横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
カンボジア

プレアヴィヒア寺院

(Preah Vihear Temple)

概要

プレアヴィヒア寺院は、カンボジアとタイ国境付近のダンレク山地の中に建つヒンドゥー教寺院遺跡です。9世紀末にクメール人により創建され、その後12世紀頃まで増改築が繰り返されたものと考えられています。寺院は、カンボジアの大平原と山並みを見下ろす標高600mを超える山頂に建てられており、天空の遺跡とも呼ばれています。精巧な彫刻装飾が施された石造寺院は、クメール建築の代表作の一つに数えられ、2008年にユネスコの世界遺産に登録されました。


営業時間:7:30-17:30
料金:10USD ※入場券購入時IDチェックがあるのでパスポート持参


見所ポイント

山頂に建てられた聖なる寺院
2000リエル紙幣の図柄に採用された第1塔門

カンボジアで2番目の世界遺産プレアヴィヒアは、「聖なる寺院」という意味を持ち、サンスクリット語に由来しています。息を呑むような絶景を見下ろす断崖の上に建てられたこの寺院は、彫刻などの建築技術の素晴らしさだけでなく、聖地に相応しい神秘的な空気を纏っています。
寺院は、数世紀に渡って増改築が繰り返されているため、各所にそれぞれの時代の様式が反映されているのが特徴です。また、クメール王朝期の寺院は、通常東向きに建てられているのが一般的ですが、プレアヴィヒア寺院は山頂の自然の地形を利用しているためか南北軸に沿って縦長に建てられていて、北側の第1塔門から中央祠堂までのおよそ800mの参道上に5つの塔門が配置されています。見学の際は、第1塔門から順番に頂上の中央祠堂まで標高差約100mの斜面を歩いて登っていきます。各塔門に階段が設けられていて、その階段を登り、塔門をくぐらないと先が見えないように設計されています。第1塔門は、カンボジアの2000リエル紙幣の図柄にも採用されている美しい塔門です。第1塔門から第4塔門までは石畳の美しい参道が真っ直ぐに伸びており、両脇にはリンガを模した石柱が所々に残っています。プレアヴィヒア寺院での見どころの一つが、塔門に残るレリーフの数々。第2塔門の破風には、乳海攪拌のレリーフが見られ、プレアヴィヒア寺院のレリーフの中でも傑作の一つと称されています。その下のリンテル(まぐさ石)には、横たわるヴィシュヌ神のヘソから蓮の花が生え、花の上にはブラフマーが乗り、ヴィシュヌ神の足元には妻のラクシュミが描かれたヒンドゥー教寺院ではよく目にするレリーフが残っています。第3塔門は、この寺院の中で最大の塔門で、山を持ち上げるクリシュナ神、聖牛ナンディンに乗るシヴァ神、ガルーダに乗るヴィシュヌ神、インドラ神などヒンドゥーの神々やモチーフを見ることができます。寺院の聖域とされる中央祠堂はほとんどが崩壊していますが、破風には踊るシヴァ神のレリーフが残っています。

断崖絶壁から見渡す絶景
眼下にカンボジアの大地が広がる断崖

プレアヴィヒア寺院は、建物自体の造形やレリーフも素晴らしいのですが、この寺院をより特別なものにしているのが絶景を見渡せるロケーション。寺院の一番奥にある中央祠堂の先は断崖となっていて、眼下にはカンボジアの大平原と山並みのパノラマが待ち受けているのです。この絶景を初めて目にした誰もが、思わず歓声を上げてしまうほど。サンセットの鑑賞スポットとして人気のプノン・バケンなどアンコール地域にもカンボジアの雄大な景色を望める場所はありますが、ここから望む景色はそれらと一線を画しています。空と大地が一体となったまるで映像の中のような世界は、空中から地上を見下ろしているような不思議な感覚。しばし言葉を失い、時間が経つのを忘れて見入ってしまうことでしょう。
因みに、この断崖、簡易的なロープは張られていますが、安全面は自己責任。写真撮影などに気を取られて一歩足を踏み外してしまうと奈落の底へ突き落ちてしまうので、断崖へは近づきすぎないように気を付けて下さいね。

