横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
シンガポール

マーライオン公園

(Merlion Park)

概要

シンガポールのシンボル「マーライオン」が鎮座するのが、マリーナ・ベイに面したマーライオン公園。マリーナ・ベイに向かって口から水を勢いよく噴き出すマーライオンは、シンガポール観光のマストスポットです。かつては世界三大がっかり名所の不名誉な称号がついていましたが、2002年に現在の場所に移設されてからは再び活気を取り戻しています。マーライオン公園からは、マリーナ・ベイ・サンズやシティの高層ビル群も眺めることができます。


見所ポイント

ザ・シンガポールな写真が撮れる撮影スポット
マーライオンとマリーナ・ベイ・サンズ

シンガポールを訪れた観光客が一度は目にするシンガポールのシンボル「マーライオン」。シンガポールには5つの公認マーライオン像がありますが、最も有名で最も観光客で賑わうのがこのマーラインオン公園にある本家マーライオンとミニマーライオン。マリーナ・ベイに向かって水を噴き出している本家マーライオンは、1972年にシンガポールの彫刻家リム・ナン・セン氏により制作され、高さ8.6m、重さ70トンと迫力の大きさです。このマーライオンの対岸には、シンガポールの新たなシンボル「マリーナ・ベイ・サンズホテル」が堂々とそびえ立っていて、その全景を眺めることができる絶好のスポットとなっています。シンガポールの2大シンボル「水を噴き出すマーライオンの横顔とマリーナ・ベイ・サンズ」の夢のコラボ写真を撮ることもできます。マーライオンを正面から眺めるなら、公園に設置された桟橋の先端まで行ってみましょう。老舗のフラトンホテルやシティの高層ビル群を背景に威風堂々と凛々しい表情で立つマーライオンの姿を見ることができます。マーライオンの周辺では、大きな口を開けて、マーライオンの口から噴き出される水を飲むトリック写真を撮る観光客の姿もたくさん見られます。水を噴き出す本家マーライオンの背後には体長2mのミニマーライオンが立っています。ミニマーライオンも彫刻家リム・ナン・セン氏により制作されたものですが、本家マーライオンとは異なるどこかユーモラスな表情をしています。並んでツーショット写真を撮ることができるため、ミニマーライオンの周りも多くの観光客で賑わっています。マーライオン公園を訪れた際は、ぜひベストスポットを見つけて、とっておきの1枚を写真に収めて行ってくださいね。

世界三大がっかりを脱却したマーライオンの誕生と歴史
勢いよく水を噴き出すマーライオン

マーライオンは、頭がライオンで体が魚という不思議な組み合わせの像です。頭のライオンは、シンガポールの名前の由来となったサンスクリット語の「シンガプラ(=ライオンの町)」を象徴しています。シンガプラという名前は、15世紀頃に書かれたマレー年代記によると、11世紀にスマトラ島のサン・ニラ・ウタマ王子が、新しい土地を目指して航海に出た冒険記がもととなっています。シンガポールに辿り着いた王子は、そこで不思議な動物に出会い、その動物はライオンだと教えられたため、この地をシンガプラ(=ライオンの町)と名付けました。またマーライオンの体が魚なのは、シンガプラと名付けられる前のシンガポールが古代ジャワ語で「トマセック(=海の町)」と呼ばれていたことを象徴しています。
1964年にシンガポール政府観光局を設置する際に、当時ヴァン・クリーフ水族館の館長だったフレイザー・ブラナー氏がライオンの伝承とトマセック(=海の町)から着想を得て、ライオンの頭と魚の体というユニークな組み合わせの動物とフランス語で海を意味する”Mer”と組み合わせた造語の「マーライオン」と言う名前を考案しました。シンガポールは今も昔も海の交易で繁栄してきた歴史があり、海を象徴するデザインを取り入れたのかもしれませんね。マーライオンは、1997年まで観光局のロゴとして利用されていました。その後、マーライオンの彫像を設置することが企画され、シンガポール政府観光局が費用負担し、1972年に本家マーライオン像は、現在のエスプラネード橋近くのシンガポール川の河口に設置されました。口から勢いよく水を噴き出すマーライオンは、シンガポールの観光名所として多くの観光客が訪れるようになったのですが、その後ポンプ故障で水を噴き出すことはなくなり、さらにエスプラネード橋の架設で正面から見ることもできなくなってしまいました。その寂れた姿のマーライオンは、いつしか世界三大がっかり名所など不名誉な称号がついてしまうことに・・・。しかし2002年に現在のマーライオン公園に移設されてからは、高層ビル群を背景に堂々と立ち、再び勢いよく水を噴き出す姿を見られるようになりました。今では世界三大がっかりをすっかり脱却し、正面のマリーナ・ベイ・サンズと共にシンガポールのアイコンとして輝きを取り戻しています。

