横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ケニア

ラム旧市街

(Lamu Old Town)

概要

ケニアの南東の沿岸部のラム島北東部に位置するラム旧市街は、モンバサやマリンディと並び、ケニアで最も古い港町の一つです。19世紀末までは、金や象牙、奴隷貿易の拠点として栄え、アラビア交易の主要なルート上にあったことからイスラム文化の影響を強く受けています。ラム旧市街には、東アフリカに現存する最古のスワヒリ系の建造物群が良好な状態で残っており、スワヒリの伝統文化を今に伝える優れた例証として旧市街全体が2001年にユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

スワヒリの伝統家屋が立ち並ぶラム旧市街
エキゾチックな雰囲気が漂う路地

ラム旧市街は、スワヒリ文化が根付く東アフリカの沿岸部の町の中で現存する最古のスワヒリの居住区です。インド洋交易の拠点として14世紀に築かれたのが始まり、長い歴史の中でトルコやアラブ、ヨーロッパなど多様な文化的背景を持つ商人や来訪者を迎え入れてきました。ラム島では、数世紀に渡る国際的な交流の中で、独自のスワヒリ文化が築き上げられ、共通語としてスワヒリ語が生まれました。スワヒリ文化は、イスラムの生活規範をもとにしながら、アフリカの土着の農耕文化とアラブやペルシャ系の外来の文化が融合したもの。そのため、スワヒリ語も現地のバントゥー諸語にアラビア語やペルシャ語などの外来語を由来とする語彙が多く含まれています。因みにスワヒリとは、アラビア語で海岸や水辺を意味する「サワーヒル」という言葉が由来とされています。

ラム島の住人の多くはイスラム教徒であり、ラム旧市街はモスクをはじめイスラム文化を強く感じる街並みとなっています。漆喰が塗られた白壁とマングローブの木材を使用した伝統的なスワヒリの建築様式の建物が点在し、海岸沿いを中心に伝統建築を改装したホテルやゲストハウスなどの宿泊施設も多くあります。こうした伝統建築には、ドアや内部の壁面にアラブ風の細かな彫刻装飾も多く見らます。また、建物の中心部にはプライバシーが確保された吹き抜けとなった中庭があったり、ベランダやルーフトップテラスなどのスペースが設けられていることも珍しくありません。ルーフトップテラスからは旧市街の街並みや海岸を望め、のんびりと寛ぐにも最適な空間となっています。

ラム旧市街の散策
荷物を運ぶラム島のロバ

スワヒリの伝統的な家屋が残るエキゾチックな街並みとゆったりとした空気が流れるラム島は、非日常を味わえ、訪れる旅行者を惹きつけています。ラム旧市街は、その街並み自体が見どころとなっていて、迷路のように入り組んだ路地裏を迷いながら散策するのが醍醐味でもあります。建物が密集する旧市街の狭く入り組んだ路地は何世紀も変わらずに残っており、中には人がギリギリすれ違える程度の細い路地もあります。路地裏を歩いていると、伝統や習慣を受け継ぎながら暮らす地元の人々の生活を垣間見ることができるでしょう。

旧市街の観光は基本的には徒歩となりますが、歩いても十分見て回れるコンパクトな広さです。そして、ラム旧市街では街を往来するロバの数の多さに驚くかもしれません。旧市街の狭い通りでは車は通過できないため、ロバの背中に生活物資や建築資材の載せて運搬が行われており、時に人の交通手段としても利用されています。海岸沿いや建物の軒先でロバが待機している姿もラム島の日常風景の一つとなっています。

ラム島の歴史がわかるラム要塞とラム博物館
かつての邸宅を利用したラム博物館

ラム要塞は、旧市街の中心部にあるランドマーク的存在。この要塞は、1821年に建設されたもので、建設当時は東アフリカの沿岸部を統制していたオマーンの軍事拠点として機能していましたが、その後拠点がザンジバルに移されたため、ラム島の戦略的重要性は失われました。軍事拠点としての役目を終えたラム要塞は、イギリス植民地時代以降は刑務所に転用されていましたが、現在は、図書館や博物館、イベント会場として利用されています。

海岸沿いにあるラム博物館は、植民地時代にイギリス総督の邸宅として使用されていた建物です。ここでは、アラブのダウ船の模型やかつての生活用品、家具、スワヒリの建築様式などラム島やスワヒリ文化の歴史に関する品々が展示されています。中には遠く離れた中国製の磁器も見られ、交易で繁栄していた往時が偲ばれます。

ラム島のビーチリゾート「シェラ」
海岸沿いに建つシェラのリゾートからの景色

ラム旧市街から南に約3km、ラム島の南東の端に位置する村シェラ(Shela)は、レストランやホテルが点在するビーチリゾートとして親しまれています。ラム旧市街よりもさらにのんびりした雰囲気が漂っていて、ホリデーシーズンには国内外から多くのリゾート客が訪れています。シェラの建物の壁面や石垣には、サンゴが使われていることも多く、南の島のような独特な風情があります。海岸沿いには、イギリス植民地時代に建てられたコロニアル様式の趣のある建物を改装したホテルも見られます。そして、ラム島の南海岸は、全長12km以上に渡る広大な砂浜のシェラビーチが広がっています。

ラム島では、海水浴やシュノーケリング、カイトサーフィン、釣りなどのマリンアクティビティを楽しめるほか、ダウ船と呼ばれる伝統的な木造の帆船でのサンセット・クルーズもオススメ。波音を聴きながら海上から眺めるサンセットは雰囲気があり格別です。電子機器をオフにし、日常の喧騒から離れて何もしない贅沢な休日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

タクワの集落遺跡
タクワのモスクの遺跡

ラム島の向かい側にあるマンダ島には、1500年頃に創設されたタクワ(Takwa)の集落遺跡があります。ここは1700年頃に放棄されたものとされ、住民は現在のシェラに移り住むようになりました。現在でもタクワは神聖な場所と考えられており、シェラの人々は年に2回、タクワ遺跡に残る柱(墓)を訪れ、雨乞いの祈りを捧げています。タクワ遺跡は、1982年にケニアの国定記念物に指定され、ケニア国立博物館により管理されています。草木に覆われ、朽ち果てた遺跡は神秘的な雰囲気を纏っています。タクワ遺跡へは、ラム島からボートをチャーターして訪れることができます。近くにはビーチがあるので、ビーチと合わせて訪れるのもよいでしょう。

ベストシーズン

ラム島は一年を通して観光できますが、ベストシーズンは、乾季の7月~10月と1月~2月です。4月~5月は大雨季、11月~12月は小雨季となります。


  • 現地
  • ナイロビ
  • モンバサ
  • キスム
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:-2.2685, 40.9023
  • 住所:Airkenya Express Ltd-Lamu, Witu, Kenyatta Rd, Lamu, Kenya
首都
ナイロビ
面積
580,367 (km2)
人口
4,803万人 2018年
言語
スワヒリ語、英語、その他60以上の民族語
公用語
スワヒリ語、英語
通貨名
ケニア・シリング 補助通貨はセント(1KES=100セント) ※本サイトではKESと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Safaricom、Airtel、Telkom Kenyaなど
最寄り空港からのアクセス方法

【マンダ空港からラム】
空港前のジェッティからラム旧市街までボートで約5分


最寄り空港詳細

  • マンダ空港 (LAU)