シェムリアップから日帰りで訪れてみよう
第4塔門から見た第3塔門とナーガの欄干が残る参道

プレアヴィヒア寺院へは、アンコール遺跡観光の拠点となるシェムリアップから約220km。現在は舗装道路が整備されていて、麓のチケットブースまで車で片道3~4時間で行けるため、日帰りで訪れることも可能です。プレアヴィヒア寺院への直通の公共交通機関はなく、25kmほど手前にあるスラエム村まで乗り合いのバンで行き、そこからバイクタクシーで行くことはできますが、難易度が高く時間もかかるため、時間の限られた旅行者はツアーに参加するか、車をチャーターして行くのが一般的です。
寺院の麓のチケットブースでチケットを購入した後、山頂までは専用のバイクタクシーまたはソンテウ(ピックアップトラック)に乗り換えて20分ほど。バイクタクシーは1人往復5USD、ソンテウは1台往復25USDなので、人数に応じて使い分けるとよいでしょう。山頂まではカーブが多く傾斜もかなりきついので、気分はちょっとしたアトラクション。しかし、安全ベルトなどはもちろん付いていないので、くれぐれも振り落とされないようにご注意を。頂上の駐車場には、屋台が何軒か並んでいるので、遺跡見学の前後に休憩をすることができます。

長年緊張状態が続いたタイとの国境線
タイのカオ・プラ・ウィハーン国立公園からの眺め

プレアヴィヒア寺院は、隣国タイとの国境線上に位置し、長年両国の間で領有権争いの舞台にもなっていました。歴史を遡ると15世紀にタイのアユタヤ王朝がクメール王朝を陥落させた後は、この寺院があるダンレク山地はタイの領土となっていました。その後20世紀初頭にフランス領インドシナとなったカンボジアとシャム王国(現在のタイ)との間で、国境を画定する条約が結ばれましたが、地図と実際の土地が一致しておらず、プレアヴィヒア寺院の領土は曖昧なまま1940年にタイ・フランス領インドシナ紛争が勃発。1958年に両国の領土問題解決のために会議が開かれましたが決裂してしまい、なんと国交は断絶してしまうことに。翌年カンボジアは、プレアヴィヒア寺院の領有権やタイ警備兵の撤退、タイに持ち出された美術品の返還などを求め国際司法裁判所に提訴し、1962年にカンボジア領土として判決が下され、この領有権争いは一旦の収束を迎えます。しかし、2008年プレアヴィヒア寺院がカンボジアの世界遺産に登録されたことでタイの政治団体や市民団体が激しく反発。両国が軍隊を送り込む武力抗争にまで発展し、双方で民間人を含めた死傷者を出すという最悪の事態が起こります。これを受け2011年7月に国際司法裁判所がプレアヴィヒア寺院周辺一帯を非武装地帯に設定し、両国に軍隊の即時撤退を命じます。2013年11月に再びカンボジアの提訴を受けた国際司法裁判所は、プレアヴィヒア寺院周辺の土地もカンボジアに帰属すると判決し、長年の領有権争いにようやく終止符が打たれました。タイ側の領土では、この一帯はカオ・プラ・ウィハーン国立公園に指定されていて、豊かな自然景観や10世紀頃の岩壁に刻まれたとされる仏像のレリーフ遺跡が見どころとなっています。かつてはタイからもプレアヴィヒア寺院へアクセスできましたが、現在この国境は封鎖されています。ちなみにタイ語ではプラーサート・プラウィハーンと呼ばれ、プレアヴィヒアと同じく「聖なる寺院」という意味を持っています。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
絶景世界遺産へ!プレアヴィヒア&ベンメリア寺院観光ツアー☆嬉しい4WD代金込!<ランチボックス付>1日

veltra.com

断崖上の世界遺産!プレアヴィヒア寺院+ベンメリア+コーケー観光ツアー☆嬉しい4WD代金込!<昼食・夕食>1日

veltra.com

天空の世界遺産!プレアヴィヒア寺院観光ツアー☆頂上からの絶景に感動1日

veltra.com

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、気候が安定して比較的過ごしやすい乾季の11~2月頃です。3月から雨季に入る5月頃までは気温がかなり上がり酷暑となります。6~10月頃までは雨季となり午後になると天候が悪くなることが多くなります。雨の後は道が悪くなり、遺跡も滑りやすくなるので注意が必要です。また、山間部で天気が変わりやすいので雨具や上着があると安心です。


  • 現地
  • プノンペン
  • シェムリアップ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:14.3917, 104.6802
  • 住所:Cause Way, Cambodia
首都
プノンペン
面積
181,035 km2
人口
1,531万人 2014年
言語
カンボジア語
公用語
カンボジア語
通貨名
リエル ※本サイトではKHRと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Cellcard、Metfone、Smart、Beelineなど
最寄り空港からのアクセス方法

【シェムリアップ空港から市内】
<タクシーを利用>


所要時間:約20分
料金:7~10USD


<トゥクトゥクを利用>


所要時間:約20分
料金:5USD~


【シェムリアップ市内からのアクセス】
<タクシーをチャーター>
所要時間:3~4時間
※麓の駐車場から山頂へは専用の車またはバイクタクシーに乗換え


最寄り空港詳細

  • シェムリアップ国際空港 (REP)
  • プノンペン国際空港 (PNH)