横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ベルギー

ワロン地方の主要な鉱山遺跡群

(Major Mining Sites of Wallonia)

概要

ベルギーのワロン地方は、19世紀から20世紀にかけて石炭の一大生産地としてベルギーの産業を支え、最盛期には数百もの炭鉱施設がありました。その内のエノー州のグラン・オルニュ、ボワ・デュ・リュック、ボワ・デュ・カジエとリエージュ州のブレニー・ミーヌの4ヶ所は、特に良好な状態で保存されており、炭鉱技術の発展と炭鉱で働く労働者の環境などヨーロッパの産業革命を象徴する好例として、2012年にユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

かつてベルギーの経済を支えた炭鉱遺跡
作業風景を再現したボワ・デュ・リュックの博物館

世界遺産に登録された4つの炭鉱施設は、ワロン地方を東西に約170km横断するように点在しています。同時代のベルギーの炭鉱の中でも特に保存状態の良く、現在はいずれの施設も一般公開されています。炭鉱の仕事は、湿度が高く粉塵が舞う厳しい環境での重労働でしたが、炭鉱各社は、快適な住宅環境を整えるなどして、労働者を確保しました。これらのスポットでは、ベルギーの炭鉱産業の軌跡とそれを支えた多くの労働者の生活環境の様子を知ることができます。

グラン・オルニュ、ボワ・デュ・リュック、ボワ・デュ・カジエ、そしてブレニー・ミーヌの4つの施設は、広範囲に点在しており、いずれも町の郊外に位置しているので、公共交通を利用する場合は、時間に余裕を持ったスケジュールを立てることをオススメします。

複合文化施設として生まれ変わった「グラン・オルニュ」
ネオ・クラシカル様式の建物に囲まれた広場

グラン・オルニュ(Grand Hornu)は、モンス市街地から西に10kmほどの場所に位置する19世紀初頭に建設された大規模な炭鉱の複合施設です。かつてはベルギー最大の鉱山会社の一つで、フランス北部からパリにかけての石炭の需要の50%を供給していました。グラン・オルニュでは、抽出技術と蒸気動力の機械が開発され、ベルギー初の私鉄が建設されました。

約450戸の労働者用の住宅には、広い居住空間に給湯設備や庭が備えられていました。さらに敷地内には、学校やダンスホール、ショップ、薬局などが設立され、労働者やその家族が快適に暮らせる町が形成されていました。1954年に炭鉱が閉鎖された後、一時は荒廃していましたが、1980年代に本格的な改修と保全が開始され、現在はベルギーの近代化を担った産業の歴史を伝える文化施設へと生まれ変わっています。ネオ・クラシカル様式の美しい建物が並ぶ敷地内には、現代美術館(MAC’s)が併設されており、アート鑑賞も同時に楽しむことができます。

公式サイト:grand-hornu.eu

産業革命の光と影を伝える「ボワ・デュ・カジエ」
1956年の事故現場となった施設

シャルルロワの郊外にあるボワ・デュ・カジエ(Bois du Cazier)は、1967年に閉鎖された後、ワロン地方により買い取られ、2002年より産業の歴史を伝えるスポットとして一般公開されるようになりました。敷地内には、「1956年8月8日記念館」、「産業博物館」、「ガラス博物館」の3つのテーマの博物館があります。

1956年に262名の犠牲者を出した大規模の鉱山事故が起こりました。この事故で亡くなった犠牲者は12ヶ国に及び、その多くはイタリア人でした。1956年8月8日記念館では、映像や写真、証言などを通じてこの事故の惨劇を伝えています。ボワ・デュ・カジエは歴史の証人として、産業の発展の裏には危険と隣り合わせの過酷な労働により支えられていた事実を後世に伝えていく社会的に重要な役割も担っています。敷地内には、犠牲者を追悼する記念碑も建てられています。

産業博物館は、産業革命の間、シャルルロワの主要な産業であった炭鉱、製鉄、ガラス製造、印刷について学ぶことができ、蒸気機関、圧延機、発電機、トラム車両などの展示も見ることができます。

ガラス博物館は、カラスの歴史や技術、芸術性を伝えるコレクションが近代から古代まで遡って展示されています。アトリエでは吹きガラスや鋳造のデモンストレーションも行われています。

敷地の南側に広がる林には遊歩道が敷かれており、ボタ山(石炭の採掘で発生した廃石の集積所)の展望台へアクセスすることができます。展望台からは、シャルルロワの町や周辺の大地を見渡すことができます。