一際輝きを増す夜のマーライオン公園
ライトアップされたマーライオンとマリーナ・ベイ・サンズ

マーライオン公園は、24時間開放されていて、いつ訪れてもその迫力ある姿を目にすることはできるのですが、何と言ってもオススメなのが夜。日が暮れるとマーライオンはライトアップされ、暗闇に白く浮かび上がるその姿はとても幻想的。さらにマリーナ・ベイに面して建つマリーナ・ベイ・サンズや蓮の花を模したアートサイエンス・ミュージアム、通称ドリアンと呼ばれるエスプラネード・シアター、アジア最大級の観覧車シンガポール・フライヤーなどのシンガポールを象徴する個性的な建築物がライトに照らされて輝き、それらもマーライオン公園から一望することが出来ます。
またマリーナ・ベイ・サンズ前で毎日夜に開催される音と光のショー「ワンダー・フル」も楽しむことができます。マリーナ・ベイ・サンズ前のイベント・プラザでは、噴水に投映された映像を楽しむことができますが、対岸のマーライオン公園からは、マリーナ・ベイ・サンズの空中庭園「サンズ・スカイパーク」から放たれる青や緑のレーザー光線と音楽に合わせて七色に変化するアートサイエンス・ミュージアムなどの建物が見られます。そのまばゆい光のショーは、まるでSFの世界に飛び込んだようなダイナミックな光景です。夜は潮風が心地よく、マーライオン公園をはじめ、エスプラネード橋、その先のマリーナ・プロムナードを夜景を楽しみながら散策するのもオススメ。昼間とは異なる幻想的で美しい光景は、心に深く刻み込まれ忘れられない思い出となるでしょう。

 

※「ワンダー・フル」は、2017年4月2日のパフォーマンスをもって終了しました。「ワンダー・フル」に変わって新たなショーが登場予定です。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【凝縮ツアー】オープントップバス+マリーナ・ベイ・サンズ+マーライオン+クルーズ+二大"光のショー"観賞1日

veltra.com

【ナイトツアー】ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ光のショー+マーライオン+クルーズ4.5時間

veltra.com

【シンガポール終日観光ツアー】特典盛りだくさんの大満足充実ツアー1日

veltra.com

ベストシーズン

シンガポールは、赤道直下にあるため、1年を通して平均最高気温31度前後、平均最低気温25度前後の四季の変化のない常夏の気候です。雨季と乾季に分かれていて、11月~3月頃までは降水量が多くなります。乾季は雨季に比べると降水量は減りますが、スコールは一年中降ります。雨が降った後は、多少涼しくなり過ごしやすくなります。観光のベストシーズンは、特になく一年を通して楽しめますが、日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めは用意しておいた方がよいでしょう。また屋内は冷房が強く効いているので羽織ものが一枚あると便利です。


  • 現地
  • シンガポール
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:1.2868, 103.8544
  • 住所:21 Esplanade Dr, Singapore 038980
首都
シンガポール
面積
697 km2
人口
540万人 2013年9月
言語
英語、中国語、マレー語、タミール語
公用語
英語、国語はマレー語
通貨名
シンガポールドル、シンガポールセント ※本サイトではSGDと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
SingTel、StarHub、M1
最寄り空港からのアクセス方法

<MRTを利用>
空港駅からEast West Lineに乗車→タナメラ駅→ラッフルズ・プレイス駅下車→徒歩約10分


所要時間:約1時間
料金:2.40SGD


<タクシーを利用>


所要時間:約30分
目安料金:20~30SGD


最寄り空港詳細

  • シンガポール・チャンギ国際空港 (SIN)