横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
カンボジア

プノン・バケン

(Phnom Bakheng)

概要

プノン・バケンは、アンコール・ワットの北西に位置する標高60mほどのプノン・バケン山の頂上に建つピラミッド型のヒンドゥー教寺院遺跡です。ヤショーヴァルマン1世が遷都したヤショーダラプラの都の中心として、9世紀末頃に建設されました。この遺跡の頂上からは360度のパノラマが広がり、サンライズやサンセットの名所としても知られています。また、プノン・バケンは、アンコールの遺跡群の一部として1992年にユネスコの世界遺産に登録されています。


営業時間:5:00-19:00
料金(アンコール遺跡公園共通券):1日券37USD/3日券62USD/7日券72USD※12歳未満は無料 (2017年7月現在)
※ この遺跡はアンコール遺跡公園共通券が利用可能です。
参考サイト:angkor.com.kh


見所ポイント

アンコールで最初に建立された寺院
デバターのレリーフが残る中央祠堂

プノン・バケンは、9世紀末にヤショーヴァルマン1世が、ロリュオス地方からアンコール地方へ遷都し、新都ヤショーダラプラの中心寺院として建立したアンコールで最初の寺院です。ヤショーダラプラは、ヤショーヴァルマン1世の名前に因んで付けられました。また、寺院の建つプノン・バケン山は、プノン・クロム、プノン・ボックとともにアンコールの三聖山の一つにも数えられており、カンボジアの歴史的に見ても重要な場所となっています。プノン・バケンは他のアンコール遺跡に比べると規模は小さいのですが、山の地形を生かして建てられていて、6層の基壇からなるピラミッド型の寺院の第1基壇は一辺が76m、第1から第5基壇には各12棟の小祠堂があり、さらに最下段を取り囲むように44のレンガ造りの祠堂が配置されています。この造形は、インドネシアの世界遺産ボロブドゥール寺院遺跡と類似性が認められています。東西南北のそれぞれの面の中央に階段があり、その階段の両脇はシンハー(獅子)像が守りを固めています。最上層に配置された5つの祠堂は、神々がすむ聖域で世界の中心とされる須弥山の5つの頂を象徴したものです。クメール王朝では王位継承は世襲制ではなく、実力主義で決められていたため、王の即位のたびに絶対的権力を反映した芸術性の高い都城や寺院を建設し、王自らを神格化していたと言われています。その中で中央祠堂は宇宙の神々と交信し、王と神が一体化する最も神聖な場所として考えられていました。プノン・バケンには、アンコール・ワットやバイヨンで見られるような精緻な彫刻はほとんど残っていませんが、中央の主祠堂には優美なデバターのレリーフが残っていて、繊細なクメール芸術の一端を垣間見ることができます。

美しいサンセットのビュースポット
プノン・バケンの頂上から見た水平線に沈む太陽

プノン・バケンは、アンコールの歴史には欠かせない重要な地ではありますが、多くの観光客の目当ては、実は遺跡そのものではなく、そこから眺めるサンライズやサンセット。特にサンセットの時間帯には多くの人々が訪れる人気のスポットとなっています。遺跡の上に登ると、夕焼けに染まるカンボジアの空と大地のパノラマが広がります。徐々に太陽が地平線の彼方に沈みゆく様子は、1日の締めくくりに相応しい感動的な光景です。
日が傾き始めると西日に照らされて赤く染まる遺跡の入口には、この美しいサンセットを鑑賞するために観光客の行列ができはじめます。それもそのはず、遺跡の上は一度に登れるのが300人までと人数制限がされているのです。入口で首から下げる入場許可証を受け取るのですが、300人を超えると、一人が降りてくるまで次の人は登ることができません。日没ギリギリに訪れたり、遺跡に登る前に周辺でのんびりしているとせっかくの夕日を見逃してしまうことも。プノン・バケンはサンセットの有名なスポットなだけに、いつでも気軽に見られるということはなく、まさに時間との勝負です。確実にサンセットを見るなら日没の2時間前には到着しておきたいところ。季節や気象条件によっても異なるので、燃えるような夕日が毎回見られるとは限りませんが、いつ訪れてもそれぞれに異なる情緒があります。どんな景色が見られるかは訪れた時のお楽しみ!
遺跡の上は日陰などがなく、かなり暑くなるので、訪れる場合は帽子やサングラスなどの日よけ対策をお忘れなく。また遺跡の階段は、急勾配で滑りやすいため、スニーカーなど滑りにくい靴を履いて行くことをおすすめします。日が沈んだ後のトワイライトの空も美しく、ついつい時間を忘れて見入ってしまいますが、麓へ下りるまでの山道は街灯などはなく真っ暗になるので、懐中電灯など足元を照らすライトは必携です。

