横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
ミャンマー

ピュー古代都市群

(Pyu Ancient Cities)

概要

ピュー古代都市群は、紀元前2世紀から9世紀頃にかけて1000年以上もの間栄えていたピュー王国の遺跡群で、2014年にミャンマーで初めての世界遺産に登録されました。世界遺産に登録された遺跡群は、ハリン、ベイタノー、シュリークシェトラの3つの古代都市で広範囲に渡ります。いずれもレンガの城壁で囲まれた城郭都市で、仏塔や寺院などの建造物の遺跡が残っており、東南アジアに仏教が伝来したことを示す最古の史跡となっています。


見所ポイント

ミャンマー初の世界遺産ピュー族によって築かれた都市遺跡群
シュリークシェトラ遺跡にあるモニュメント

ピュー古代都市群は、バガン王朝の前時代にあたるピュー族のピュー王国の遺跡群でミャンマー初の世界遺産に登録されました。ピュー族とは、ミャンマーの国土の中央を縦に流れるエーヤワディー川流域の広範囲にかつて居住していた民族です。9世紀にビルマ族に征服されるまで1000年以上にも渡って各地でピュー族の都市が栄えていました。特にエーヤワディー川中流域では、ハリン、マインモー、ワディー、ベイタノー、シュリークシェトラなど10世紀以前に建設された都市遺跡がいくつか発見されていて、現在も発掘調査が行われています。
これらの遺跡には、インド東南部のアーンドラ地方やスリランカのアヌーダプラの建築様式との特徴や共通点が見られることから、古くからピューとインドやスリランカの間には文化的交流があったと考えられています。また、後にパガン王朝を建国したビルマ族も仏教徒だったため、ピュー族が建てた寺院などの建造物は破壊されずにそのまま残されました。ピュー族は、乗馬の技術に長けており、ほとんどの人々が城郭都市の中に住んでいたと推察されています。宗教以外にも政治思想、天文学や科学などの専門的な知識、文字もインドから取り入れており、現在ミャンマーで使用されているビルマ暦もピュー王国時代に使用されるようになった暦法が起源となっています。また、東南アジアの広範囲でピューコインと呼ばれる硬貨が出土していることから交易の中心地であったと考えられています。しかし、ピュー族の言語は完全に解読されておらず、歴史研究は、発掘された史跡と多民族が記した文献に依存しており、今も謎が多く推察の域に留まっていることが多いのも事実です。そんなミステリアスな部分も含めて、古代都市に想いを馳せながら見て回るのもロマンがあり遺跡観光の醍醐味と言えます。

ピュー遺跡群最大の都市シュリークシェトラ
シュリークシェトラの宮殿跡

ピュー遺跡群の内、世界遺産に登録されたのはハリン、ベイッタノー、シュリークシェトラの3つの古代都市です。その中でも最大の都市遺跡がヤンゴンから北西に約260kmに位置する町ピィの郊外にあるシュリークシェトラ(タイエーキッタヤー遺跡)です。シュリークシェトラは、3~10世紀にかけて存在していたとされる都市で、特に7~8世紀頃にはピュー王国の中心都市として機能していたと考えられています。東西に約4km、南北に約5kmの楕円形の城壁に囲まれていて、のどかな田園風景が広がる中にパゴダや宮殿跡が残っています。
シュリークシェトラの北東、城壁外に建つパヤーマーストゥーパは、ピュー時代中期の4~7世紀頃に建設された仏塔で、どんぐりのようなユニークな形状です。伝承では、仏舎利を祀るために建立されたものと伝えられています。またパヤーマーストゥーパは、シュリークシェトラの中で最も古いストゥーパの一つとされ、後にミャンマーで建設されたストゥーパの原型とも言われています。城壁内のほぼ中央にある博物館には、インドから伝わった仏教やヒンドゥー教の影響が見られるレリーフなど貴重な出土品が展示されています。博物館のすぐ近くには、宮殿跡とパヤータウン寺院があります。パヤータウン寺院の小塔の一部は先までしっかりと残っていて当時の姿を今に伝えています。シュリークシェトラの南の城壁外に建つボーボージーパゴダは、高さ約46mの円柱形のパゴダです。周辺にはほとんど建物がなく、一際存在感を放っています。ボーボージーパゴダの周辺にも幾つかの寺院遺跡が残っています。シュリークシェトラの遺跡は広範囲に点在しているので徒歩ではかなり大変です。メインの遺跡は牛車をチャーターして移動することができます。ゆっくり歩みを進める牛車に揺られながらの移動も味わいがありオススメです。

