横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
シンガポール

オーチャード・ロード

(Orchard Road)

概要

オーチャード・ロードは、シンガポールで最も賑わう繁華街の通りで、特にショッピング好きには外せないマストスポットです。約2.2kmの通り沿いには多くのショッピングモールやデパート、高級ブランドのブティック、ホテルなどが建ち並びます。街路樹が植えられゴミのない整然とした街並みは美しく、近代都市シンガポールらしいユニークな外観の建物や季節ごとの街の装飾などを見ながら散策するだけでも楽しめます。


見所ポイント

オーチャードを代表するショッピングモール「アイオン・オーチャード(ION Orchard)」
近未来的な外観のION Orchard

オーチャード・ロードを代表するショッピングモールが2009年にオープンした「アイオン・オーチャード(ION Orchard)」。ガラス張りのキラキラとした近未来的な外観のアイオンは、オーチャードエリアのショッピングモールとしては最大規模を誇ります。地下2階でMRTオーチャード駅と直結しているので、交通の便もラクラクです。ルイ・ヴィトンやティファニー、プラダ、カルティエなどの高級ブランドからローカルに人気のカジュアルブランドまで幅広いラインナップの330以上のショップが地下4階から地上4階のフロアに入居しています。2階には、シンガポールの紅茶ブランドTWGのティーサロンがあり、優雅なティータイムが楽しめ、オシャレなパッケージに包まれた紅茶はお土産にも喜ばれます。ショッピングの合間に気軽に休憩やランチが楽しめるカジュアルなレストランなら地下3階、ローカルの味を楽しむなら地下4階の「フードオペラ」もオススメ。フードオペラは巨大なフードコートで、ローカルフードの名店の味を清潔でエアコンの効いた店内で味わうことができます。また、アイオンを訪れた際にぜひ立ち寄りたいのが、「アイオン・スカイ(ION Sky)」。アイオン・スカイは、アイオンの56階にある展望台でシンガポールの景色を360度見渡すことができ、なんと入場料が無料なのです。入場時間が15:00~18:00(最終入場17:30)と短く、イベント開催時は閉鎖されていることもありますが、アイオン・オーチャードの4階にあるエレベーターからアクセス出来ますので、時間を合わせて訪れて見て下さいね。

オーチャード・ロード エリア別の見どころ
重厚な石造りの外観が印象的な「ニー・アン・シティ」

オーチャード・ロードは、東西に2.2kmほどある比較的広いエリアで、西から地下鉄南北線(North South Line)のオーチャード駅、サマセット駅、ドービー・ゴート駅の3つの最寄り駅があります。ドービー・ゴート駅は、南北線のほか、環状線(Circle Line)、北東線(North East Line)と接続しているので、マリーナ・ベイエリアやセントーサ島方面からのアクセスも便利です。シンガポールでは横断歩道以外の場所を横断すると罰金対象となるので、駅から目的地に向かう場合は、地下道をなるべく利用するのがオススメです。

 

 

オーチャード駅周辺
スコッツ・ロード沿いに日本でもお馴染みの「伊勢丹」やその隣の免税ショップ「DFSギャラリア・シンガポール」があり、アイオンからオーチャード・ロードを挟んだ向かいにはローカル女性に人気のショッピングセンター「タングス」や生活雑貨が充実した「ラッキープラザ」があります。アイオンの東側には重厚な石造りの外観が目印の高島屋が入る複合施設「ニー・アン・シティ」があります。ニー・アン・シティの向かい側には一流ブランドからカジュアルブランドまで揃う「パラゴン」があり、まさにオーチャード駅周辺はショッピング天国。これらのビルは、ほとんどがオーチャード駅と地下通路で繋がっているので、雨の日や日差しの強い日中も快適に移動出来ます。
サマセット駅周辺
サマセット駅は、オーチャード・ロードのちょうど中間あたりに位置しています。サマセット駅直結の「313@サマセット」は、Forever21、ZARA、Cottonなどのファストファッションブランドが多く、地元の学生や若者に人気のショッピングモールです。313@サマセットの隣にある「オーチャード・セントラル」は、低層で横長のショッピングモールが多いシンガポールでは珍しい12階建ての背の高いモールです。2016年には、東南アジア初のユニクロのグローバル旗艦店がオープンしたことでも話題となりました。シンガポールのデザイナーズショップやローカルブランドも多く入居しています。また、吹き抜けの空間ではショッピングモールの中でウォールクライミングが出来るというユニークな施設があったり、各所にアート作品が置かれていて、見て回るだけでも楽しめます。313@サマセットの西隣にある「マンダリン・ギャラリー」は、マンダリンホテルのショッピングギャラリーで、規模はそれほど大きくありませんが、雑貨店やカフェなどセンスのよいショップが集まっています。
ドービー・ゴート駅周辺
ドービー・ゴート駅周辺は、大統領官邸であるイスタナや公園など緑が多く、オーチャード・ロードの西側のショッピング街とは異なる閑静なエリアです。1887年に建てられたシンガポール最古の博物館「シンガポール国立博物館」やミッション系の学校だった建物を改装した現代アートを中心に展示する「シンガポール美術館」もあり、自然や芸術に触れながらのんびりと散策を楽しめます。

