横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
南アフリカ

マロティ・ドラケンスバーグ公園(南アフリカ)

(Maloti-Drakensberg Park, South Africa)

概要

マロティ・ドラケンスバーグ公園は、南アフリカとレソトの2カ国にまたがる世界遺産です。2000年に南アフリカの「ウクハランバ・ドラケンスバーグ公園」が登録され、2013年にレソトの「セサバテーベ国立公園」が追加登録されました。マロティ山脈を含むドラケンスバーグ山脈の美しい山岳風景や動植物の多様性に加え、先住民のサン人が4000年以上かけて残してきた岩絵や洞窟住居などの考古遺跡群もあり、自然と文化的景観の両方が評価された複合遺産です。


見所ポイント

雄大な大自然が広がるマロティ・ドラケンスバーグ公園
ツゲラ川沿いから見たアンフィシアター

南アフリカとレソトの2ヵ国にまたがるマロティ・ドラケンスバーグ公園の大部分は南アフリカのウクハランバ・ドラケンスバーグ公園が占めています。ウクハランバ・ドラケンスバーグ公園には、レソトとの国境沿いに標高3000m超える山々が連なり、断崖絶壁や渓谷、渓流が織りなす息を呑むような美しい山岳景観が広がっています。ドラケンスバーグ山脈の山々には、その見た目から「大聖堂の頂(カテドラル・ピークCathedral Peak)」、「悪魔の歯(デビルズ・トゥースDevil’s Tooth)」、「とうもろこしを挽く老婆(オールドウーマン・グラインディング・コーンOld Woman Grinding Corn)」などユニークな名前が付けられたスポットがたくさんあり、それらも魅力の一つとなっています。

ウクハランバ・ドラケンスバーグ公園では、2153種もの植物が確認されている他、48種類の哺乳類、296種類の鳥類をはじめ爬虫類や両生類、魚類など固有種や絶滅危惧種を含め様々な生き物が生息する豊かな生態系が育まれています。また、この雄大な大自然の中には、この地で数千年もの間生活を営んでいたサン人の考古遺跡が残されています。このようにウクハランバ・ドラケンスバーグ公園では自然と歴史を同時に楽しむことができ、毎年多くの旅行者が訪れています。トレッキングやハイキングはもちろん、キャニオニングやカヤック、釣り、乗馬など雄大な大自然を思う存分満喫でき、アクティブにアウトドアを楽しみたい人には特にオススメのスポットです。

円形劇場のような巨大な岩壁「アンフィシアター」
アンフィシアターの頂上とツゲラ滝

広大なウクハランバ・ドラケンスバーグ公園は、いくつかの国立公園や自然保護区からなっています。ウクハランバ・ドラケンスバーグ公園の北部に位置するロイヤル・ナタール国立公園は、アンフィシアター(Amphitheatre)と呼ばれる幅約5km、高さ500mの岩壁で有名です。その名の通り円形劇場のような形状をしていて、アンフィシアターの断崖を流れ落ちる落差948mのツゲラ滝も見どころの一つとなっています。ロイヤル・ナタール国立公園では、ハイキングや乗馬、釣りなど様々なアウトドア・アクティビティを楽しめますが、最も人気なのはハイキング。ハイキング・トレイルは、初心者から上級者向けまで様々なコースが用意されています。観光の拠点となるテンデレ・キャンプ(Thendele Camp)のビジターセンターには、ハイキングガイドや地図が用意されています。テンデレ・キャンプ横を流れるツゲラ川からは、アンフィシアターを正面から眺めることができるビュースポット。ツゲラ渓谷に向かうトレイルでは、最後に鎖のハシゴを登って山頂から壮麗なツゲラ滝を見渡すことができます。

