横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
モロッコ

マラケシュ旧市街

(Medina of Marrakesh)

概要

モロッコ中部のアトラス山脈の麓に位置するマラケシュは、モロッコを代表する観光都市です。マラケシュとはベルベル語で「神の国」を意味し、ベルベル人の興したムラービト朝時代の11世紀後半に首都が置かれ、町が建設されたのがマラケシュの始まりです。以降、長い間モロッコの政治や経済、文化の中心として発展してきました。城壁に囲まれたマラケシュの旧市街(メディナ)には、各時代に建設された歴史的建造物が残っており、1985年には旧市街全体がユネスコの世界遺産に登録されました。


見所ポイント

マラケシュの観光拠点となるジャマ・エル・フナ広場
夜のジャマ・エル・フナ広場

東西に2km、南北に3kmの城壁に囲まれたマラケシュの旧市街は、北アフリカで最大の規模を誇ります。旧市街の中心となるのが、ジャマ・エル・フナ広場で、マラケシュ最大のスーク(市場)にも直結しており、マラケシュの観光拠点となっています。この広場は、マラケシュが創設された11世紀後半から長い間街の中心となってきました。

現在は、飲食店や土産物などの屋台がひしめき合い、ストリート・パフォーマーや多くの観光客で毎日夜遅くまで賑わうエネルギッシュな広場で、マラケシュを訪れた観光客が一度は立ち寄るスポットとなっています。2001年には、「ジャマ・エル・フナ広場の文化的空間」としてユネスコの無形文化遺産に選ばれ、2009年に正式に登録されました。広場を歩いているとあちこちから客引きの声がかかり、気押されそうになりますが、そんな混沌とした雰囲気も含めとても興味深いスポットです。屋上のテラスから広場を見渡せるカフェもあるので、俯瞰で広場を眺めてみるのもオススメです。

クトゥビーヤ・モスクとミナレット
マラケシュのランドマークとなっているミナレット

ジャマ・エル・フナ広場の西側には、12世紀のムワッヒド朝時代に建設されたクトゥビーヤ・モスクがあります。クトゥビーヤ・モスクは、マラケシュ最大のモスクで、町のどこからでも見える高さ77mのミナレットは、マラケシュのランドマーク的存在となっています。このミナレットは、同時期に建設された首都ラバトのハッサン塔やスペインのセビリアにあるヒラルダの塔などにも影響を与え、現在もミナレット建築のモデルとなっています。夜になるとライトアップされ、昼間とは異なる幻想的な雰囲気に包まれます。

クトゥビーヤ・モスクの北隣には、最初に建てられたモスクの基礎部分の遺跡が残されています。最初のモスクは、建設途中でミフラーブ(メッカの方向を示す壁に設けられた窪み)の向きが間違っていたことが判明したため、その隣に新たなモスク(現クトゥビーヤ・モスク)が再建されました。最初のモスクと再建された現在のモスクはミフラーブの位置を除いて全く同じ構造で建設されました。イスラム教徒以外の立ち入りは禁止されているので、内部の見学はできませんが、遺跡からモスクの大きさをうかがい知ることができます。クトゥビーヤ・モスクの隣には、美しく整備された公園があり、地元の人々の憩いの場となっています。

イスラム建築の傑作「バイア宮殿」
バイア宮殿の最も大きい中庭

バイア宮殿は、19世紀後半にアラウィー朝のスルタンに仕えていた大宰相シー・ムーサ(Si Moussa)の私邸として建設されました。現在は、宮殿の一部が一般公開されており、優美なイスラム芸術の粋を堪能することができます。宮殿内部は、木々が植えられ、噴水を備えた美しい中庭がいくつも配されており、さらに漆喰や木製の透し彫り、モザイクタイル、壁画、ステンドグラスなどの美しい装飾があちこちに施された部屋のインテリアも目を見張るものがあります。宮殿内には、4人の妻と24人の側室の部屋が設けられており、当時の大宰相が莫大な富と権力を持っていたことをうかがい知れます。宮殿内で最も大きな中庭の周りには、側室たちの部屋が配置され、ハレムとして機能していました。ハレムの中庭は、床一面大理石やタイル装飾に覆われ、中央に噴水が配されており、広々としていて開放的な雰囲気が漂っています。