年に1度の大セール「グレート・シンガポール・セール」
高級ブランド店が並ぶニー・アン・シティ内

シンガポールでは、期間は毎年異なりますが、5月中旬から7月下旬頃にかけての約8週間、年に一度の大セール「グレート・シンガポール・セール(GSS)」が行われます。この時期は、普段はセールにならないハイブランドもセールを開催することが多く、国内外の多くの人々で街中のショップが賑わいます。通常でもお得に買物ができる免税ショップ「DFSギャラリア・シンガポール」でもセール品が多く登場するので、旅行者は必見です。セールは8週間ほど続きますが、ブランドや各店舗によって開催時期は異なります。また、高級ブランド店では、大々的にセールの看板を出していないことも多いので、この時期にシンガポールを訪れる場合は、気になるショップがあればマメに通って確認するのがおすすめです。思わぬところでビックリするような割引率の掘り出し物に出会えるかも。

伝統的なプラナカン建築が残るエメラルド・ヒル
カラフルなショップハウスが連なるエメラルド・ヒル・ロード

近代的な巨大ビルが建ち並ぶオーチャード・ロードですが、伝統的なプラナカン建築の残るエリアも実はあるのです。プラナカンとは、15世紀から20世紀にかけて東西貿易で繁栄したマレーシアやシンガポールの海峡植民地に渡ってきた各国からの移民男性と現地マレーの女性との間に生まれた子孫のことを言いますが、プラナカン文化や建築という場合は中華系プラナカンを指すことが一般的です。プラナカンは、中国やマレーの文化と西欧の文化を取り入れた独自の華やかな文化を築いています。MRTサマセット駅からオーチャード・ロードを挟んで北側に伸びる「エメラルド・ヒル・ロード」には、パステルカラーの建物が軒を連ねる閑静なエリアが広がっています。この間口の狭い2階建ての建物は、ショップハウスと呼ばれています。その名の通り1階が店舗で2階を住居として利用していた長屋の建物で、近代化が進む前のシンガポールの往時の姿を今に伝える貴重な建築物です。エメラルド・ヒルのこれらの建物は現在も住宅やカフェ、ショップとして現役で利用されています。ショッピングの合間にシンガポールの古き良き時代の風情を味わえるオススメの散策スポットです。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【シンガポール半日観光ツアー】"シンガポール・フライヤー"に優先乗車!マーライオンなど観光名所を巡る6.5時間

veltra.com

【ナイトツアー】アジアンな夜!オープントップバス&リバークルーズ5時間

veltra.com

【シンガポール終日観光ツアー】新旧のシンガポールを巡る盛りだくさんツアー1日

veltra.com

ベストシーズン

シンガポールは、赤道直下にあるため、1年を通して平均最高気温31度前後、平均最低気温25度前後の四季の変化のない常夏の気候です。雨季と乾季に分かれていて、11月~3月頃までは降水量が多くなります。乾季は雨季に比べると降水量は減りますが、スコールは一年中降ります。雨が降った後は、多少涼しくなり過ごしやすくなります。観光のベストシーズンは、特になく一年を通して楽しめますが、日差しが強いので帽子やサングラス、日焼け止めは用意しておいた方がよいでしょう。また屋内は冷房が強く効いているので羽織ものが一枚あると便利です。


  • 現地
  • シンガポール
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:1.3019, 103.8376
  • 住所:323 Orchard Rd, Singapore
首都
シンガポール
面積
697 km2
人口
540万人 2013年9月
言語
英語、中国語、マレー語、タミール語
公用語
英語、国語はマレー語
通貨名
シンガポールドル、シンガポールセント ※本サイトではSGDと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
SingTel、StarHub、M1
最寄り空港からのアクセス方法

【シンガポール・チャンギ国際空港から市内】
<空港シャトルを利用>
空港から市内のホテルまで運行


所要時間:約30分
料金:9SGD


<MRTを利用>
空港駅からEast West Line(2駅先のタナメラ駅行き)に乗車→市内中心部へはタナメラ駅で乗換え


所要時間:30~60分
料金:2.30SGD~


<タクシーを利用>


所要時間:約30分
目安料金:20~30SGD


【市内からのアクセス】
・最寄り駅は、MRTドービー・ゴート駅、サマセット駅、オーチャード駅


最寄り空港詳細

  • シンガポール・チャンギ国際空港 (SIN)