自然と遺跡を同時に楽しめる「ジャイアンツ・キャッスル」
ドラケンスバーグ山脈と草原に佇むエランド

マロティ・ドラケンスバーグ公園のほぼ中央に位置するジャイアンツ・キャッスル(Giant’s Castle)は、剥き出しの玄武岩の断崖が威風堂々とそびえ、壮大な景観を作り上げています。ジャイアンツ・キャッスルは、山頂の形状が巨人が眠っているシルエットに似ていることからその名が付けられました。このジャイアンツ・キャッスルを擁するジャイアンツ・キャッスル自然保護区は、エランドと希少種のヒゲハゲタカの生息地として知られています。ヒゲハゲタカが大空を優雅に舞う姿は思わず見入ってしまうことでしょう。ジャイアンツ・キャッスル周辺にも多くのハイキング・トレイルがあり、ドラケンスバーグ山脈の中でも人気のハイキングエリアとなっています。ジャイアンツ・キャッスル・キャンプの近くには、かつてこの地に暮らしていたサン人の大規模な保存状態の良い岩絵が残っている洞窟があり、ガイドツアーで訪れることができます。ジャイアンツ・キャッスル・キャンプから岩絵のある洞窟まではブッシュマン川の渓谷沿いを歩いて45分ほど。美しい山岳風景を眺めながらのハイキングはあっという間。この洞窟では、岩絵の他にも人形を用いてかつてのサン人の暮らしぶりを再現した展示もあり、当時の人々の暮らしぶりを視覚的に理解できるようになっています。

数千年前から描かれてきたサン人の岩絵
エランドと人物が描かれたサン人の岩絵

ドラケンスバーグ山脈には、サン人の描いた岩絵が数多く残っています。サン人の祖先は約8000年前頃から20世紀初頭までこの地に暮らし、何千年にも渡り多くの岩絵を描き続けてきました。

マロティ・ドラケンスバーグ公園で最も古い岩絵は、レソトのセサバテーベ国立公園内にある約4000年前に描かれたもの。南アフリカのウクハランバ・ドラケンスバーグ公園では、2400年前頃のものが最も古いもので、約600ヶ所に35000点もの岩絵が残されています。岩絵に描かれているのは、アンテロープやエランド、カバ、サイ、ゾウ、バッファロー、ヘビ、マングースなど古くからこの地域に生息していた動物や道具を持った人物像が多く見られます。描かれている場面は狩猟採集といった生活の様子が多く見られ、その他にもダンスや祈祷、儀式をする場面が含まれていることも明らかになっています。サン人の岩絵は、マロティ・ドラケンスバーグ公園以外の土地でも発見されていますが、多様性と密度の点においてはここが最も優れており、さらに芸術的価値や宗教的な価値も高く評価されています。これらの岩絵が残る遺跡の一部は一般公開されています。なお、岩絵の見学は、遺跡保護のため基本的にガイドツアーでのみ可能となっています。ツアーでは、壁画に関してだけでなく、サン人の生活や文化についてもガイドが詳しく説明してくれます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
プライベートドラケンスバーグ山脈と洞窟壁画を訪ねる終日観光1日

activities.his-j.com

ベストシーズン

南半球に位置する南アフリカは、北半球とは逆の季節になります。マロティ・ドラケンスバーグ公園は、1年を通して観光を楽しめます。夏季(11月~2月)は比較的過ごしやすく、特に11月~12月は野花が咲き誇り、美しい景観が見られます。ただし天候が変わりやすく雷雨になることもあるので注意が必要です。冬季は、天候は安定しているものの昼夜の寒暖差があり、雪が降ることもあるので防寒対策が必要です。


  • 現地
  • プレトリア
  • ケープタウン
  • ダーバン
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:-29.1202, 29.4378
  • 住所:Unnamed Road, Giants Castle Game Reserve, South Africa
首都
プレトリア
面積
1,219,090 (km2)
人口
5,794万人 2018年
言語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の合計11言語
公用語
アフリカーンス語、英語、バントゥー諸語(ズールー語、コサ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、南ンデベレ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語)の合計11言語
通貨名
ランド 補助通貨はセント(1ZAR=100セント) ※本サイトではZARと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Vodacom、MTN、Cell C、Telkomなど
最寄り空港からのアクセス方法

【ダーバン国際空港からのアクセス】
車で3時間前後


※訪れるエリアにより異なる


最寄り空港詳細

  • ダーバン国際空港 (DUR)

近隣の見所スポット