ピュー族最古のベイタノー遺跡と最北のハリン遺跡
ハリンで発見された出土品

ベイタノー遺跡は、ヤンゴンから北に約600kmの町マグウェから南東に車で1時間ほどの場所に位置しています。ベイタノーは紀元前2世紀~紀元後1世紀頃に建設されたとされており、ピューの城郭都市の中では最も古い歴史を持つ都市です。シュリークシェトラがピュー王国の中心都市となるまではベイタノーが文化や政治の中心でした。城壁や建物の基礎部分の遺構が残っていますが、修復作業がほとんど進んでいないため、多くの遺跡は森の中に発見された当時のままの状態で残っています。敷地内にあるベイタノー考古学博物館には、遺跡から出土した品々や写真などが展示されています。
ハリンは、世界遺産に登録されている3つの都市の中では最も北に位置し、マンダレーの北80kmほどの場所に位置しています。東西に1.6km、南北に3.2kmの長方形の城壁に囲まれていて、歴史保護区に指定された敷地内にも村が存在しており、現在も発掘作業と観光整備が進められています。多民族の侵略で都市が滅んだ後は、川の氾濫で町は土中に埋まってしまったため、現在も地中から多くの出土品が発見されおり、今後の調査が期待されています。墳墓跡には人骨がそのままの姿で保存されています。また敷地内の村には温泉が湧いており、現在も入浴施設として利用されています。
この他、ピューの城郭都市遺跡からは、灌漑施設跡も発見されており、地形を活かした治水技術が既にこの時代に発達していたことがわかっています。

おすすめのツアー・アクティビティ

ツアー・アクティビティ名 所要時間 詳細
タイエーキッタヤー・ピュー古代都市遺跡1泊2日の旅<貸切チャーター/ヤンゴン発>2日

veltra.com

ベストシーズン

観光のベストシーズンは、気候が安定して比較的過ごしやすい11~2月頃の乾季です。ただし乾季は、朝晩は20℃を下回ることもあるので長袖の羽織ものが必要となります。3月~4月は酷暑期で気温が40℃前後まで上がる日もあります。5~10月頃は雨季となり、豪雨で道路や遺跡周辺の地面の状態が悪くなるため、この時期の観光は注意が必要となります。


  • 現地
  • ネピドー
  • ヤンゴン
  • マンダレー
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:18.7999, 95.2930
  • 住所:Unnamed Road, Tharay-Khit-taya, Myanmar (Burma)
首都
ネピドー
面積
676,578 km2
人口
5,225万人 2016年
言語
ミャンマー語
公用語
ミャンマー語
通貨名
チャット ※本サイトではMMKと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
MPT、Telenor、Ooredoo
最寄り空港からのアクセス方法

【ヤンゴン国際空港~ヤンゴン市内】
<タクシー>
空港タクシーは、タクシーカウンターで行き先を告げて乗車(料金定額)
所要時間:45~60分
料金:8,000MMK(ダウンタウン)


【ヤンゴン市内~ピィ】
<バス>
アウンミンガラー・バスターミナルからピィ行きに乗車
所要時間:6~7時間


<電車>
所要時間:約8時間


※ピィからタイエーキッタヤー遺跡はバイクタクシーまたはジープをチャーター


最寄り空港詳細

  • ヤンゴン国際空港 (RGN)

近隣の見所スポット