横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
タイ

パクメン・ビーチ

(Pak Meng Beach)

概要

トラン市街からハイウェイで約40km、そこにトランで最も有名なビーチ「パクメン・ビーチ」があります。美しいトラン諸島への玄関口である港があるこのビーチは、シーフードがおいしいことでも知られています。アンダマン海に浮かぶ島々の姿を眺めながら、のんびりとした休日を過ごすにはもってこいのビーチです。また、アンダマン海に沈む夕日の美しさも格別です。


見所ポイント

美しいビーチとシーフードが魅力
ボートが行き来するパクメン桟橋

アンダマン海を臨む、カンタンとシーカオの2つの郡をまたぐ20kmほどの海岸線のエリアは「チャオマイ国立公園」として国に指定されているのですが、パクメン・ビーチも、この国立公園の一部になります。このエリアは今も野生のジュゴンが生息していることが確認されていて、約300頭のジュゴンが保護されています。地元の人々でもその姿を目にすることはめったにないようですが、この地を訪れる時には、絶滅危惧種でもあるジュゴンとの遭遇を思わず期待してしまいます。

パクメン・ビーチの北にある船着き場は周辺の島々への玄関口になっています。エメラルドの水をたたえた幻想的な洞窟「エメラルド・ケーブ」のあるムック島や、知る人ぞ知る穴場リゾートでもあるクラダーン島など、トラン諸島は手つかずの自然が多く残る美しい島々の宝庫です。海の透明度や数々のダイビングスポットを有することから、マリンアクティビティのメッカとしても知られているため、ハイシーズンにはここパクメン・ビーチからたくさんの旅行客が思い思いの島へと旅立って行きます。

パクメン・ビーチが有名なのは、島々へのアクセスの玄関口であることだけでなく、その美しさにも理由があります。穏やかな波が打ち寄せるパクメン・ビーチでは、海遊びよりも、砂浜にたくさん並べられたビーチチェアでのんびり過ごすというのが主流。海風を受けて木陰でまどろむ、たくさんの人の姿を見ることができます。そして、海に来たからには、満喫したいのがシーフード。パクメン・ビーチには日本の海の家のような賑やかなお店が立ち並んでいるのですが、どこのお店でも、新鮮な魚介をふんだんに使ったタイの絶品料理をふるまってくれます。イカ・エビ・魚にココナッツの果肉を具として加えた澄んだトムヤムスープ「トムヤム・マプラオオーン」や、蟹肉がたっぷりと入ったチャーハン「カオパット・プー」、シーフードとパクチーとカシューナッツでいただくサラダや、小魚のから揚げなど、メニューの豊富さに思わず目移りしてしまいそうです。屋根のついた大きな三輪車やバイクは移動式の屋台。大きなクーラーボックスを積んだアイスクリーム屋さんや、屋根の下にカラフルな浮き輪をぶらさげている浮き輪屋さんが砂浜を走る姿も、パクメン・ビーチの風物詩です。

日本では中々見ることのない、縦長の巻貝が砂浜に多く転がっているのも印象的。日が傾いて暑さが和らぐ時間帯に、貝殻を拾いながらのんびり波打ち際を散策するのもおすすめ。広い空に夕焼けが広がり始めると、アンダマン海に浮かぶ島々は、穏やかな海面に影を伸ばし始めるのですが、その光景は思わずため息が出てしまう美しさ。夕焼けを見に訪れる地元の人々の姿も多く見られ、パクメン・ビーチ周辺ののどかさを体感できる時間帯でもあります。また、ハイシーズンにはビーチ近くでナイトマーケットも賑わいますので、ぶらりと訪れてみてはいかがでしょう。

中国の文化が息づく街、トラン
トランの飲茶モーニング

かつては貿易港として栄えていた歴史を持つトラン。多くの人々が行き交う中で、中国の福建省からやってきた華人たちがこの地に移り住むようになったこともあり、今もトランでは漢字や飲茶など、華人たちの文化に町の至る所で触れることができます。中でも印象的なのが、「ラーン・カフェ」と呼ばれるコーヒー。フィルターで濾過した福建式のコーヒーはトランならでは。町のあちこちで楽しむことができます。トランで朝を迎えた時は、種類豊富で色とりどりの飲茶をぜひ食べに行ってみてください。地元の人たちで賑わう活気あふれるマーケットでは、楽しくておいしい旅の体験ができるはずです。

トランの結婚式
盛大な結婚式イベントが行われるパクメン・ビーチ

パクメン・ビーチと聞いて思い出すのが、トランの有名なイベント「トランの結婚式」です。タイ南部に位置するトラン県では、毎年バレンタインの時期に合わせて水中結婚式などのカップルに嬉しいイベントが町をあげて行われます。パクメン・ビーチもイベントの舞台となり、カーペット替わりのホワイトサンドの上を花嫁さんがゆく姿を見ることができることも。1996年から始まったこのイベント、きっかけはダイバーたちによる海中のゴミ拾いのボランティアだったのだとか。このボランティアに参加したダイバー同士が恋に落ち、結婚するに至り、せっかくなので海中で式を・・・と行ったのが始まり。2000年には世界で最大の水中結婚式としてギネスの世界記録の認定もされ、今後も盛り上がっていきそうな「トランの結婚式」。このイベントに参加するカップルに対しては、トランに到着してから地元民からの歓迎パーティ等が実施されるなどの街全体がカップルを歓迎する体制でイベントが実施されます。タイの文化をベースにした幸運祈願や、周辺観光スポットへの案内など、カップルへのイベント内容はとても手厚いものになっています。イベント期間中は町のあちこちで催し物が実施されますので、カップルでなくても、その場に居合わせるだけで幸せな気分になれること間違いなしです。ちなみに水中結婚式は、ダイビング免許が無い人も参加・見学することが可能です。

ベストシーズン

11月から乾季に入り、4月頃までは天気が安定しており、晴天が続きます。乾季のこの時期は、波が穏やかで透明度が上がるので、ダイビングやシュノーケリングなどを存分に楽しめます。一方、雨季は西側のビーチでは波が高くなり透明度も低くなるため泳ぐのには適していません。本格的な雨季は9月~10月ですが、5月終わり頃から10月頃までは、朝と夕方にスコールが降ります。ローシーズンの雨季は、ホテル料金も下がるので、優雅なホテルステイをするにはお得なシーズンです。


  • 現地
  • バンコク
  • チェンマイ
  • プーケット
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:7.4886, 99.3303
  • 住所:4162, Tambon Mai Fat, Amphoe Sikao, Chang Wat Trang 92150, Thailand
首都
バンコク
面積
513,120km2
人口
6,855万人
言語
タイ語
公用語
タイ語
通貨名
バーツ、補助通貨サタン ※本サイトではTHBと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
AIS、Dtac、True Move
最寄り空港からのアクセス方法

<空港シャトルを利用>


所要時間:約1時間
料金:500THB


最寄り空港詳細

  • トラン空港 (TST)

ホテル

    情報取得中...