横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
イスラエル

エルサレムの旧市街とその城壁群

(Old City of Jerusalem and its Walls)

概要

エルサレムは大きく分けて「ユダヤ人が住む西エルサレム」と「アラブ人が住む東にエルサレム」に分けられます。1981年に世界文化遺産に指定された「エルサレムの旧市街とその城壁群」は東エルサレムに存在しますが、1860年代までは、旧市街といえばエルサレム全体の事を指していました。この地は情勢が不安定なことから、保護が必要であるとされる一方で、イスラエル、パレスチナの帰属問題を始めとしたデリケートな問題を抱えていることから、ヨルダンによる世界遺産の申請という異例の手続きが取られました。翌1982年には危機遺産リストにも加えられ、現在もなお、危機遺産リストに登録されたままとなっています。


紀元前11世紀、この街はエブス人によって堅固な壁に囲まれた重厚な城塞都市でした。ダビデ王がこの街を支配するようになるとダビデの街と呼ばれるようになりました。それ以降はそれぞれの支配者によって都市の壁が拡大され、また、対敵によって壁の破壊も行わなわれています。破壊と再生が繰り返し行われた壁が現代の形になったのは、1538年、オスマン帝国スレイマン1世の時代です。11の門がそびえ立ち、今でも街を取り囲んでいます。しかし現在開いている門は、新門、ダマスカス門、ヘロデ門、ライオン門、糞門、シオン門、ヤッフォ門の7つの門だけです。これらの門から旧市街地に入ることができます。ヤッフォ門からは、城壁の上にあがり、その上を歩くことができます(有料)。また、ダマスカス門は城門の中で一番美しく常に観光客で賑わっています。街全体が史跡とも言えるエルサレムは、見どころが詰まっており、じっくり見て回りたい場所の一つと言えます。


おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
旧市街の壁の上を歩く!エルサレム旧市街とシオンの丘プライベートツアー1日

veltra.com

エルサレム旧市街と新市街観光プライベートツアー1日

veltra.com

エルサレム旧市街とオリーブ山徒歩観光プライベートツアー1日

veltra.com

ベストシーズン

イスラエルは北部と南部で気候が異なります。エルサレムは中部にあり、比較的雨量が多いです。雪が降ることはめったにありませんが、山の方はわずかながら雪が積もることがあります。毎年11月~3月は洪水量が多く、この時期に観光をする場合は折り畳み傘があると重宝します。また、5月~9月の間は雨の心配はなさそうですが、日差しが強いので日焼け対策をしっかりと行うことをお勧めします。四季があるとされていますが、大きく地中海性気候と砂漠気候に分かれており、その間に少しだけ春と秋があるような感じに近いでしょう。気候は温暖で、日本と同じくらいかやや高いぐらいです。1年を通して寒暖の差が激しいので上着などを用意して、すぐに暑さや寒さに対応できるようにするのをお勧めします。


  • 現地
  • エルサレム
  • テルアビブ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:31.7794, 35.2251
  • 住所:Shivtei Israel St 1, Jerusalem, イスラエル
首都
エルサレム ※イスラエルが主張しているが国際連合では認められていない
面積
20,770 (km2)
人口
821万人 2014年
言語
ヘブライ語、アラビア語
公用語
ヘブライ語、アラビア語
通貨名
シェケル 補助通貨アゴラ(それぞれ複数形はシュカリム、アグロット) ※本サイトではILSと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Cellcom、Partner、Pelephone、Golan Telecom、Hot Mobile
最寄り空港からのアクセス方法

【空港からエルサレム】
<シェルート(乗り合いのバン)を利用>
到着ターミナル出口からエルサレム行きのシェルートに乗車(約1時間)


<バスを乗り継ぐ利用>
空港から5番バスに乗車→(約15分)→幹線道路40号線El-Al Junction下車→423番バスに乗り換え→(約1時間)→エルサレム・セントラル・バスステーション下車


【エルサレム市内から旧市街】
セントラル・ステーションからトラム1番に乗車→(所要時間10分、料金:片道5.9ILS)→シティ・ホール(City Hall)下車→ヤッフォ門まで徒歩5分


(2016年3月現在)


最寄り空港詳細

  • ベン・グリオン国際空港 (TLV)