公式サイト:leboisducazier.be

ワロン地方最古の炭鉱「ボワ・デュ・リュック」
ボワ・デュ・リュックの産業村

ボワ・デュ・リュック(Bois-du-Luc)は、ラ・ルヴィエールの市街地から西に約3kmの場所に位置しています。ワロン地方で最も古い炭鉱の一つで、1685年から1973年に閉鎖するまで3世紀に渡り操業されていました。現存する建物の多くは、19世紀から20世紀初頭にかけて建設されたもので、炭鉱施設のほか、住宅、ショップ、病院、教会、ホール、学校、図書館などがある典型的な産業村です。ボワ・デュ・リュックの博物館では、機械設備が残る工場や執務室など人形を使って作業の様子が再現されていたり、パネルなどを使って炭鉱産業の歴史を学ぶことができます。また、キッチンや寝室など労働者の居住空間も見られ、当時の人々の暮らしぶりも垣間見ることができます。当時、労働者たちは、高い生産性を保つために労働以外の時間もクラブ活動や礼拝などの参加が強制され、生活を管理されていました。経済発展のために強いパターナリズムが存在していた時代背景も読み取ることができます。

公式サイト:ecomuseeboisduluc.be

地下の採掘場を探検できる「ブレニー・ミーヌ」
ブレニー・ミーヌの地下の坑道跡

ブレニー・ミーヌ(Blegny-Mine)は、リエージュ市街地から北東に約15kmの場所に位置しています。ブレニー・ミーヌでは、18世紀末に炭鉱が始まり、最盛期にはベルギートップクラスの石炭の生産量を誇っていました。現存する建物の多くは20世紀以降に建てられたもので、機械設備も20世紀以降に備えられたものです。20世紀後半になるとベルギーの炭鉱業は衰退し、ブレニー・ミーヌも1980年に閉業しました。その後、産業遺跡として保存され、現在は博物館として一般公開されています。ブレニー・ミーヌの目玉は、地下30mから60mの採掘場跡の探検ツアー。ここでは、採掘現場がいかに過酷な労働環境であったかを知ることができます。地下は15度に保たれており、見学の際は、ヘルメットとジャケットの貸し出しが行われています。この他、当時の機械設備も展示されており、ツアーでは採掘から洗浄、選別など石炭が輸送、販売されるまでの過程を知ることができます。

炭鉱横にあるボタ山は、現在は草木が生い茂る自然豊かな場所となっています。高さ57mの山頂は、周辺の壮大な景色を見渡せるビュースポットとなっています。

公式サイト:blegnymine.be

ベストシーズン

ベルギーには、四季があり、観光のベストシーズンは、最も過ごしやすい夏の6月~8月です。夏季は日照時間が長く、夜10時頃まで明るいので観光に十分時間を取ることができます。一方、冬は日照時間が短くなり、厳しい寒さとなるので防寒対策は万全に。


  • 現地
  • ブリュッセル
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:50.4350, 3.8377
  • 住所:Rue Sainte-Louise 82, 7301 Boussu, Belgium
首都
ブリュッセル
面積
30,528 (km2)
人口
1,135万人 2017年
言語
オランダ語(フラマン語)、フランス語、ドイツ語
公用語
オランダ語(フラマン語)、フランス語、ドイツ語
通貨名
ユーロ 補助通貨はセント ※本サイトではEURと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Proximus、Orange、BASE
最寄り空港からのアクセス方法

(グラン・オルニュ)
【ブリュッセル空港からモンス】
<電車>
所要時間:約1時間15分


モンス駅から7番もしくは9番バスに乗車→(約20分)→HORNU Grand Hornu下車→徒歩6分


(ボワ・デュ・リュック)
【ブリュッセル空港からラ・ルヴィエール】
<電車>
ラ・ルヴィエール中央駅下車
所要時間:約1時間15分


37番バスに乗車→(約10分)→HOUDENG-AIMERIES Rue du Midi下車すぐ


(ボワ・デュ・カジエ)
【ブリュッセル空港からシャルルロワ】
<電車>
シャルルロワ南(Charleroi-Sud)駅下車
所要時間:約1.5時間


シャルルロワ南駅から1番バスに乗車→(約12分)→MARCINELLE Rue Petite Chenevière下車→徒歩8分


(ブレニー・ミーヌ)
【ブリュッセル空港からリエージュ】
<電車>
リエージュ・ギユマン(Liège-Guillemins)駅で各駅に乗り換えLiege-Palais駅下車
所要時間:約1時間10分


サン・ランベール広場近くのバス停(Liege Gare Léopold)から67番バスに乗車→(約50分)→TREMBLEUR Route de Mortier下車→徒歩5分


参考サイト(バス):infotec.be


(2019年3月現在)


最寄り空港詳細

  • ブリュッセル空港 (BRU)