横断検索型の旅行提案サービスTavitt

  • お問い合わせ
マダガスカル

女王宮(アンタナナリボ)

(Queen's Palace (Antananarivo))

概要

マダガスカルの首都アンタナナリボの丘の上で存在感を放っている女王宮(ルヴァ)は、かつてマダガスカルを統治していたメリナ王国時代の要塞化された宮殿跡です。19世紀後半の女王ラナヴァルナ2世の時代に木造から石造りで補強されましたが、1995年に起きた火災により石造りの構造部分を残し、その他のほとんどは焼失してしまいました。現在は、修復が進み、敷地内の見学ができるようになっていて、敷地内からはアンタナナリボの街並みを一望することができます。


見所ポイント

女王宮(ルヴァ)の歴史
ワシの銅像が置かれた正門

アンタナナリボの丘の頂上には、メリナ王国時代のルヴァ(Rova、「要塞化された宮殿」の意味)があり、町の至るところからその堂々とした佇まいを眺めることができます。メリナ王国は、16世紀にマダガスカルの中央高地に成立した君主制の国家で、19世紀前半に近代化を進めていたラダマ1世の時代に領土を大きく拡大し、マダカスカルの3分の2を統一しましたが、1896年にマダガスカルがフランスの保護領となり王国は消滅しました。アンタナナリボの丘に最初にルヴァが築かれたのは、17世紀のことで、その後歴代の君主により敷地内の建造物は時代毎に増改築が繰り返されてきました。宮殿の敷地内で最大かつ最も有名なのが、マンジャカミアダナです。マンジャカミアダナは、1839年から1841年にかけてフランス人技師ジャン・ラボルドにより時の女王ラナヴァルナ1世の宮殿として建てられたことから女王宮と呼ばれています。もともとは木造の宮殿でしたが、ラナヴァルナ2世の時代の1867年にイギリスの宣教師ジェイムズ・キャメロンの設計で外側が石造りに改装されました。

火災の後再建された現在の女王宮
女王宮(右)と王室の霊廟(左)

アンタナナリボのルヴァは、ユネスコの世界遺産に登録予定でしたが、1995年に火災に遭い、石造りの構造部分をのぞいて、ほとんどが焼失してしまいました。礼拝堂や王族の霊廟などすでに再建されている建造物もいくつかありますが、現在も修復が続けられています。マンジャカミアダナ(女王宮)も外観はすでに修復されていて、内部の修復を残すのみとなっています。

ルヴァの敷地内は、一般公開されており、再建された西洋の様式の石造りの女王宮や礼拝堂とメリナの伝統的な木造建築、かつての建造物の遺構などを眺めることができます。残念ながらオリジナルの建造物は、ほとんど残っていませんが、マダガスカルの歴史や文化、建築に興味がある人にとっては興味深いスポットとなるでしょう。また、ここからはアンタナナリボの町を一望することができ、この景色を見るために訪れる価値は十分あります。

王家の霊廟
伝統的な建築様式で建てられた霊廟

19世紀に建てられた宮殿の北側の正門の上には、入口を見守るようにワシの銅像が置かれています。この銅像は、1840年にフランスから輸入したもので、1995年の火災での破壊を免れました。

門を入ってすぐの敷地内の北東側には、9つの王家の霊廟があり、歴代の君主とその家族が埋葬されています。赤い屋根の建物はラスヘリナ女王のために建てられた霊廟で、グレーの屋根の建物がラダマ1世王の霊廟です。さらにすぐ隣にはフィトミアンダラナ(Fitomiandalana)と呼ばれる7つの霊廟が並ぶように建てられています。最も古い墓は、17世紀にこの地に最初にルヴァを築いたアンタナナリボの創設者アンドリアンジャカ王のものです。1995年の火災の時には、燃え盛る熱により石の墓が爆発し、メリナ王国の歴代の君主の遺体も焼失してしまいました。

ルヴァの敷地内には、この他にも伝統的な木造のメリナ様式の建造物がいくつかあり、特にベサカナ、マヒツィ、マソアンドロの3つは特に重要な建築物とされ、かつてメリナの君主の住居や儀式を執り行う場として使用されていましたが、オリジナルの建物は火災で焼失しました。

