横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

メナム・ビーチ

(Mae Nam Beach)

概要

サムイ島の北部に位置するメナム・ビーチは、観光客の少ない穴場ビーチ。レストランやバンガローはありますが、まだまだ未開発な部分が多く、サムイ島の豊かな自然が多く残された開放的なビーチです。地元の人たちも多く訪れるため、ローカルな温かさがあるのも魅力の一つ。近年では高級リゾートも数軒建ったため、リゾートで長期滞在する人たちにも人気が出てきています。


見所ポイント

素朴な風景が残る穴場ビーチ
閑静なメナムビーチ

メナム・ビーチは、サムイ島の北部にある素朴なビーチです。リゾート開発はほとんどされていないため昔ながらの風景が守られており、ビーチ沿いに建つレストランやバンガローもそれほど多くないので、砂浜も広く、景色がとても開けているように感じられます。ここでは海水浴やヨットを楽しんだり、木陰で読書や昼寝をしたりと、ゆったりと流れる時間を楽しんで、優雅に過ごす人たちの姿が印象的です。
メナム・ビーチは、チャウエン、ラマイに続いてよく知られているビーチですが、その知名度の割には観光客の姿は多くなく、時間帯やビーチの場所によっては大自然を独り占めすることが出来るほど。メインロードの交差点をビーチ側に進むとビーチの目の前にタイ式の東屋「サラ」があります。自由に利用できるこのサラは、横に6メートル、縦に4メートルほどの大きさで、板張りの床が涼しげです。ここでは観光客や地元の人々が、潮風に吹かれながら昼寝をしている姿がよく見られます。サラからは、約4kmに渡って続くメナム・ビーチが一望できます。波もほとんどない、湖のように穏やかな海。静かであることの心地よさを満喫できる穴場ビーチだと言えるでしょう。

メナムの町は観光地と言うよりも地元の人々が暮らす居住区なので、メインロードを走っていても人々の生活が垣間見える、ローカルな楽しさが味わえるエリアです。メインロードからビーチに出る時は、信号のある交差点を海の方に曲がりましょう。田舎ならではの細い道を進んで行くと、突きあたりにビーチが広がります。サムイ島一の繁華街チャウエンからメナム・ビーチへは、車で30分ほどの距離です。

近年オープンした5つ星ホテル
W・リトリート・コー・サムイのプールラウンジ

メナムビーチはバックパッカーが好んで訪れる場所だったこともあり、リーズナブルなバンガローが多いエリアだったのですが、近年はこの地にも高級リゾートがいくつか建ち、さまざまな層の旅行客が訪れるようになりつつあります。
「サンティブリ・ビーチ・リゾート・アンド・スパ(SANTIBURI BEACH RESORT AND SPA)」 は、メナム・ビーチの5つ星リゾート。建物のデザインはタイの伝統家屋がモチーフになっていて、十分な設備の整った環境で不自由なく滞在生活を楽しむことができます。このホテルの魅力は、何と言ってもゴルフ場。サンティブリ・ビーチ・リゾート・アンド・スパはサムイ島唯一のゴルフ場を有するホテルなのです。もちろん送迎サービスがあるので、早朝からゴルフを楽しんで朝食を取り一休み、午後はビーチでのんびり・・・ということも可能。

また、2010年にオープンした「W・リトリート・コー・サムイ(W Retreat Koh Samui)」も年々人気急上昇の5つ星ホテル。こちらは、ポップでスタイリッシュなデザインが特徴の、とてもユニークな高級リゾート。中でも印象的な施設がプール上のラウンジです。ハスをイメージして作られた座席は円卓をソファーがぐるりと囲んだ造りになっていて、席は一つ一つ独立してプール上に浮かぶようにして設けられています。座席は深めに作られているので、水に浮いているというよりは、水の中にいるような気分に。トロピカルカクテル片手に、幻想的なパノラマの中でサムイ島の夜をゆったりと楽しむことができるでしょう。

日帰りツアーもおススメ
アイランドツアーボート

サムイ島周辺には個性豊かな離島が数多く点在していて、メナム・ビーチはこうした離島へのアクセスが便利なエリアとしても知られています。一番近い島は、メナム・ビーチのほぼ正面に見えるパンガン島。パンガン島で有名なのが、満月の夜に行われる「フルムーン・パーティー」です。このパーティーは島の南端にあるハードリン・ビーチで行われ、ビーチ沿いにはオープンエアのクラブや屋台が立ち並びます。大規模なこのレイブには毎月世界中から2万人の旅行客が訪れ、飲んで踊って、賑やかな夜を思いっきり楽しんでいます。イベントは満月の夜だけでなく、半月の日にはハーフムーン・パーティー、新月の日にはブラックムーン・パーティーが行われます。

シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツを目的にするなら、ナンユアン島やタオ島がお勧め。ナンユアン島周辺には、泳いでいる魚の姿が船から見えるほどの透明度の高い海が広がっています。
海の色の美しさと白い砂浜を併せ持つ島は、まさに楽園。島には2つのビーチがあり、「TWINS」、「JAPANESE GARDEN」と名前がついています。水中に大きな岩が2つあること、美しい日本庭園のような風景が海中に広がっていることが、それぞれの名の由来のようです。由来の秘密が海の中にあるというのもロマンチックですね。ナンユアン島ではシュノーケリングを思いっきり楽しみましょう。ここではサンゴ礁の保護のために、フィンの使用が禁止されています。ダイビングを楽しみたい人は、ぜひタオ島へ!タオ島には、ジンベイザメと遭遇する確率の高い「チュンポンピナクル」や世界のダイブサイトBEST50に選ばれた「セイルロック」など、有名なダイビングスポットを含め、20以上の良スポットが点在しています。メナムビーチから離島へは、現地ロンプラヤ社のツアーがおすすめです。ナンユアン島、タオ島へはボートで1.5時間ほどの距離です。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【サムイ発】エコサファリ半日ツアー6.5時間

veltra.com

【サムイ発】アントン・ナショナル・マリンパーク1日

veltra.com

ベストシーズン

サムイ島は、10月下旬から12月上旬の多雨季を除いて、1年を通して安定した天候が続くのが特徴です。一般的にタイの雨季である5月から10月もサムイ島は雨量が少なく観光に適しています。3月から10月上旬がベストシーズンで、この時期は波が穏やかで海の透明度も上がります。朝晩にスコールが降ることはありますが、長く降り続くことはありません。一方、10月下旬から12月上旬にかけては雨が何日も降り続くこともあり、不安定な天気が続くので観光にはあまり適していません。1月から2月は雨量は減るものの風の影響で海が荒れることもあります。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:9.5737, 99.9937
  • 住所:Unnamed Road, Tambon Mae Nam, Amphoe Ko Samui, Chang Wat Surat Thani 84330, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

<ミニバスを利用>
乗り合いのため人数が集まり次第出発
所要時間:約25分
料金:150THB


<空港タクシーを利用>
所要時間:約25分
料金:700THB


最寄り空港詳細

  • サムイ空港 (USM)
  • スラタニ空港 (URT)