に人気のあるポイントです。北ラマイでもう一つ人気のあるビーチが、「クリスタルビーチ」。クリスタルビーチはサムイ島で透明度が一番高いと言われていて、浅瀬でも、遊びながら珊瑚や熱帯魚が観察できるほどです。地元の子供たちにも人気がある入り江は、のどかな賑やかさに包まれています。太陽の光を浴びてエメラルドグリーンの海がキラキラと輝く光景は息を飲むほどの美しさです。サンライズがきれいに見える場所でもあります。有名な2つのビーチを紹介しましたが、北ラマイのビーチは総じて透明度が高いので、シュノーケリングポイントが豊富にあります。また、北ラマイには「シークレットビーチ」と呼ばれる、知る人ぞ知るビーチも隠されています。地元の人から、シュノーケリング穴場ポイントを教えてもらったり、シークレットビーチの場所をこっそり教えてもらったりするのも、旅の楽しさかもしれません。

北ラマイは、滞在型の高級リゾートホテルが点在しています。中でも「バンヤンツリー サムイ」は、最高級リゾートホテルグループ「バンヤン」が展開する、サムイ島一と言われるヴィラ・リゾート。2010年に珊瑚礁の美しい海を臨む位置にオープンしたこのホテルは、僅か数年でサムイ島の最高級ホテルと謳われるようになりました。全室にプライベートプールが付いた「バンヤンツリー サムイ」は、島内ホテルの口コミランキングでも一位を獲得する大人気ホテルです。また、「ビーチリパブリックホテル」は、ビーチサイドで食べることができるサンデーブランチで有名です。このエリアは、ラマイの中心地であるラマイタウンと、サムイ島一の繁華街チャウエンの間に位置しているので、両方へのアクセスができるという魅力もあります。ラマイタウンまでは徒歩20分ほど、チャウエンまでは車で20分~30分ほどです。

ラマイの中心地ラマイタウン
ゆったりとした雰囲気のラマイビーチ

のんびりとした空気が心地よいラマイ。ラマイの中心地であるため北や南に比べると賑やかな場所ですが、ビーチは美しく、人が集まっても騒がしくはならず、ゆったりとした雰囲気に包まれているのが特徴です。ココナッツがのびのびと茂るビーチでは、並べ置かれたビーチベッドで、思い思いにのんびりと過ごす人たちの姿が。ビーチでよく見かける物売りの人たちですら、ぶらぶらとビーチを歩いては木陰で休んだりしているほどです。

中心街ラマイタウンは、古くからサムイ島にある町。レストランやコンビニ、ファーストフード、銀行や両替所、バー、クラブまで、なんでも揃う町でありながらも、ローカルな温かい雰囲気がします。町が広すぎないため、無理なく徒歩で巡れるのも魅力です。また、西洋文化が色濃く感じられるのもラマイタウンの特徴の一つ。ドイツ料理、スイス料理、イングリッシュ・パブなどが立ち並び、西欧人経営の老舗レストランも多く点在しています。夜は賑やかな繁華街になるため、お酒を飲みながらライブやビリヤードなどを楽しむこともできます。高級リゾートもリーズナブルなバンガローも数多くあるラマイ中央エリア。タウンリゾートで楽しみたい人にお勧めです。

ローカルな雰囲気がたまらない南ラマイ
南ラマイの名所「ヒンダ・ヒンヤイ」

南ラマイには、サムイ島の2大観光名所の1つ、ヒンダ・ヒンヤイがあります。「おじいさん・おばあさん岩」という意味を持っておりヒンダ・ヒンヤイは、海に向かって岬のように突き出た岩場のこと。珊瑚礁が美しい最高のビューポイントです。珊瑚礁のリーフはこの岩場から500メートル以上続いていて、熱帯魚の種類も多いので、人気のあるシュノーケリングポイントでもあります。美しい珊瑚の上を色とりどりの熱帯魚が泳ぐ光景は、天然の水族館のようです。また、沖に近づくと回遊魚が廻ってくるエリアになるため、ダイナミックなシュノーケリングが楽しめます。ラマイでは、北と南に透明度の高い海があるため、北エリア同様、南エリアにも、このように絶好のシュノーケリングポイントが点在しています。サムイ島の海のベストシーズンと言われる、波の穏やかな6月~10月であれば、ヒンダ・ヒンヤイ周囲の岩場で、子供や初心者でもシュノーケリングが楽しめます。南ラマイには大きな滞在型のリゾートホテルはなく、こぢんまりとしたバンガローやヴィラタイプのホテルが多くあります。南ラマイの魅力は、昔から変わらない美しい自然の姿と、のどかな地元の雰囲気を楽しめるところで、バックパッカーが多く集まるエリアでもあります。南ラマイから中央のラマイビーチへ行く時は、ビーチを歩くのが近道になります。ヒンダ・ヒンヤイからラマイタウンまではリングロードなら徒歩20分程度、ビーチを歩けば1kmほどの距離なので、10分程度の近道になります。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【サムイ発】エコサファリ半日ツアー6.5時間

veltra.com

ベストシーズン

サムイ島は、10月下旬から12月上旬の多雨季を除いて、1年を通して安定した天候が続くのが特徴です。一般的にタイの雨季である5月から10月もサムイ島は雨量が少なく観光に適しています。3月から10月上旬がベストシーズンで、この時期は波が穏やかで海の透明度も上がります。朝晩にスコールが降ることはありますが、長く降り続くことはありません。一方、10月下旬から12月上旬にかけては雨が何日も降り続くこともあり、不安定な天気が続くので観光にはあまり適していません。1月から2月は雨量は減るものの風の影響で海が荒れることもあります。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:9.4626, 100.0449
  • 住所:122/37 Thanon Had Lamai, Tambon Maret, Amphoe Ko Samui, Chang Wat Surat Thani 84310, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

<ミニバスを利用>
乗り合いのため人数が集まり次第出発
所要時間:30~40分
料金:北部~中央170THB、南部200THB


<空港タクシーを利用>
所要時間:30~40分
料金:北部700THB、中央800THB、南部900THB


最寄り空港詳細

  • サムイ空港 (USM)
  • スラタニ空港 (URT)