夕日だけじゃない!プノン・バケンからのパノラマビュー
密林に囲まれたアンコール・ワットとカンボジアの大地

アンコールは、そのほとんどが密林に覆われているため、小高い丘の上にあるプノン・バケンも地上からはその姿を仰ぎ見ることはできません。しかし、プノン・バケンに登るとアンコール地域の全体像とその先の地平線まで続くカンボジアの大地を見晴らすことができるのです。360度見渡す限り、深い緑に覆われた樹海やカンボジアの大平原が広がり、その中を目を凝らしてよく見てみると、南東方向にジャングルに埋もれたアンコール・ワット、南にシェムリアップの市街地、西側にはシェムリアップ空港や西バライの姿を確認することできます。また、晴れて視界がクリアな日には、南にプノン・クロムとその先のトンレサップ湖、北東にプノン・ボックやプノン・クーレンなどの遠くの山々まで見渡すことができます。かつて栄華を極めたクメール王朝が築き上げた荘厳な都城や寺院も、果てしなく続く緑に覆われたカンボジアの大地を目にすると、それはあまりにも小さく、改めて自然の偉大さ感じずにはいられません。
この雄大な眺望は、日没前の薄暗い時間帯より断然日中がオススメです。プノン・バケンを訪れる多くの観光客は、サンセット鑑賞のために夕方に訪れるので、昼間は訪れる人も少なめです。落ち着いた雰囲気の中、絶景はもちろん遺跡の隅々まで思う存分堪能することができます。夕日だけではないプノン・バケンの魅力もぜひ味わってみて下さい。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
【貸切】アンコールワット+トム+タプロム観光ツアー☆有名遺跡群+夕日鑑賞をベテランガイドがご案内1日

veltra.com

【貸切】アンコールワット+トム+タプロム観光ツアー☆トゥクトゥクor専用車で巡る!定番遺跡巡り&夕日鑑賞1日

veltra.com

アンコール小回りコースの有名遺跡8ヵ所巡り観光ツアー<半日/午前or午後>4時間

veltra.com

世界遺産アンコール遺跡 朝日鑑賞ツアー3時間

veltra.com

ベストシーズン

アンコール遺跡の観光拠点となるシェムリアップは、一年を通して気温が高く夏服で過ごせます。観光のベストシーズンは、気候が安定して比較的過ごしやすい乾季の11~2月頃です。3月から雨季に入る5月頃までは気温がかなり上がり酷暑となります。6~10月頃までは雨季となりスコールが降ります。雨の後は道が悪くなり、遺跡も滑りやすくなるので注意が必要です。


  • 現地
  • プノンペン
  • シェムリアップ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:13.4235, 103.8561
  • 住所:Unnamed Road, Krong Siem Reap, Cambodia
首都
プノンペン
面積
181,035 km2
人口
1,531万人 2014年
言語
カンボジア語
公用語
カンボジア語
通貨名
リエル ※本サイトではKHRと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Cellcard、Metfone、Smart、Beelineなど
最寄り空港からのアクセス方法

【シェムリアップ空港から市内】
<タクシーを利用>


所要時間:約20分
料金:7~10USD


<トゥクトゥクを利用>


所要時間:約20分
料金:5USD~


【シェムリアップ市内からのアクセス】
<タクシーもしくはトゥクトゥクを利用>


所要時間:約20分
※麓から寺院遺跡まで徒歩約10分


最寄り空港詳細

  • シェムリアップ国際空港 (REP)
  • プノンペン国際空港 (PNH)