マラケシュで最も美しいアグノウ門
歴史を感じさせるアグノウ門

旧市街は、城壁や門、塔、建物など赤茶色の建造物が立ち並んでおり、その景観の美しさから「南方の真珠」と称されています。旧市街南部にあるアグノウ門は、12世紀のムワッヒド朝時代に築かれた城壁の19の門の内の一つで、マラケシュで最も美しい門と言われています。馬蹄型のアーチを囲むレンガには植物模様や幾何学模様の彫刻装飾が施されており、歴史を感じさせる風格を持っています。当時は、王宮(カスバ)の入口として使用されていた門でした。現在は、この門からカスバモスクやサアド朝の霊廟、エル・バディ宮殿へと続いています。門の上にはコウノトリの巣が作られており、運が良ければコウノトリに出会えるかもしれません。

豪華なサアド朝の霊廟
美しい装飾で覆われた12円柱の間

カスバ・モスクの南側に隣接するサアド朝の霊廟は、黄金王の異名を持つサアド朝のスルタン、アフマド・アル・マンスールにより16世紀に建設されたもので、約60人のサアド朝の王族が埋葬されています。サアド朝滅亡後、アラウィー朝のスルタン、ムーレイ・イスマイルにより壁に覆われてしまい、長い間忘れ去れていましたが、1917年に空撮写真により発見されました。内部は、3つの部屋で構成されており、美しい装飾が施されています。特に贅を尽くした12円柱の間は、息を呑む美しさ。柱や墓石にはイタリアのカラーラ産の大理石が使用され、床や壁、天井は、モザイクタイルや漆喰の繊細な彫刻装飾が隙間なく施されています。建物の外には、庭があり、兵士や使用人の墓も残っています。

栄枯盛衰が感じられるエル・バディ宮殿
中庭から見たエル・バディ宮殿跡

エル・バディ宮殿は、16世紀後半にサアド朝のスルタン、アフマド・アル・マンスールにより建設されました。スペインのアルハンブラ宮殿の影響を受けた建築とされ、イタリア産の大理石をはじめ、金やオニキスなど高価な建材がふんだんに使用された豪華な宮殿でした。しかし、サアド朝滅亡後、アラウィー朝のスルタン・ムーレイ・イスマイルが新たな首都メクネスの宮殿や街の建造物に使用するためにエル・バディ宮殿の建材や装飾などのほとんどを持ち去ってしまい、それ以降は廃墟となってしまいました。遺跡となった現在も建物は保存されており、内部が一般公開されています。広大な中庭や建物の所々に残るタイル装飾などからかつての華やかだった姿が偲ばれます。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
地元っ子のガイド同行で安心!マラケシュ1日ツアー<英語ガイド/昼食付/マラケシュ発>1日

veltra.com

マラケシュ・メディナと市場ツアー<英語ガイド/マラケシュ発>3.5時間

veltra.com

ベストシーズン

モロッコには四季がありますが、沿岸部、山間部、砂漠と変化にとんだ地形で、地域毎に気候が異なります。ベストシーズンは、最も過ごしやすい春(4月~5月)と秋(10月)です。夏季は乾燥し、気温も高く、こまめな水分補給が必要です。冬は日中は比較的暖かいですが、朝晩は冷え込むので防寒着が必要となります。


  • 現地
  • ラバト
  • フェズ
  • メルズーガ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:31.6255, -7.9882
  • 住所:195, Riad Zitoune Lakdim-Tensift-Al Haouz, Marrakech 40000, Morocco
首都
ラバト
面積
446,550 (km2)
人口
3,522万人 2018年
言語
アラビア語、ベルベル語、フランス語
公用語
アラビア語、ベルベル語
通貨名
モロッコ・ディルハム 補助通貨はサンチーム ※本サイトではMADと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Maroc Telecom、Orange、inwiなど
最寄り空港からのアクセス方法

【マラケシュ・メナラ空港から市内】
<タクシー>
所要時間:約15分
目安料金:70MAD~


<空港シャトルバス>
ALSA社のバス(19番)がジャマ・エル・フナ広場まで運行
所要時間:約30分
料金:30MAD


参考サイト:alsa.ma


(2019年12月現在)


最寄り空港詳細

  • マラケシュ・メナラ空港 (RAK)