王室の礼拝堂
尖塔が印象的な礼拝堂

女王宮の南側には、ラナヴァルナ2世の治世下で11年の歳月をかけて1880年に完成した王室専用の礼拝堂があります。ラナヴァルナ2世は、彼女の家庭教師だった宣教師の影響でキリスト教に改宗し、サンピと呼ばれる伝統的な王権の象徴である偶像を焼き捨て、王国のキリスト教化を熱心に進めた人物としても有名です。

礼拝堂の建設には、35,000を超える手彫りの石材が使用されました。礼拝堂内の窓を彩るステンドグラスやパイプオルガンはイギリスから輸入されたものが使用され、祭壇のパネルや座席、王族専用席などは、マダガスカル産の木材を使用し地元の職人により製作されました。繊細な彫刻装飾が施された王族席は、再建された教会内部で見ることができます。また、ほとんどのステンドグラスは火災で破壊されたため、現在見られるものはほとんどがレプリカですが、1枚だけ被害を免れたオリジナルのステンドグラスが残っていて現在も礼拝堂の窓を飾っています。

華やかな外観のアンダフィアヴァラチャ宮殿
アンダフィアヴァラチャ宮殿の外観

女王宮から数百メートル北側にある4つの塔と中央のドームを持ち、赤と白の外観が印象的なアンダフィアヴァラチャ宮殿(Andafiavaratra Palace)は、1872年にイギリス人の建築家ウィリアム・プールの設計で、ライニライアリヴニ首相の官邸として建設されました。ライニライアリヴニ首相は、メリナ王国の最後の3人の女王と名目上の婚姻関係にあり、王国の実質的な運営をしていました。アンダフィアヴァラチャとは、マダガスカル語で「北に面した」という意味を持ち、女王宮の北側にあることからその名で呼ばるようになったものと考えられています。

この宮殿は、王国滅亡後は兵舎や裁判所、アートスクールなど様々な用途で使用されてきました。1976年に火災で一部破壊された後しばらく放置されたままでしたが、1990年に修復されました。現在は、建物の一部が博物館として使用されていて、女王宮の火災の被害を免れた調度品や絵画、ジュエリーなど王室のアートコレクションが保存されています。女王宮からもほど近くにあるので、時間があれば外観だけでも眺めに訪れてみるものよいでしょう。

ベストシーズン

アンタナナリボは、標高1,200m以上の高地に位置しており、1年を通して比較的涼しく過ごしやすい気候です。観光のベストシーズンは、晴天の日が多く過ごしやすい乾季の5月~9月頃です。ただし、朝晩は冷え込むので防寒着が必要です。11月~3月の雨季は、道路状況が悪くなり行動範囲が限られることがあります。


  • 現地
  • アンタナナリボ
  • モロンダバ
  • ノシ・べ
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
天気予取得中...
  • 緯度・経度:-18.9237, 47.5321
  • 住所:101 Lalana Ramboatiana, Antananarivo, Madagascar
首都
アンタナナリボ
面積
587,041 (km2)
人口
2,689万人 2019年
言語
マダガスカル語、フランス語
公用語
マダガスカル語、フランス語
通貨名
マダガスカル・アリアリ ※本サイトではMGAと表示
通貨レート情報取得中...
携帯会社SIM
Airtel、Telma Mobile、Orangeなど
最寄り空港からのアクセス方法

【イヴァトゥ国際空港からアンタナナリボ】
<タクシー>
空港の到着ホールの外のタクシースタンドから乗車
所要時間:(市内中心部)約40分
料金:(交渉制)40,000~70,000MGA


<空港シャトルバス>
市内の目的地まで送迎
所要時間:(市内中心部)1時間前後~
料金:10,000MGA


<ミニバス>
空港の敷地外の通り沿いのバス停から市内方面行きのミニバスに乗車
所要時間:(市内中心部)1時間前後~
料金:500MGA


最寄り空港詳細

  • イヴァトゥ国際空港 (TNR)